ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整

チビチビと進めて、ここ最近は大きな進捗が無くてもなるべくブログに途中経過を記すようにしています。



小さな違和感を見つけてはそれを潰していく作業がほとんどなので、資料と見比べている時間の方が長く、ZBrush上での操作はかなり地味。

モチベーションを保つために、深い意味も無く作り途中のモデルをGoZでMaya(Indie)に持って行って、Arnoldでレンダリングしてみた↓



Arnoldはあまり細かく設定しなくてもリアルなGIレンダリングができて楽しい。所々ポツポツと白いノイズが乗ってしまうのはどうやったら防げるんだろう。

ZBrushの画面とは別のちゃんとしたレンダラで影を落とすとだいぶ違う印象に見える。顔はかなり良い感じに仕上がっている気がするぞ。身体はまだメリハリが足りないのが分かるな。
オイラはゴールが近づくとやる気が出てくるタイプな気がするので、モデリング途中でも小まめにちゃんとしたレンダラで出力して印象を確認した方が良さそう。注力すべき箇所を間違えないためにも。


スポンサーリンク


今回は甲羅の形状をメインにいじった。
表面の細かいモールドを入れているというよりは、荒しながらラインを探っている感じ↓



腹甲のSubToolもバランスを少しいじり、尻尾のSubToolにも雑にしわを追加した。



両腕も、首のラインにつながるようしわを調整。

映画「小さき勇者たち〜ガメラ〜」劇中では背後から見たカットが無いけど、甲羅はガメラの大きなアイデンティティなのでカッコ良く仕上げたい。



脚がやたらと短いのもどうにかしないとな。





スポンサーリンク

作業の振り返り

今回も各SubToolの調整作業を1つの動画につないだ↓



Arnoldでのレンダリング結果を眺めて感じたことも踏まえて、そろそろ歯、爪、脚のトゲを別SubTool化してシャープな形状にしてメリハリを出したい。
脚のトゲについては、大きな2本の牙のように基部のアタリだけは作っておいて配置するか。甲羅や腹甲も分割ラインに沿って別SubTool化した方が良いかな。

とにかく続けて完成まで持っていくためにまとめページを作った↓
アヴァン・ガメラ
まだ作り途中…模刻の練習として、映画「小さき勇者たち ~ガメラ~」の冒頭に登場する通称アヴァンガメラをモデリング。「特撮のDNA」で撮影したレプリカヘッドの写真を参考に。ZBrushでフォームの作成、ディティールの追加まで...


スポンサーリンク

関連記事

Oculus Goで特撮作品を鑑賞する
Paul Debevec
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
マジョーラ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整
『特撮のDNA 平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮』を見てきた
映画『キングコング: 髑髏島の巨神』を観た
布地のシワの法則性
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
自前のShaderがおかしい件
ゴジラ三昧
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
黒歴史
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のアタリを作る
シリコーンゴムによる型取りとレジン複製
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
3DCG Meetup #4に行ってきた
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
プログラムによる景観の自動生成
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』気泡の処理 その1
SIGGRAPH ASIAのマスコット
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 甲羅の接着とパテ埋め
PS4用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-VS』をプレイした
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
Mayaのレンダリング アトリビュート
無料で使える人体3DCG作成ツール
今年も怪獣大進撃
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
映画『パシフィック・リム:アップライジング』を観た (ネタバレ無し)
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
ホビージャパンのムック『怪獣大進撃』が復活
ワンダーフェスティバル2018[夏]に行ってきた
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム

コメント