Unreal Engine 5の情報が公開された!

Unreal Engineの次期バージョンの情報が公開されたぞ↓

Unreal Engine 5 初公開


Unreal Engine 5 を初公開しました。次世代における私達の目標は、映画の CG や現実世界に匹敵するリアリズムの実現と、生産性の高いツールとコンテンツライブラリの提供によって、どのような規模のチームもその品質に到達できるようにすることです。
初公開となる PlayStation 5 でライブ実行されるリアルタイムデモである「Lumen in the Land of Nanite」をご覧ください。


スポンサーリンク

グローバルイルミネーションを行うLumenと、高解像度のポリゴンジオメトリを扱うNaniteという技術か。
バックグラウンドとなる文献を読みたいな。


スポンサーリンク


こちらのデモはPlayStation5の試作機上でリアルタイムに描画した画だという↓



Unreal Engine 5は、2021年初頭にプレビュー版リリースの予定らしい。

ノンゲームジャンルでもリアルタイムCGの需要が増しているし、Unreal EngineもUnityもグラフィックスがどんどんリッチになっていきますな。(GPUの進化も大きいけど)
最近出た書籍を購入してしまった↓

UnrealEngine4リアルタイムビジュアライゼーション

次期バージョンの情報が衝撃的過ぎて霞んでいるけど、Unreal Engineのライセンス形態も2020年1月から変更のようですね。
100万ドル未満までは無料で使えるそうです。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrush 2018での作業環境を整える
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
ゴジラの造形
生物の骨格
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
スター・ウォーズのスピンオフ『マンダロリアン』の舞台裏
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
ラクガキの立体化 進捗
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
PythonでBlenderのAdd-on開発
顔モデリングのチュートリアル
BlenderのRigifyでリギング
Maya API Reference
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
Pix2Pix:CGANによる画像変換
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
注文してた本が届いた
ZBrushの練習 手のモデリング
AfterEffectsプラグイン開発
書籍『データビジュアライゼーションのデザインパターン20』読了
自前のShaderがおかしい件
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
UnityでLight Shaftを表現する
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる

コメント