バンダイ LMHG エヴァンゲリオン初号機 腕・肩の後ハメ加工

前回表面処理をしたとか言いながら、どちらかというと全体の傷を見やすくしたぐらいでしかなくて、まだ加工が残っていたのです。



このキットで唯一、塗装のために一工夫必要なのが腕・肩周りのパーツの処理だ。二の腕のグリーンのパーツは、腕パーツを挟み込むような構成になっており、そのままだと正面にパーツの合わせ目がモロに出てしまう。

なので、接着して合わせ目を消したいところだが、グリーンのパーツは紫のパーツと独立して塗装できた方がマスキングの手間もかからずに都合が良いので、そのための後ハメ工作を考える。

緑のパーツが腕を挟み込む仕様

ガンプラとか、バンダイのプラモデルは基本的に色プラ成型で、色ごとにパーツが分割されていることが多いので、その構造は大いに利用した方が塗装が楽になりますね。


スポンサーリンク


ということで、紫の腕パーツを上腕部で2つに切断して、接着・合わせ目消し後のグリーンパーツを後からはめ込めるようにする。

塗装を考慮して切断

こんな感じで。

こんな感じで

切断してしまったことにより、既存のダボによる保持はできなくなるので、塗装後に接着で固定することが前提のやり方。
そしてもう1箇所この腕パーツにかぶさるように取り付ける大きな肩パーツも、後ハメ加工した方が塗装が楽そう。

肩パーツ

幸い、もとからある凹モールドを利用して上手く分割できる。デザインナイフで凹モールドをなぞるように少しずつ切れ目を入れて切り離す。

肩パーツも後ハメ化

そして、切り離した後の腕には、接続ダボの代わりとして真鍮線を刺した。



このキットの制作記事まとめページを作りました↓
バンダイ LMHG エヴァンゲリオン初号機
新劇場版の方ではなく、1995年に放送されていたテレビシリーズの「新世紀エヴァンゲリオン」に登場するエヴァンゲリオン初号機を再現したバンダイのプラモデル。テレビシリーズ放送と同時に発売されたわけではなく、放送終了後1996年9月に発売された...


スポンサーリンク

関連記事

メカコレクション ジェットビートル 一部組立・表面処理
酒井ゆうじ 造形コレクション『ゴジラ1999』を購入
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 表面処理
今夜の金曜ロードショーはヱヴァだね
仮面ライダーの玩具
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』下地処理
S.H.Figuarts ウルトラマン シリーズ 始動!
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコンの制作再開
映像ビジネスの未来
レジンキットの組み立て:パーツの洗浄〜バリ取り・接着まで
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼の塗装
コトブキヤ 『エヴァンゲリオン初号機 TV Ver.』 仮組み・後ハメ加工
バンダイ メカコレクション 『ウルトラホーク1号-α号・β号・γ号』 接着・後ハメ加工
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 透明化した耳パーツの加工
Artty Station:模型作業用のモジュール式収納システム
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 墨入れ
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 筆でレタッチ
ホビージャパンのムック『怪獣大進撃』が復活
S.H.MonsterArts 輝響曲 ゴジラ(1989)
恐竜造形の指南書
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
ゴジラの造形
円谷コンベンション2019の円谷ワンフェスに行ってきた
プレイステーション3用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-』
ガレージキットのフィニッシャー
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 全身の黒塗装 その2・その他レタッチ
ワンダーフェスティバル 2021[秋] オンライン
海洋堂の20cm ゴジラ ソフビキットが続々再販
メカコレクション ジェットビートル クリアーレッドを重ね吹き
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 爪の塗装
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』ベース塗装
メカコレクション ウルトラホーク1号 完成!
溶剤
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 洗浄
ドリフトパッケージナノとシフトカー
メカコレクション ウルトラホーク1号 マスキング・クリアーカラー塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身の塗装
ペイントマネージャー:模型塗料を管理できるスマホアプリ
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』気泡の処理 その1

コメント