Unreal Engine 5の情報が公開された!

Unreal Engineの次期バージョンの情報が公開されたぞ↓

Unreal Engine 5 初公開


Unreal Engine 5 を初公開しました。次世代における私達の目標は、映画の CG や現実世界に匹敵するリアリズムの実現と、生産性の高いツールとコンテンツライブラリの提供によって、どのような規模のチームもその品質に到達できるようにすることです。
初公開となる PlayStation 5 でライブ実行されるリアルタイムデモである「Lumen in the Land of Nanite」をご覧ください。


スポンサーリンク

グローバルイルミネーションを行うLumenと、高解像度のポリゴンジオメトリを扱うNaniteという技術か。
バックグラウンドとなる文献を読みたいな。


スポンサーリンク


こちらのデモはPlayStation5の試作機上でリアルタイムに描画した画だという↓



Unreal Engine 5は、2021年初頭にプレビュー版リリースの予定らしい。

ノンゲームジャンルでもリアルタイムCGの需要が増しているし、Unreal EngineもUnityもグラフィックスがどんどんリッチになっていきますな。(GPUの進化も大きいけど)
最近出た書籍を購入してしまった↓

UnrealEngine4リアルタイムビジュアライゼーション

次期バージョンの情報が衝撃的過ぎて霞んでいるけど、Unreal Engineのライセンス形態も2020年1月から変更のようですね。
100万ドル未満までは無料で使えるそうです。


スポンサーリンク

関連記事

CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
Unityで360度ステレオVR動画を作る
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 首回りの修正・脚の作り込み
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のアタリを作る
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
MPFB2:Blenderの人体モデリングアドオン
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
東京オリンピックと案内表示
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
Mayaのレンダリング アトリビュート
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
Pix2Pix:CGANによる画像変換
Mayaのシェーディングノードの区分
映画『シン・ウルトラマン』 メイキング記事まとめ
Unityの薄い本
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
iPhone欲しいなぁ
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 爪とトゲを追加
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
Immersive Math:線形代数をインタラクティブに学べるWebサイト
色んな三面図があるサイト
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
PythonでBlenderのAdd-on開発
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
単純に遊びに行くのはだめなのか?
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
ファンの力
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
Unreal Engineの機能を学ぶ優先順位を考える
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ

コメント