海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 筆でレタッチ・全身のウォッシング

前回まででエアブラシ塗装は一区切り。



これ以上細かい塗り分けは自分のスキル的にエアブラシ塗装で上手くできなさそうなので、ここからは筆塗りメインで進めていく。

まずは失敗した箇所をレタッチ。
本当は爪と皮膚の境界をエアブラシで自然にぼかすのをやってみたかったんだけど、ミスって滴が飛んで台無しになってしまったのだ。



エアブラシのエア圧と塗料の量が多過ぎると、吹き出した塗料がノズルキャップに当たって溜まり、それが吹き始めのエアーで飛ばされるとこんな有様になるのです。。。


スポンサーリンク


エアブラシの時と全く同じ色はもう作れないから、同様のレシピ(Mr.カラー ホワイト + クリアーイエロー)で作った似た色をドライブラシっぽく塗って境界をぼかす。



同様に手の爪も。ついでに同じ色で白目も塗ってしまう。



白目については、どうせ黒目を入れた後にレタッチや墨入れすることになるので、今は多少はみ出しても気にしない。



そして、タミヤカラー アクリル塗料のスモーク+クリアーブルーでウォッシングして、全体に青系の影を落とす。



ソフビキットはモールドがやや浅くなっているので、エアブラシよりも墨入れ・ウォッシング系の塗り方の方が上手く影が落ちるね。

それにしても、梅雨は湿度が高過ぎてエアブラシ塗装できん。。。

このキットの制作記事まとめページを作りました↓
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』
まだ組み立て途中…2016年7月にSci-Fi MONSTER soft vinyl model kit collectionとして再販された海洋堂の20cmサイズのゴジラのソフビキットシリーズの1つ。このキットは酒井ゆうじ氏原...


スポンサーリンク

関連記事

海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 腹甲・甲羅の塗装
ゴジラの全てがわかる博覧会『G博』
『ゴジラと特撮美術の世界展』の公式図録
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 表面処理
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 表面処理 その2
メカコレクション ウルトラホーク1号 マスキング・クリアーカラー塗装
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』口内の塗装
PS3用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-』を買った
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれ・下アゴパーツの軸打ち加工
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ウェザリング
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼をくり抜く
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ハイライト塗装
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 失敗箇所の本格修復
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』下地処理
ビリケン商会 メカゴジラⅡ メタルパーツの磨き上げ
Amazon プライム・ビデオでゴジラシリーズが全作見れるぞ!
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれの塗装
ホビージャパンのムック『怪獣大進撃』が復活
GODZILLAの映画PR用等身大フィギュアのメイキング記事
『特撮のDNA』を見てきた
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン その他もろもろ
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 パーツの洗浄・煮沸・下半身にレジン充填
シン・ゴジラの最新予告篇映像が解禁されたぞ!
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』全身のベース塗装
メカコレクション ウルトラホーク1号 メタリック塗装
ラクガキの立体化 3D出力物の表面処理
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 全身のドライブラシ・爪の塗装
模型制作の環境を考える
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』完成
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強
書籍『ゴジラの工房 若狭新一造形写真集』
溶剤
ゴジラのガレージキットの塗装
2500件以上の応募があれば『シン・ゴジラ』フィギュア付きMOOKが発刊!
ビリケン商会 メカゴジラⅡ ベースのシルバー塗装
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その4
2016年 観に行った映画振り返り
NHKのゴジラ特番
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
エアブラシの思い出
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』ベース塗装

コメント