ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のバランスを探る

前回から4ヶ月以上も空いた(笑)



衝動的に作るものを増やしているので、1つ1つに触る頻度が減っている。
そうこうしているうちにプレミアムバンダイで予約していたリアルゴジハムくんフィギュアが届いた。

まだ大雑把なままの身体のSubToolを少しずつ詰めていこう。

身体の各SubToolのDynaMesh解像度は、頭部のSubToolに合わせていたのでかなり高い解像度の状態だった。まだ概形を探る段階なので、身体の各SubToolのDynaMesh解像度を64や32まで下げておおよその形状をいじる。
脚のSubToolは足首を別のSubToolへ分割、手首にはとりあえずSphereを潰しただけのSubToolを配置した↓




スポンサーリンク


何か細身になり過ぎた気もする。背びれのアタリも入れないと全体のボリューム感を把握できないな。



首から背中までのラインをつなげないとバランスを上手く捉えられないかも。後頭部ももう少し作り込んでおくか。



上半身が随分と貧弱に見える。もっと肉を盛ってマッシブした方が雰囲気が出るだろうか。


スポンサーリンク

作業の振り返り

今回、頭部は全く触らず、ひたすら身体の各SubToolをいじってバランスを探ったり、末端を別SubToolに分割したりしてた。



Quest 2での造形を確認するアプリを作り始めたのもあり、今は細部よりも全体像に目が向いている。
ZBrushで作った3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作る
先日、Oculus改めMeta Quest Proが発表された。今回はさすがに価格が高過ぎて手が出せない。Oculus Meta Quest 2を購入してからもう2年経つ。併せて購入したEliteストラップは早々に割れてしまっ...


VR上で目の前に30cmサイズのフィギュアとして表示してみると、繊細な細部のディティールよりももっと大きく深いモールドで攻めた方が効果的なのが実感できる。おそらく、フィギュア原型師の人達はそうやってディティールを上手くデフォルメして投影しているのだろう。



ZBrushからDecimation MasterでOBJファイルをエクスポートする手順ももっと短縮したいのだけど、何かGoZ的な仕組みを考えた方が良いだろうか。
そして、Meta Quest 2は目の前の模型サイズのオブジェクトに注視しづらい仕様だと気づいた。。。

まとめページ↓



スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のアタリを作る
MRenderUtil::raytrace
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 仕切り直し
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
ラクガキの立体化 反省
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 失敗箇所のレタッチ
映画『キングコング: 髑髏島の巨神』を観た
アニメ版ゴジラのフィギュア情報が続々解禁
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
小説『GODZILLA 怪獣黙示録』読了(ネタバレ無し)
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 透明化した耳パーツの加工
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
テスト
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の眼の塗装
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾を仕込む
3DCGのモデルを立体化するサービス
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
3Dグラフィックスの入門書
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
Open Shading Language (OSL)
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 側頭部のボリュームを探る
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
ラクガキの立体化 胴体の追加
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 腕の作り込み
2019年 観に行った映画振り返り
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
Houdiniのライセンスの種類

コメント