バンダイ LMHG エヴァンゲリオン初号機

新劇場版の方ではなく、1995年に放送されていたテレビシリーズの「新世紀エヴァンゲリオン」に登場するエヴァンゲリオン初号機を再現したバンダイのプラモデル。テレビシリーズ放送と同時に発売されたわけではなく、放送終了後1996年9月に発売されたキットだ。

もともとバンダイからLM(リミテッドモデル)という簡易金型・単色成型のプラモデルシリーズが発売されており、それのHG(ハイグレード)版という位置付け。

LMHG エヴァンゲリオン初号機 (新世紀エヴァンゲリオン)

新劇場版の映像はテレビシリーズよりも情報密度が増してクオリティが高いんだけど、エヴァのデザイン(主にカラーリング)はオイラ的にテレビシリーズ版の方が好みです。腰にグリーンが入るのがちょっとバランス悪く見えるので。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

メイキング記事一覧


バンダイ LMHG エヴァンゲリオン初号機 腕・肩の後ハメ加工
前回表面処理をしたとか言いながら、どちらかというと全体の傷を見やすくしたぐらいでしかなくて、まだ加工が残っていたのです。 このキットで唯一、塗装のために一工夫必要なのが腕・肩周りのパーツの処理だ。二の腕のグリーンのパーツは、腕パーツを挟み込...

バンダイ LMHG エヴァンゲリオン初号機 キャンディ塗装
3年以上前で作業が止まっていたバンダイのエヴァンゲリオンのプラモデル。 この間のガンダムバルバトス同様、作り途中で止まっていたものを仕上げてしまおう。 後ハメ加工だのなんだのとやってから、全部のパーツにガイアノーツのサーフェイサー エヴォブ...

このメカが登場する作品

【Amazon.co.jp限定】新世紀エヴァンゲリオン NEON GENESIS EVANGELION Blu-ray BOX (ゼーレ リボルテックダンボー・ミニ付)



スポンサーリンク

関連記事

バンダイ 1/5000 スター・デストロイヤー [ライティングモデル] 初回生産限定版
バンダイスピリッツ ENTRY GRADE 1/144 ストライクガンダム
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー
酒井ゆうじ造型工房 30cm ゴジラ2001
海洋堂20cmシリーズ『ガメラ1999』
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』
タカラトミー 1/35 DMK01 オプティマスプライム
ビリケン商会 メカゴジラⅡ ソフトビニールキット
バンダイスピリッツ ENTRY GRADE 1/144 RX-78-2 ガンダム
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』
クダフ ロミ 25cm『ジラ』
1/700スケール ガメラ3 プラスチックキット 少年リック限定版
海洋堂 20cmシリーズ 『84ゴジラ』
酒井ゆうじ造型工房 ゴジラ2000ミレニアム造形デザイン 口閉じバージョン
SMP ALTERNATIVE DESTINY 超獣戦隊ライブマン ライブロボ
SMP 勇者特急マイトガイン
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ ウルトラホーク1号 (α号・β号・γ号)
コトブキヤ エヴァンゲリオン初号機 TV Ver.
バンダイスピリッツ 1/35 SCALE バットモービル (ザ・バットマンVer.)
クリミア・エンゲルス
バンダイスピリッツ 1/35 SCALE バットモービル (バットマン ビギンズVer.)
海洋堂20cmシリーズ『ガメラ1995』
海洋堂20cmシリーズ 初代ゴジラ ソフビキット
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ No.10 ウルトラホーク3号
HG 1/144 ガンダムエアリアル
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer.
バンダイ ビークルモデル 006 スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン
アオシマ 『MFS-3 3式機龍』
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ No.1 ジェットビートル
Figure-rise Standard ULTRAMAN [B TYPE]
Yoshi.アレンジ エヴァンゲリオン初号機
酒井ゆうじ造型工房 20cm ビオゴジ出現
スーパーミニプラ 電光超人グリッドマン
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム
SMP 太陽の勇者ファイバード
バンダイ ミニプラ 特空機1号セブンガー
Figure-rise Standard 仮面ライダーアギト グランドフォーム
酒井ゆうじ造型工房 23cm シン・ゴジラ レジンキット
バンダイスピリッツ RG 汎用ヒト型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン初号機
酒井ゆうじ造型工房 30cm ゴジラ2016 レジンキット
SMP 太陽の勇者ファイバード ドライアス
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ No.2 ウルトラホーク1号

コメント