Unreal Engine 5の情報が公開された!

Unreal Engineの次期バージョンの情報が公開されたぞ↓

Unreal Engine 5 初公開


Unreal Engine 5 を初公開しました。次世代における私達の目標は、映画の CG や現実世界に匹敵するリアリズムの実現と、生産性の高いツールとコンテンツライブラリの提供によって、どのような規模のチームもその品質に到達できるようにすることです。
初公開となる PlayStation 5 でライブ実行されるリアルタイムデモである「Lumen in the Land of Nanite」をご覧ください。


スポンサーリンク

グローバルイルミネーションを行うLumenと、高解像度のポリゴンジオメトリを扱うNaniteという技術か。
バックグラウンドとなる文献を読みたいな。


スポンサーリンク


こちらのデモはPlayStation5の試作機上でリアルタイムに描画した画だという↓



Unreal Engine 5は、2021年初頭にプレビュー版リリースの予定らしい。

ノンゲームジャンルでもリアルタイムCGの需要が増しているし、Unreal EngineもUnityもグラフィックスがどんどんリッチになっていきますな。(GPUの進化も大きいけど)
最近出た書籍を購入してしまった↓

UnrealEngine4リアルタイムビジュアライゼーション

次期バージョンの情報が衝撃的過ぎて霞んでいるけど、Unreal Engineのライセンス形態も2020年1月から変更のようですね。
100万ドル未満までは無料で使えるそうです。


スポンサーリンク

関連記事

グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
無料で使える人体3DCG作成ツール
Math Inspector:科学計算向けビジュアルプログラミングツール
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
HD画質の無駄遣い
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
ZBrush 2018へのアップグレード
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushのZScript入門
Unityをレンダラとして活用する
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
日本でMakersは普及するだろうか?
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
マジョーラ
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
Physically Based Rendering
Mayaのシェーディングノードの区分
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
Unreal EngineでARKit 3.0
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
WebGL開発に関する情報が充実してきている
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
タダでRenderManを体験する方法
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ

コメント