バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム グラデーション塗装

下地のグレー塗装まで終えた。



ここから明るい色を吹いてグラデーション塗装し、最終的にパール塗装で仕上げていく。
今回はこのツイートを参考にベースをメカサフ ヘヴィにしていたのです↓



ということで、ベース塗装の上にガイアノーツのスチールホワイトを吹いてグラデーションを作っていきます。

NAZCAカラーシリーズ NC-001 スチールホワイト


スポンサーリンク


オイラがエアブラシ塗装に使っているのはMr.リニアコンプレッサーL7レギュレーター/プラチナセット

GSIクレオス Mr.リニアコンプレッサー L7 レギュレーター/プラチナセット ホビー用塗装用具 PS309

このセットに付属のハンドピースはPS289 プロコンBOY WAプラチナver.2

GSIクレオス プロコンBOY PS289 WA プラチナ 0.3mm Ver.2
5年ぐらい前にだいぶ奮発して購入したけど、結果として模型制作の幅も完成度も上がったのでかなり満足している。

ただ、ハンドピースのトリガーを引いてない状態でもわずかに塗料が飛び出るのが購入当初からずっと気になっている。
ゴジラ 2000 ミレニアムの背びれの塗装
前回、全体のドライブラシを終え、ついに背びれの塗装に到達した 酒井ゆうじ造型工房の20cm ゴジラ 2000ミレニアムのレジンキット。ゴジラ2000ミレニアムに登場するゴジラの背びれは、特徴的なパールピンク(メタリックレッド)のデザイ...


ニードルの位置を調節しても塗料が飛んでしまう。ニードルが曲がってしまったのか、そもそも最初からノズルが歪んでいるのか。

最近GSIクレオスから新しく繊細な塗装向きのハンドピースが発売されたのもあり、1/144サイズにプラモデルにグラデーション塗装するに当たって思い切って購入↓

GSIクレオス Mr.エアブラシ カスタムグレード018 ダブルアクション ホビー用塗装用具 PS771

このハンドピースを使ってグラデーションを付けていこう。


スポンサーリンク

グラデーション塗装

普段よりもやや溶剤少なめの濃い濃度でスチールホワイトを吹く。
今まで溶剤の割合が多過ぎだったような気もする。グラデーション塗装はあんまりビシャビシャしてない方がやりやすい。

このハンドピース、トリガーを引かない状態ではちゃんと空気だけが出て塗料は出ない!これぞダブルアクションエアブラシの正しい挙動だ(笑)
ベースのグレーとスチールホワイトの境目が結構はっきりと出せるぐらい繊細な吹き方ができるぞ。

ハッキリとした感じにビビって、結局かなりぼかしてしまった。写真だとグラデーションがほとんど分からないレベル。一応、エッジやモールド付近にはグレーが残っていて、陰影が付いてるんですよ↓



吹き方としては、まずモールドが何も無い広い面積の中央部分を中心に、ハンドピースの距離を近づけて割とハッキリとした輪郭でスチールホワイトを吹く。この段階ではエッジやラインモールド付近にグレーがちゃんと残るようにハッキリと吹き分けるイメージで。
その後、ハンドピースの距離を離して吹いてグラデーション境界のボケ具合を調節する。



他のパーツのとバランスも見ながら、グレーの残し具合やグラデーションを調節する。特に、左右のパーツで大きくズレないように↓



このグラデーション塗装方法を「MAX塗り」の白立ち上げと呼んでもいいのかは正直よく分からない。
本家MAX塗りは、様々な塗料を混色した隠蔽力の強いグレーをベースにすると聞くし、グラデーションの入れ方ももっとエア圧低めでチビチビやるようだし。
今回オイラがやったのは、サーフェイサーを兼ねたグレーをベースに使ったお手軽グラデーション塗装かな。

関節や手首などのパーツは最終的に暗い色になる予定だけど、現段階ではとりあえずスチールホワイトでグラデーションを付けておいた。



全パーツにスチールホワイトを吹き終えた。写真だとほとんどグラデーションが分からん。。。







コントラストにビビって淡いグラデーションで誤魔化しちゃったけど、この上からパールを重ねるわけだから、もっとキツめに入れておいた方が良かったかもしれないな。
パールを吹いたらより一層写真ではグラデーションが分からなくなることでしょう。。。

このキットの制作記事まとめページ↓



スポンサーリンク

関連記事

バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 後ハメ加工
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の眼の塗装
ゴジラの造形
メカコレクション ウルトラホーク1号 完成!
海洋堂の20cm ガメラ ソフビキットも再販
ワンダーフェスティバル2021[冬]はWeb開催
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 耳パーツの型取り・複製 やり直し
シリコーンゴムによる型取りとレジン複製
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』口内の加工
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 完成
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
メカコレクション ジェットビートル 墨入れ・窓塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 レタッチと仕上げ
一番くじのシン・ゴジラ ソフビフィギュアが新たなカラーリングで登場
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強
『円谷英二展』で展示された初代ゴジラがソフビ化!
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼をくり抜く
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれパーツの軸打ち
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 表面処理
S.H.MonsterArts ゴジラ (2016) 発売
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 全身・腹甲のベース塗装
ワンダーフェスティバル2019[夏]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内のレタッチ
ワンダーフェスティバル2019[冬]に行ってきた
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 パーツのバリ取り・脱脂
初代ゴジラもS.H.MonsterArts化!
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 完成
ムービーモンスターシリーズ ゴジラ 2016 発売
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 眼の周りのレタッチ
S.H.Figuarts ウルトラマン シリーズ 始動!
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 ベース塗装
バンダイ HG 1/144 ガンダムバルバトス 完成
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』眼の塗装
酒井ゆうじ造形コレクションにゴジラ 2001が登場
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装
『S.H.Figuarts 仮面ライダー1号』は10月発売予定
バンダイ ミニプラ 特空機1号セブンガー 目のクリアーパーツ化

コメント