自前のShaderがおかしい件

これ、なんて現象ですか?

Image converted using ifftoany


スポンサーリンク


エッジ部分にチラホラ黒い線が現れる。(ほぼ間違いなく法線が絡んでるのは判るね)
別にVectorRenderを作ろうとしたわけでもなんでもないんだけど。
アンチエイリアスで黒い部分がさらに強調されてるみたい。
単純に、古いバージョンでちゃんと動いてたコードをMaya2009 64bitに持って行っただけなんだけどな。
バージョンによってRenderの仕様とか変わってるの?

モデルは以前ジュラシックパークのT-REXをパクッて作ったやつ。


スポンサーリンク

関連記事

法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
注文してた本が届いた
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
参考になりそうなサイト
MRenderUtil::raytrace
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
動的なメモリの扱い
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
オーバーロードとオーバーライド
Unreal Engine 5の情報が公開された!
定数
Mayaのシェーディングノードの区分
クラスの基本
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
プログラムによる景観の自動生成
Open Shading Language (OSL)
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
HD画質の無駄遣い
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
OpenCV
Maya 2015から標準搭載されたMILA
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
clearcoat Shader
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
今年もSSII
自前Shaderの件 解決しました
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Unreal Engineの薄い本

コメント

  1. KT より:

    はじめまして。
    原因は違うかもしれませんが自分もそれに似た現象が出ます。
    なぜなのかわかりません。
    http://tkspidey.blogspot.com/2010/01/ao.html