Unreal Engine 5の情報が公開された!

Unreal Engineの次期バージョンの情報が公開されたぞ↓

Unreal Engine 5 初公開

Unreal Engine 5 Revealed! | Next-Gen Real-Time Demo Running on PlayStation 5

Unreal Engine 5 を初公開しました。次世代における私達の目標は、映画の CG や現実世界に匹敵するリアリズムの実現と、生産性の高いツールとコンテンツライブラリの提供によって、どのような規模のチームもその品質に到達できるようにすることです。
初公開となる PlayStation 5 でライブ実行されるリアルタイムデモである「Lumen in the Land of Nanite」をご覧ください。

グローバルイルミネーションを行うLumenと、高解像度のポリゴンジオメトリを扱うNaniteという技術か。
バックグラウンドとなる文献を読みたいな。


スポンサーリンク


こちらのデモはPlayStation5の試作機上でリアルタイムに描画した画だという↓


スポンサーリンク
Unreal Engine 5 Feature Highlights | Next-Gen Real-Time Demo Running on PlayStation 5 (日本語字幕付き)

Unreal Engine 5は、2021年初頭にプレビュー版リリースの予定らしい。

ノンゲームジャンルでもリアルタイムCGの需要が増しているし、Unreal EngineもUnityもグラフィックスがどんどんリッチになっていきますな。(GPUの進化も大きいけど)
最近出た書籍を購入してしまった↓

UnrealEngine4リアルタイムビジュアライゼーション

次期バージョンの情報が衝撃的過ぎて霞んでいるけど、Unreal Engineのライセンス形態も2020年1月から変更のようですね。
100万ドル未満までは無料で使えるそうです。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
CGのためのディープラーニング
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
『ピクサー展』へ行ってきた
タダでRenderManを体験する方法
SIGGRAPH Asia
マイケル・ベイの動画の感覚
顔モデリングのチュートリアル
参考書
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
ZBrushの練習 手のモデリング
ZBrushでカスタムUIを設定する
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
Perfumeのライブパフォーマンスのビジュアル
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
ラクガキの立体化 目標設定
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
UnityでARKit2.0
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
MFnMeshクラスのsplit関数
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
単純に遊びに行くのはだめなのか?
Unityで360度ステレオVR動画を作る
アニゴジ関連情報
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
ジュラシック・パークのメイキング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
Open Shading Language (OSL)

コメント