ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整

チビチビと進めて、ここ最近は大きな進捗が無くてもなるべくブログに途中経過を記すようにしています。



小さな違和感を見つけてはそれを潰していく作業がほとんどなので、資料と見比べている時間の方が長く、ZBrush上での操作はかなり地味。

モチベーションを保つために、深い意味も無く作り途中のモデルをGoZでMaya(Indie)に持って行って、Arnoldでレンダリングしてみた↓



Arnoldはあまり細かく設定しなくてもリアルなGIレンダリングができて楽しい。所々ポツポツと白いノイズが乗ってしまうのはどうやったら防げるんだろう。

ZBrushの画面とは別のちゃんとしたレンダラで影を落とすとだいぶ違う印象に見える。顔はかなり良い感じに仕上がっている気がするぞ。身体はまだメリハリが足りないのが分かるな。
オイラはゴールが近づくとやる気が出てくるタイプな気がするので、モデリング途中でも小まめにちゃんとしたレンダラで出力して印象を確認した方が良さそう。注力すべき箇所を間違えないためにも。


スポンサーリンク


今回は甲羅の形状をメインにいじった。
表面の細かいモールドを入れているというよりは、荒しながらラインを探っている感じ↓



腹甲のSubToolもバランスを少しいじり、尻尾のSubToolにも雑にしわを追加した。



両腕も、首のラインにつながるようしわを調整。

映画「小さき勇者たち〜ガメラ〜」劇中では背後から見たカットが無いけど、甲羅はガメラの大きなアイデンティティなのでカッコ良く仕上げたい。



脚がやたらと短いのもどうにかしないとな。





スポンサーリンク

作業の振り返り

今回も各SubToolの調整作業を1つの動画につないだ↓



Arnoldでのレンダリング結果を眺めて感じたことも踏まえて、そろそろ歯、爪、脚のトゲを別SubTool化してシャープな形状にしてメリハリを出したい。
脚のトゲについては、大きな2本の牙のように基部のアタリだけは作っておいて配置するか。甲羅や腹甲も分割ラインに沿って別SubTool化した方が良いかな。

とにかく続けて完成まで持っていくためにまとめページを作った↓
アヴァン・ガメラ
まだ作り途中…模刻の練習として、映画「小さき勇者たち ~ガメラ~」の冒頭に登場する通称アヴァンガメラをモデリング。「特撮のDNA」で撮影したレプリカヘッドの写真を参考に。ZBrushでフォームの作成、ディティールの追加まで...


スポンサーリンク

関連記事

Paul Debevec
顔のモデリング
ゴジラ(2014)のメイキング
Open Shading Language (OSL)
UnityのTransformクラスについて調べてみた
続・ゴジラ2000ミレニアムの塗装
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ZBrushでカスタムUIを設定する
ポリ男からMetaHumanを作る
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
S.H.MonsterArts ゴジラ (2016) 発売
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 甲羅の塗装・下アゴの接着
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
ZBrushトレーニング
黒歴史
ガレージキットの「やり過ぎ」の精神
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
SIGGRAPH Asia
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 腹甲・甲羅の塗装
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
ラクガキの立体化 胴体の追加
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
サンプルコードにも間違いはある?
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
Unreal Engineの薄い本
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
Adobe Photoshop CS5の新機能
デザインのリファイン再び
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
『特撮のDNA』を見てきた
この連休でZBrushの スキルアップを…
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
GODZILLAの映画PR用等身大フィギュアのメイキング記事
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
UnityでARKit2.0
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』気泡の処理 その1
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
『PIXARのひみつ展』に行ってきた

コメント