ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』

CGのアニメーション関連で運動学(Kinematics)について調べようとしたら別の情報がヒットしてしまった。

Nervous Systemという会社の「KINEMATICS」という複雑な構造物を作成するシステム。この仕組みで、剛体だけど柔軟なアクセサリーやドレスが作れてしまうらしい。

This Is Why 4D Printing Is Cool


スポンサーリンク


スポンサーリンク

KINEMATICS

Kinematicsは、関節型モジュールで構成される折りたたみ可能な形状の複合体を作る4Dプリントシステムです。このシステムは、3Dプリントによって任意の三次元形状を柔軟な構造物とすることができます。
Kinematicsは、剛体物理を含む計算幾何学技術とカスタマイズ性を兼ね備えています。実際、Kinematicsは、大規模なオブジェクトを扱い、3Dプリントのためにそれらを圧縮することができます。また、身体に柔軟にフィットする複雑なパターンを持った衣服を製造することができます。

Kinematics

何か、中学生の頃に海で観察したヒトデの骨格の構造に良く似ているなぁと思ったら、このサイトに貼られているFlickerの画像にヒトデの仲間の棘皮動物(きょくひどうぶつ)の写真がいっぱいあったので、間違いなくモチーフは棘皮動物の骨格なんだろうな。


スポンサーリンク

関連記事

海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの洗浄・煮沸 そして接着
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ
顔のモデリング
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 胸の電飾加工
一番くじのシン・ゴジラ ソフビフィギュア
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 眼の塗装
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
自作の映像作品をAmazonビデオで配信できる『Amazon Video Direct』
ゴジラ2000ミレニアムの眼の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの接着・パテ埋め
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 爪の塗装・全身に黒のグラデーション塗装
深海魚
ドラマ『ファーストクラス』が始まった
素敵なパーティクル
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
恐竜造形の指南書
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その2 & 口内の加工
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その3
海洋堂の20cm ガメラ ソフビキットも再販
DMMが秋葉原にMakerスペース『DMM.make AKIBA』をオープン
html5のcanvasの可能性
大河原邦男オリジナルデザイン『iXine(イグザイン)』
仮面ライダーあつめ
模型をターンテーブルで撮影
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
ゴジラ2000ミレニアムの口の中の塗装
このブログのデザインに飽きてきた
Two Minute Papers:最新の研究論文を数分間で紹介するYouTubeチャンネル
ホビージャパン2016年10月号はシン・ゴジラ特集
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
ラクガキの立体化
エアブラシの思い出
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
ゴジラ2000ミレニアム 完成 その2
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その1
HackerスペースとMakerスペース
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』全身のベース塗装
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 口内の改造・塗装

コメント