ワンダーフェスティバル2016[冬]に行ってきた

4年ぶりにワンフェスに行ってきた。最後に行ったのは2011 [夏]だったな。(その時が初めてだったけど)

ワンダーフェスティバル2016[冬]

ワンダーフェスティバル2016[冬]

ワンフェスは夏と冬の年2回開催されているけど、直接物欲を刺激されてしまうイベントなので、毎回行くと散財し過ぎてしまうという大きな問題があるのです(笑)
オイラの興味は特撮系のガレージキットなので、大抵キット1個の単価が1万円~となり、それでいて「数量残りわずか」や「当日版権もの」は「今すぐ買わなきゃ!」という使命感(?)によって財布のひもが緩んでしまいます。


スポンサーリンク


ということで(?)今回はあんまり現金を持たずに行きました。前回もそうしたはずだったけど「予約して後払い」という手段に負けてしまった。その時買ったのがこれです↓
酒井ゆうじ造型工房 30cm ゴジラ2001
初めてワンフェスに行って、酒井ゆうじ造型工房ブースで予約注文したガレージキット。2001年公開の「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」に登場するゴジラの30cmサイズのレジンキット。キットが重過ぎてターンテーブルが悲鳴を上...


毎度おなじみ、入場券がわりのガイドブックを買って幕張メッセへ入場。オイラ、夏のワンフェスしか行ったことなかったけど、基本的には変わらないのね。
前回は開場前の時間から並んで入ったんだけど、大して混んでなかった経験から、今回はのんびりお昼ぐらいに行った。

沢山の人

結構混んでた。どうやら、ワンフェスは午後から混み始めるみたい。
開場と同時、あるいはダイレクトパスを使う人達は全体の来場者数から考えるとごくわずかと言えそう。目当てのキットがある人は午前中のうちに購入を済ませてしまう感じ。大きな荷物を抱えて会場から出てくる人と何度かすれ違った。

コスプレが賑わい始めるのも午後以降のようで、メディアで取り上げられるような、いわゆる一番盛況な瞬間って夕方前ぐらいなんじゃないかと思う。その時間帯にはもう有名なディーラーさんのキットは完売しちゃってますけどね。


スポンサーリンク

酒井ゆうじ造型工房

結局今回は酒井ゆうじ造型工房の写真しか撮ってない。
30cmサイズの電飾デスゴジが一際目を引いた。怪獣大進撃リターンズの表紙になっているやつ。すごい存在感。

酒井ゆうじ造型工房のブースは人だかりができている

酒井ゆうじさん原型のS.H.MonsterArts ゴジラ(2001)も展示されていた。
他のディーラーさんと違い、展示にもこだわりを感じる。背景を立てているのはもちろん、作品ごとに照らすためのライトを用意していて、造形が映えるようにディスプレイされていた。人の目線に合わせた高さにしているあたりも細かく配慮されている気がした。

バンダイの商品

ところで、普段幕張メッセには企業の展示会で行くことが多いので、いわゆる商業的な展示ブースが立ち並ぶ時との会場のギャップがちょっと面白い。
各ブースの音響設備から爆音が流れる商業展示会と違い、個人ディーラーが集まる会場内は驚くほど静かなのです。人口密度は普通の展示会よりもはるかに高いはずだけど、商業展示会の賑わい感というのは要するに音響設備が作りだしてたわけね。

沢山人がいるのに静か

ワンフェスの企業ブースエリアは普通の展示会のように爆音でプロモーションやステージが開催されている。そしてこっちの方が人口密度が低い。

爆音が響き渡る企業ブース

海洋堂のソフビの再販のラインナップに酒井ゆうじさん原型のガメラ3もあるらしい。価格は未定とのこと。特撮リボルテックについにガメラ3版のガメラも登場するとか。

海洋堂のソフビが再販されるらしい

ホビージャパンに掲載されていた地獄塗りの実物が展示されてた。地獄塗りって光沢なんですね。ガメラの地獄塗りはこのまま映像作品に出てきても成立しそうな印象。情報量がZBrush時代に適応したような感じがする。

地獄塗り

バンダイのULTRA-ACT × S.H.Figuartsの新作「ULTRAMAN SUIT ver 7.2」も展示されていた。

ULTRAMANとULTRAMAN SUIT ver 7.2

胸像も展示されてたけど、これも発売予定あるんでしょうか。

ULTRAMANの胸像ULTRAMAN SUIT ver 7.2の胸像

タカラトミーブースではサンダーバード。河森正治氏デザインのサンダーバードS号のプラモデルかっこいい。

サンダーバードS号

そしてビーストウォーズのゴリラコンボイがマスターピース化!

ビーストコンボイ!

ちなみに、今回は無事(?)散財せずに控えめな買い物に止めました。特撮ゼロの「創刊準備編」と、カプセルダンボーMr.カラー基本色編を1つだけ。
ディーラーに知り合いがいるわけでもないので特におしゃべりをすることもなくさっさと帰りましたとさ。

4年前の印象よりも、企業ブースが盛況だったような気がする。ガレージキットというか、一般的な玩具にまで裾野が広がっているのかも。コスプレについては、そのどちらとも独立して純粋にコスプレだけを楽しみに来ている人もいたんじゃないだろうか。

コミケにしてもワンフェスにしても、大人の文化祭的な側面が強いと思うので、本当に楽しむなら当事者になるべきなんだよなぁ。


スポンサーリンク

関連記事

映画『Godzilla: King of the Monsters』の予告編が公開された!
ワンダーフェスティバル2018[夏]に行ってきた
トランスフォーマー/リベンジ
最近のフィギュアの製造工程
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』マーキング塗装
アニメ版ゴジラのフィギュア情報が続々解禁
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
Amazon プライム・ビデオでゴジラシリーズが全作見れるぞ!
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 甲羅・皮膚の仕上げ塗装
模型用塗料の収納問題
映画『大怪獣のあとしまつ』を観た (ネタバレ無し)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 腕の作り込み
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン その他もろもろ
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾を仕込む
映画『パワーレンジャー』スーツのメイキング
書籍『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』の発売日が2016年12月30日(金)に決定
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 発煙ギミックを検討する
ゴジラの造形
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 ベース塗装
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
『S.H.Figuarts 仮面ライダー3号』が発売された
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 欠けた牙の修復・口内の塗装
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾の手直し
一番くじのシン・ゴジラ ソフビフィギュア
『シン・ゴジラ第4形態 雛型レプリカフィギュア』が届いた!
バンダイスピリッツ EG 1/144 RX-78-2 ガンダム バーニアの交換
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 表面処理
9月15日(木)に全国26劇場で『シン・ゴジラ』一斉発声可能上映の開催決定!
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの洗浄・煮沸 そして接着
『特撮のDNA 仮面ライダーBLACK SUN 覚醒』を見てきた
ゴジラのガレージキットの塗装
映画『仮面ライダー1号』を観て来た(ネタバレあり)
シン・ゴジラのティザーポスターが公開された!
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その2 & 口内の加工
第1回 ゴジラ検定を受けました
ゴジラ誕生祭 スピンオフ 池袋HUMAXシネマズ ゴジラまつり
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装 やり直し
GMKゴジラの口の塗装
バンダイ LMHG エヴァンゲリオン初号機 腕・肩の後ハメ加工

コメント