ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整

ここまで10時間作業したけど、どんどんペースが落ちております。。。



なるべく1週間に1回のペースで進捗を記録するつもりだったけど、先週は仕事が忙しくて触る元気すら無く、進捗ゼロ。。。始めてからもう1ヶ月経過しちゃった。
オイラの生活サイクル(主に仕事との兼ね合い)的に、「20時間は続ける」って強く意識していないと大体10時間程度で自然消滅しがちなのは分かった。

作業を再開する前にZBrushを2020.1.4へアップデートした。
引き続きDynaMeshの解像度144のままで、頬の突起の形状を整理し、今までほったらかし気味だった首回りにも大きなしわの流れのアタリぐらいは入れた。



口の中も少しずつ形状を作り込んでいる。


スポンサーリンク


そして、バランスが分かる資料が少ないおでこ(?)から頭頂部のラインは、盛っては削ってを繰り返して調整。



おでこのバランスはまだしっくりこない。
眼球のサイズを少し小さくして正面からの目つきを調節。アヴァンガメラは頭の前側(おでこ、目、クチバシ)の幅が案外狭いのかも。



スポンサーリンク

作業の振り返り

前回からの差分作業は1時間半程度でしょうか。どんどん刻んでいきますね(笑)
また作業履歴を1分の動画に書き出した↓

ZBrushでアヴァンガメラをモデリング Part 4

動画への書き出し作業中にWindows Explorerが反応しなくなったりで、余計な時間を食ってしまった。

資料が少ない部分を頭の中で想像しながらバランスを探っていると、他の部分とのバランスもおかしくなってきて混乱する。
鱗の形状を作り込むにはもう少しDynaMeshの解像度は上げないと無理そうだけど、解像度をあげるのはある程度バランスが整ってからにしないと収拾がつかないだろうな。

今週はついでに身体の方のSubToolも履歴を動画にしてみた↓

ZBrushでアヴァンガメラをモデリング 身体

身体の方はDynaMesh解像度32で、まだ形出しも全然終わっていないけど。

とにかく続けて完成まで持っていくためにまとめページを作った↓



スポンサーリンク

関連記事

PythonでBlenderのAdd-on開発
黒歴史
布地のシワの法則性
サンプルコードにも間違いはある?
ラクガキの立体化 反省
ZBrush キャラクター&クリーチャー
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
ワンダーフェスティバル2019[夏]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 表面処理
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
単純に遊びに行くのはだめなのか?
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
フルCGのウルトラマン!?
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
ZBrushのお勉強
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
Maya LTのQuick Rigを試す
MeshroomでPhotogrammetry
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 下アゴの軸打ち加工・パーツの接着
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 全身・腹甲のベース塗装
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
ZBrush 2018での作業環境を整える
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 甲羅の塗装・下アゴの接着
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
ラクガキの立体化 目標設定
iPhone欲しいなぁ
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
参考書

コメント