恐竜造形の指南書

オイラは何か始めようと思うと、とりあえず下調べに関連書籍を読み漁る癖がある。
逆に言うと、何かに熱中していた時期とその時読んでいた書籍が上手くリンクするので、それが読書記録になっていたりもする。

誰しも一度は自分で恐竜フィギュアを造ってみたいと思うわけですが、そんな場合にSHINZEN造形研究所竹内しんぜんさんの著書「恐竜のつくりかた」は最適なのです。



自分のスキルがこのレベルに到達するかどうかは別問題なんだけど、少なくとも、プロがどういう手順で恐竜造形を行っているかがとても丁寧に解説されている。
自分で実際にアウトプットすることを重視するなら、道具や材料についても明記されているのでとても親切でおすすめです。


スポンサーリンク


この書籍登場以前は、こちらも日本の恐竜造形の第一人者である荒木一成さんの著書ぐらいしか恐竜の作り方を記した本が無かった。





恐竜の復元の理論的なところを知りたいなら、それ専門の「恐竜の復元」という書籍もある。↓



造形ではなく、恐竜のイラストを描くならこちら。↓


スポンサーリンク

関連記事

Zウィングマグナム
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾の手直し
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 表面処理
映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観た (ネタバレ無し)
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装
DeAGOSTINI『週刊 ゴジラをつくる』創刊
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれ・眼の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれの塗装
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ウルトラマンパワードがBlu-Ray Box化!
シフトカーを改造する人達
『特撮のDNA 平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮』を見てきた
ゴジラ三昧
日本でMakersは普及するだろうか?
ゴジラ 2000 ミレニアムの背びれの塗装
ホビージャパンのムック『怪獣大進撃』が復活
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 エポキシ接着剤でパーツの接着
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
ラクガキの立体化
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼・口の周りのレタッチ
メカコレクション ウルトラホーク1号 表面処理
サンライズの勇者シリーズ30周年
読書は趣味か?
Artty Station:模型作業用のモジュール式収納システム
『帰ってきたウルトラマンの世界』展
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 表面処理 その1
続・ゴジラ2000ミレニアムの塗装
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 首パーツの接着・爪と全身のベース塗装
メカコレクション ウルトラホーク1号 マスキング・クリアーカラー塗装
マジョーラ
携帯電話ロボット『RoBoHoN(ロボホン)』
模型用塗料の収納問題
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
ふなっしーのプラモデル
ラクガキの立体化 3D出力物の表面処理
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 筆でレタッチ・全身のウォッシング
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 完成
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 表面処理
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれパーツの軸打ち
まだまだ続く空想科学読本

コメント