ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正

1月から仕事が始まって、連続した作業時間は確保しづらくなった。



歯と歯茎に手こずってなかなか全体の調整が進まない。。。





資料を眺めていて、そもそも特撮のDNAで展示されていたレプリカヘッドと劇中のスーツでは歯の並び方や下アゴのバランスが結構違う気がしてきた。


スポンサーリンク


ここまでの作業を動画化(チビチビしててあまり面白くない)↓

ZBrushでアヴァンガメラをモデリング Part 15

ZBrushでアヴァンガメラをモデリング Part 16

その後、長過ぎた首の長さをちょっと短く調節した。



歯茎ばかり見ていて視野が狭まっていたので、ちょっと気分を変えて全身をいじくる。


スポンサーリンク
ZBrushでアヴァンガメラをモデリング 身体 Part 7

首のラインをいじったので、それに合わせて甲羅のラインも修正。頭から首のラインは逆に不自然になったかも。。。



正面から見た甲羅のシルエットを少しずつ整え、腹甲の模様のアタリも入れる。



手の爪を伸ばし、腕のトゲトゲのアタリも入れた。



肩のラインを整理したら人間のシルエットが出てきたな。
上半身から順にいじっていくと、しわ寄せのようにバランスの矛盾が下半身に溜まってくる。脚の付き方もいじらないとな。

Oculus Quest2で形状を確認してみる

だいぶ作業がマンネリ化してきたので、ここでHMDを使って3Dでバランスを確認してみよう。
ここの記事を参考にOculus Quest2のGravity Sketchアプリを使ってみる↓

大畠雅人の3Dプリンタ&スキャナ入門⑩ZBrushとVRを連携して作品作り

Gravity Sketchは、個人利用なら無料で使える。個人利用だと読み込めるデータ形式はOBJのみとなる制限はあるけど。
Gravity Sketchに自前のデータを持って行くには、まずLanding Padのアカウントを作って、Gravity Sketchにログインする必要がある。アカウントがあれば、クラウドからもOculus Quest2ローカルからでもGravity Sketchデータを読み込める。

3Dプリントの時に使ったZBrushのDecimation Masterを使ってOBJ形式に書き出そう。



何も考えずにそのままOBJ化したら、データサイズが大き過ぎてGravity Sketch上でまともに動かなかったので、Decimation Masterで15MB程度に削減してから再挑戦↓



立体視で形状を確認できると分かることが沢山あるな。首のラインがおかしいのもハッキリ分かる(笑) 下アゴはもっと分厚いままの方が良かったみたい。
20cm~50cm程度のフィギュアサイズで見てみると、口の中の細かい形状なんて全然気にならないな。

ところで、Windows10標準のPaint3Dアプリは、OBJもFBXも開けるのね。

とにかく続けて完成まで持っていくためにまとめページを作った↓



スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
4K HDR『ガメラ3 邪神覚醒』
WebGL開発に関する情報が充実してきている
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』眼の塗装
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
UnityでPoint Cloudを表示する方法
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
参考になりそうなサイト
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』口内の加工
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
ZBrush 4R7
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
ラクガキの立体化 反省
参考書
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
UnityのGlobal Illumination
注文してた本が届いた
単純に遊びに行くのはだめなのか?
ZScript
ZBrushCore
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
3Dグラフィックスの入門書
HD画質の無駄遣い
ゴジラ(2014)の音響効果のメイキング
タダでRenderManを体験する方法
ZBrushでアヴァンガメラを作ってみる
六本木ヒルズの『空想脅威展』を見てきた
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』

コメント