Unreal Engine 5の情報が公開された!

Unreal Engineの次期バージョンの情報が公開されたぞ↓

Unreal Engine 5 初公開


Unreal Engine 5 を初公開しました。次世代における私達の目標は、映画の CG や現実世界に匹敵するリアリズムの実現と、生産性の高いツールとコンテンツライブラリの提供によって、どのような規模のチームもその品質に到達できるようにすることです。
初公開となる PlayStation 5 でライブ実行されるリアルタイムデモである「Lumen in the Land of Nanite」をご覧ください。


スポンサーリンク

グローバルイルミネーションを行うLumenと、高解像度のポリゴンジオメトリを扱うNaniteという技術か。
バックグラウンドとなる文献を読みたいな。


スポンサーリンク


こちらのデモはPlayStation5の試作機上でリアルタイムに描画した画だという↓



Unreal Engine 5は、2021年初頭にプレビュー版リリースの予定らしい。

ノンゲームジャンルでもリアルタイムCGの需要が増しているし、Unreal EngineもUnityもグラフィックスがどんどんリッチになっていきますな。(GPUの進化も大きいけど)
最近出た書籍を購入してしまった↓

UnrealEngine4リアルタイムビジュアライゼーション

次期バージョンの情報が衝撃的過ぎて霞んでいるけど、Unreal Engineのライセンス形態も2020年1月から変更のようですね。
100万ドル未満までは無料で使えるそうです。


スポンサーリンク

関連記事

ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
BlenderのRigifyでリギング
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
UnityのAR FoundationでARKit 3
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushトレーニング
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
畳み込みニューラルネットワーク (CNN: Convolutional Neural Network...
ポリ男をリファイン
プログラムによる景観の自動生成
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
ZBrushで作った3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作る
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
Unityの薄い本
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
海外ドラマのChromaKey
PythonでBlenderのAdd-on開発
clearcoat Shader
Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
Houdiniのライセンスの種類
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
スター・ウォーズのスピンオフ『マンダロリアン』の舞台裏
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のシルエット出し
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
『ピクサー展』へ行ってきた
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』

コメント