立体視を試してみた

最近、立体視用のモニタ(偏光メガネで見るやつ)を1つ後輩から強奪した譲り受けたんで、適当に視差を作って色々試してみた。(youtubeは立体視にも対応してるんですね)


スポンサーリンク
3D Bunny


スポンサーリンク


ちょっとやってみた感想としては、どうやら視差があり過ぎると人間の眼の認識が追いついて来ない感じ。(ちなみに、人間の平均的な両眼距離は6.5cmだそうです)
被写体とカメラの距離、画角、二つのカメラの注視点もちゃんと考えないといけない模様。(まあ、当然か)
眼はモニタ画面を注視するわけだけど、視差が大きくて像がかなり手前に飛び出す場合、手前を注視する感覚へ反射的に頭を切り替えるのがなかなか難しい。(自分だけかもしれないけど)
ただ、人間が認識しやすいように視差を減らすと、じゃあ立体視の意味があるのかという話でもある。

それから、これは偏光方式の質の問題もあると思うけど、像を立体として認識するには、色も重要な要素なんじゃないかと。オイラの作った視差動画は色味がほとんど無いんで、眼が認識しづらかったんじゃないだろうか。偏光メガネでも反対の眼用成分を完全に遮断できないようで、色味が無いと薄っすら見える反対成分と混同して認識してしまう。ということで予想としては、モノクロで視差を作っても効果が薄いんじゃないだろうか。(閲覧環境の質に依存する要素だけど)

ところで、以前もMayaのバージョンを上げた時にちょっと問題が発生した自前Shaderなんだけど、今回バッチ処理でさらに問題発覚。カレントフレームではレンダリングできるのに、バッチに投げると全く描画されなくなる。てっきりレンダーレイヤーの設定を間違えたのかと思ってたんだけど、そういうわけじゃないらしい。バッチに投げると、Shaderを割り当てられてたオブジェクトがまるで透明になったかのように影も形も出ない状態に。バージョンのせい?64bitにしたせい?わからん。

追記:バッチに投げるとShaderが動かない原因はどうやらMTypeIDのせいらしい。環境が変わったことでIDが他のノードとかぶったりしてるのかも。オイラがいいかげんにIDつけてたのがいけなかった。こういうところはスクリプトに劣る部分だな。


スポンサーリンク

関連記事

デザインのリファイン再び
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
MeshroomでPhotogrammetry
SIGGRAPH ASIAのマスコット
MRenderUtil::raytrace
アニゴジ関連情報
素敵なパーティクル
Paul Debevec
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
フルCGのウルトラマン!?
Unityの薄い本
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
UnityのGlobal Illumination
定数
UnityでOpenCVを使うには?
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
海外ドラマのChromaKey
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
ZBrush 4R7
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
色んな三面図があるサイト
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
Adobe Photoshop CS5の新機能
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
AfterEffectsプラグイン開発
Mayaのシェーディングノードの区分
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
iPhone欲しいなぁ
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
ZBrushでアヴァンガメラを作ってみる
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入

コメント