LMHG エヴァンゲリオン初号機 腕・肩の後ハメ加工

前回表面処理をしたとか言いながら、どちらかというと全体の傷を見やすくしたぐらいでしかなくて、まだ加工が残っていたのです。



このキットで唯一、塗装のために一工夫必要なのが腕・肩周りのパーツの処理だ。二の腕のグリーンのパーツは、腕パーツを挟み込むような構成になっており、そのままだと正面にパーツの合わせ目がモロに出てしまう。

なので、接着して合わせ目を消したいところだが、グリーンのパーツは紫のパーツと独立して塗装できた方がマスキングの手間もかからずに都合が良いので、そのための後ハメ工作を考える。

緑のパーツが腕を挟み込む仕様

ガンプラとか、バンダイのプラモデルは基本的に色プラ成型で、色ごとにパーツが分割されていることが多いので、その構造は大いに利用した方が塗装が楽になりますね。


スポンサーリンク


ということで、紫の腕パーツを上腕部で2つに切断して、接着・合わせ目消し後のグリーンパーツを後からはめ込めるようにする。

塗装を考慮して切断

こんな感じで。

こんな感じで

切断してしまったことにより、既存のダボによる保持はできなくなるので、塗装後に接着で固定することが前提のやり方。
そしてもう1箇所この腕パーツにかぶさるように取り付ける大きな肩パーツも、後ハメ加工した方が塗装が楽そう。

肩パーツ

幸い、もとからある凹モールドを利用して上手く分割できる。デザインナイフで凹モールドをなぞるように少しずつ切れ目を入れて切り離す。

肩パーツも後ハメ化

そして、切り離した後の腕には、接続ダボの代わりとして真鍮線を刺した。



スポンサーリンク

関連記事

顔モデリングのチュートリアル
『魂ネイション2015』に行ってきた
シン・ゴジラがS.H.MonsterArtsで11月発売予定
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
ミニ四駆ブーム?
メカコレクション ウルトラホーク1号 メタリック塗装
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼の塗装
S.H.MonsterArts ゴジラ(2001)はプレミアムバンダイで発売
メカコレクション ジェットビートル クリアーホワイトを重ね吹き
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 眼の塗装
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 表面処理 その1
『機動戦士ガンダム展』に行ってきた
GMKゴジラ完成!
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内のレタッチ
サンダーバード ARE GO
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その3
GMKゴジラの爪の塗装
黒歴史
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
S.H.MonsterArtsをターンテーブルで
ビオゴジがついにS.H.MonsterArts化!
ビリケン商会 メカゴジラⅡ ベースのシルバー塗装
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
シフトカーの改造
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれパーツの軸打ち
海洋堂の20cm ゴジラ ソフビキットが続々再販
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン コックピットの塗装
ゴジラの口の色
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ No.01 科学特捜隊 ジェットビートル 完成
ゴジラの造形
PS4用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-VS』をプレイした
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 表面処理
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
ラクガキの立体化 塗装と破損個所の修復 そして完成
S.H.MonsterArtsから『ゴジラ(2016)第4形態覚醒Ver.』が出るぞ~!
変身ベルト
積みキット進捗
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 洗浄
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 パーツの継ぎ目・気泡のパテ埋め
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の塗装再開
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 続・下地処理 ベース塗装
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 シルバー塗装・再び表面処理

コメント