メカコレクション ウルトラホーク1号 墨入れ・コクピット塗装 そしてデカール貼り

もうだいぶ失敗の色が濃厚になってきたウルトラホーク1号ですが、今回はさらに失敗を重ねることになりました(笑)

メカコレクション ウルトラホーク1号 マスキング・クリアーカラー塗装
前回まででベースのメタリック塗装を終えたので、この上からクリアーカラーで色を載せていく。 前回からだいぶ時間が空いたのは、エアブラシ塗装するのに湿度の高い日は避けたかったからなのだ。そうやって待っていたら、梅雨以降、ずっと湿度が高...

前回レタッチした跡が逆に目立ってしまったので、ごまかすためにガイアカラーのクリアーブラックでシャドウを吹いてみた。効果がさっぱり分からんですな。。。

シャドウを吹いた効果がさっぱり分からん…

ここで1度タミヤカラー エナメル塗料のホワイトで各カラーリングの縁に墨入れしてみたけど上手くいかなかったので全て拭き取ってしまった。


スポンサーリンク



コクピットはタミヤカラー エナメル塗料のブラックを塗り、窓枠等にはみ出ちゃった塗料は後から溶剤で拭き取った。

コクピットにブラックを塗る

そして、全体にタミヤカラー エナメル塗料のフラットブラックで墨入れ。したらエナメル塗料の溶剤が侵食してパーツに亀裂が入った (´;ω;`)

墨入れしたらパーツが割れた

この辺りでだいぶ泣きそうになりながら、またも苦手なデカール貼りへ。キットには全ての色分けが再現できるデカールが揃っているけど、大まかな色分けは塗装で表現しちゃったので、今回使うのはマーキングのデカールだけ。

今回使うデカール

ジェットビートルの時と同様に、デカールトレイを使ってふやかす。

メカコレクション ジェットビートル デカール貼り・半光沢仕上げ
窓の塗装と墨入れが済んだので、苦手な水転写デカールを貼る作業に突入する。 ホントに、デカールを貼る作業に良い思い出が無いので、びびって色んなツールを揃えた。 このデカールトレイは、水に浸したデカールをすくい上げるザルと櫛みたいな...

まずは裏面から。1つ失敗して破れてしまったのでマーキング欠け状態になった。。。

1つ破けちゃった…

で、しかもウルトラ警備隊のマークの前後を逆に貼ってしまいました。。。
直そうとしても破れちゃいそうだからもう諦める。。。アホ…

マーキングの前後

そして上面にもデカールを貼る。破れるのが怖くて、もう位置の微調整とかあまりできなかった。

上面にもデーカールを貼る

デカール貼りのHowTo動画とかないかと思ってちょっと探したら、スケールモデルで有名なプラモデルメーカーハセガワのYoutubeチャンネルでそのものズバリ「デカールの貼りかた」というのがあった。



これは動画でないとわかりづらいよなぁ。

そういえば、ウルトラホーク1号はハセガワから1/144スケールのキットも出てるんだよな。

ハセガワ ウルトラメカ シリーズ ウルトラセブン ウルトラホーク 1号 1/144スケール プラモデル UM1

色々と反省材料があったけど、とりあえず次はクリアーコートして完成にしよう。


スポンサーリンク