ふなっしーのプラモデル

ふなっしーのプラモデルを買ってみた。


スポンサーリンク

プラモデル アクションふなっしー



プラモデルと言いつつ、上半身はほとんど軟質素材でできていて、プニプニしている。
バンダイのプラモデルは、全て色分け済みのパーツ構成なので、塗装とか面倒なことは忘れて、サクサク組み立てる。そもそも軟質素材の塗装なんて面倒すぎるし。
ほっぺたの赤もパーツ分けで再現されていて、目や名札など、細かい部分はシールが付属しています。


スポンサーリンク


バンダイのプラモデルのランナーはニッパーを使わなくても手で綺麗にパーツが外せるけど、オイラは一応ニッパーで切り取りました。
(パッケージの側面には手でもげる的なことが記載されている)

このキットは、パッケージが特徴的で、箱をひっくり反すと組み立て説明書になっている。↓

ふなっしーのプラモデル

こういうのは他のプラモデルには無い感じで、ふなっしーというキャラクターならではだね。
最初は軟質素材と聞いて、内部に骨格構造があるものを期待してたんだけど、残念ながらそういうのではなかった。組み立て説明を見ても分かる通り、いわゆる骨格構造ではなくハリボテみたいな感じ。可動は上半身をひねったり、腕を曲げることができる。足のポーズは固定。

確か、ふなっしーの目は「汚れた人間界をみたから灰色」という設定だった気がするけど、このキット付属のシールでは白でした。


スポンサーリンク

関連記事

2017年 観に行った映画振り返り
映画『GODZILLA 星を喰う者』を観た (ややネタバレ)
『魂ネイション2015』に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 失敗箇所の本格修復
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
ホビージャパン2016年10月号はシン・ゴジラ特集
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 シルバー塗装・再び表面処理
ゴジラのガレージキットの塗装
変身ベルト
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』を観た (ややネタバレ)
映画『オデッセイ』を観てきた
最近のフィギュアの製造工程
ゴジラのプラモデルの組立動画
映像ビジネスの未来
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
映画『ピーターラビット』を観た
怪獣ガレージキット
映画『カメラを止めるな!』を観た (ネタバレあり)
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾を仕込む
ワンダーフェスティバル2016[冬]に行ってきた
続・ゴジラ2000ミレニアムの塗装
映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』を見た (ややネタバレ)
『さらば あぶない刑事』を観た
アニゴジ関連情報
アニメ版ゴジラのフィギュア情報が続々解禁
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 眼の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼の塗装
S.H.Figuarts ウルトラマン シリーズ 始動!
「ドラゴンボールZ 復活のF」を観た
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』口内の塗装
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その2
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
『S.H.Figuarts 仮面ライダー1号』は10月発売予定
バンダイ『Human size ゴジラ (1991北海道ver.)』の詳細が発表された
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 レタッチと仕上げ
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 頭部の加工・口内の塗装
書籍『データビジュアライゼーションのデザインパターン20』読了
消費の記録
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 発煙ギミックを検討する
ゴジラ 2000ミレニアム 完成
東京おもちゃショー2017

コメント