ふなっしーのプラモデル

ふなっしーのプラモデルを買ってみた。


スポンサーリンク

プラモデル アクションふなっしー



プラモデルと言いつつ、上半身はほとんど軟質素材でできていて、プニプニしている。
バンダイのプラモデルは、全て色分け済みのパーツ構成なので、塗装とか面倒なことは忘れて、サクサク組み立てる。そもそも軟質素材の塗装なんて面倒すぎるし。
ほっぺたの赤もパーツ分けで再現されていて、目や名札など、細かい部分はシールが付属しています。


スポンサーリンク


バンダイのプラモデルのランナーはニッパーを使わなくても手で綺麗にパーツが外せるけど、オイラは一応ニッパーで切り取りました。
(パッケージの側面には手でもげる的なことが記載されている)

このキットは、パッケージが特徴的で、箱をひっくり反すと組み立て説明書になっている。↓

ふなっしーのプラモデル

こういうのは他のプラモデルには無い感じで、ふなっしーというキャラクターならではだね。
最初は軟質素材と聞いて、内部に骨格構造があるものを期待してたんだけど、残念ながらそういうのではなかった。組み立て説明を見ても分かる通り、いわゆる骨格構造ではなくハリボテみたいな感じ。可動は上半身をひねったり、腕を曲げることができる。足のポーズは固定。

確か、ふなっしーの目は「汚れた人間界をみたから灰色」という設定だった気がするけど、このキット付属のシールでは白でした。


スポンサーリンク

関連記事

ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型と頭のすり合わせ
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 爪の塗装・全身に黒のグラデーション塗装
海洋堂の20cm ゴジラ ソフビキットが7月に再販
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 首パーツの接着・爪と全身のベース塗装
仮面ライダーの玩具
PS4用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-VS』をプレイした
去年購入したiPad Proのその後
ゴジラ トレーディングバトル
チョロQ(Q-eyes)を分解してシフトカーに組み込めるか?
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
『LMHG エヴァンゲリオン初号機』 表面処理
ゴジラ2000ミレニアムのつや消し仕上げ
メカコレクション ウルトラホーク1号 メタリック塗装
ゴジラ 2000 ミレニアムの背びれの塗装
ホビージャパンのムック『怪獣大進撃』が復活
映画『ジュラシック・ワールド』を観た
最近のフィギュアの製造工程
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 パーツの洗浄・煮沸 そして下アゴの加工
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その1
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの接着・パテ埋め
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』口内の加工
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
ゴジラ2000ミレニアム 完成 その2
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の注型
ディズニー映画『ズートピア』を観た
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 下アゴの軸打ち加工・パーツの接着
バンダイ『Human size ゴジラ (1991北海道ver.)』の詳細が発表された
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 歯茎の境界に影を入れる
生物の骨格
小説『仮面ライダーエグゼイド ~マイティノベルX~』読了
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 筆でレタッチ・全身のウォッシング
ゴジラ 2000 ミレニアムの背びれのレタッチ
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの洗浄・煮沸 そして接着
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』墨入れ・ウェザリング
小説『GODZILLA 怪獣黙示録』読了(ネタバレ無し)
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 全身の黒塗装 その2・その他レタッチ
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれ・眼の塗装
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の眼の塗装
ビリケン商会 30cm メカゴジラⅡ ソフビキットを組み立て始める
ラクガキの立体化 塗装と破損個所の修復 そして完成
映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』をMX4Dで観てきた (ネタバレ無し)
『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』を観てきた

コメント