Unreal Engine 5の情報が公開された!

Unreal Engineの次期バージョンの情報が公開されたぞ↓

Unreal Engine 5 初公開


Unreal Engine 5 を初公開しました。次世代における私達の目標は、映画の CG や現実世界に匹敵するリアリズムの実現と、生産性の高いツールとコンテンツライブラリの提供によって、どのような規模のチームもその品質に到達できるようにすることです。
初公開となる PlayStation 5 でライブ実行されるリアルタイムデモである「Lumen in the Land of Nanite」をご覧ください。


スポンサーリンク

グローバルイルミネーションを行うLumenと、高解像度のポリゴンジオメトリを扱うNaniteという技術か。
バックグラウンドとなる文献を読みたいな。


スポンサーリンク


こちらのデモはPlayStation5の試作機上でリアルタイムに描画した画だという↓



Unreal Engine 5は、2021年初頭にプレビュー版リリースの予定らしい。

ノンゲームジャンルでもリアルタイムCGの需要が増しているし、Unreal EngineもUnityもグラフィックスがどんどんリッチになっていきますな。(GPUの進化も大きいけど)
最近出た書籍を購入してしまった↓

UnrealEngine4リアルタイムビジュアライゼーション

次期バージョンの情報が衝撃的過ぎて霞んでいるけど、Unreal Engineのライセンス形態も2020年1月から変更のようですね。
100万ドル未満までは無料で使えるそうです。


スポンサーリンク

関連記事

Vancouver Film Schoolのデモリール
Manim:Pythonで使える数学アニメーションライブラリ
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下半身のバランス調整
Mayaのシェーディングノードの区分
PolyPaint
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 首回りの修正・脚の作り込み
Unreal EngineでARKit 3.0
Mayaのプラグイン開発
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作っている
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
アニゴジ関連情報
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
ファンの力
UnityのAR FoundationでARKit 3
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
顔モデリングのチュートリアル
SIGGRAPH Asia
東京オリンピックと案内表示
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
Unityで360度ステレオVR動画を作る
シン・ゴジラのファンアート
ZScript
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
ZBrush 4R7
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
CEDEC 3日目
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
3DCG Meetup #4に行ってきた

コメント