ふなっしーのプラモデル

ふなっしーのプラモデルを買ってみた。


スポンサーリンク

プラモデル アクションふなっしー



プラモデルと言いつつ、上半身はほとんど軟質素材でできていて、プニプニしている。
バンダイのプラモデルは、全て色分け済みのパーツ構成なので、塗装とか面倒なことは忘れて、サクサク組み立てる。そもそも軟質素材の塗装なんて面倒すぎるし。
ほっぺたの赤もパーツ分けで再現されていて、目や名札など、細かい部分はシールが付属しています。


スポンサーリンク


バンダイのプラモデルのランナーはニッパーを使わなくても手で綺麗にパーツが外せるけど、オイラは一応ニッパーで切り取りました。
(パッケージの側面には手でもげる的なことが記載されている)

このキットは、パッケージが特徴的で、箱をひっくり反すと組み立て説明書になっている。↓

ふなっしーのプラモデル

こういうのは他のプラモデルには無い感じで、ふなっしーというキャラクターならではだね。
最初は軟質素材と聞いて、内部に骨格構造があるものを期待してたんだけど、残念ながらそういうのではなかった。組み立て説明を見ても分かる通り、いわゆる骨格構造ではなくハリボテみたいな感じ。可動は上半身をひねったり、腕を曲げることができる。足のポーズは固定。

確か、ふなっしーの目は「汚れた人間界をみたから灰色」という設定だった気がするけど、このキット付属のシールでは白でした。


スポンサーリンク

関連記事

メカコレクション ウルトラホーク1号 マスキング・クリアーカラー塗装
バンダイスピリッツ EG 1/144 RX-78-2 ガンダム 基本工作
シン・ゴジラがS.H.MonsterArtsで11月発売予定
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 パーツの洗浄・煮沸 そして下アゴの加工
アニメ版ゴジラのフィギュア情報が続々解禁
映画『この世界の片隅に』を観た
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その3
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装
恐竜造形の指南書
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン マスキング・表面処理
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 眼の塗装
ペイントマネージャー:模型塗料を管理できるスマホアプリ
GMKゴジラの口の塗装
ゴジラのガレージキットの塗装
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』を観た
映画『オデッセイ』を観てきた
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム グラデーション塗装
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型の型取り・複製
映画『GODZILLA』のゴジラ登場シーンだけをまとめた8分の動画
メカコレクション ウルトラホーク1号 表面処理
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 レタッチと仕上げ
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装 やり直し
バンダイ『Human size ゴジラ (1991北海道ver.)』の詳細が発表された
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を観た (ネタバレ無し)
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム パーツの接着・合わせ目消し
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 口内の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強
映画『ゴジラvsコング』を観てきた! (一応ネタバレ無し)
プラカラーストック:模型塗料を管理できるスマホアプリ
変形ロボットのデザイン
S.H.MonsterArts ゴジラ(2017)は8月1日予約開始!
映画『ドラえもん のび太と雲の王国』を観た
ワンダーフェスティバル2018[夏]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 爪の塗装
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 続・耳パーツの加工
チョロQ(Q-eyes)を分解してシフトカーに組み込めるか?
『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』を観てきた
ワンダーフェスティバル2019[夏]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その4
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 筆でレタッチ・全身のウォッシング

コメント