ビリケン商会 メカゴジラⅡ メタルパーツの磨き上げ

https://blog.negativemind.com/2016/01/07/billiken-shokai-mecha-godzilla-2-soft-vinyl-kit-fitting-between-eyes-and-head/

眼のクリアーパーツ化改造は一休みして、別の部分の作業を進める。
実はこのメカゴジラⅡのキット、ソフビキットではあるけど、指のミサイルパーツだけはメタル製なのです。(1本基部が折れちゃいました)

1本だけ基部が折れちゃったのだ

メタルパーツを扱うのは初めてだ。


スポンサーリンク



メタルパーツの扱いについてはこちらの書籍を参考にしました。↓

パーフェクトモデリングマニュアル―MAX渡辺のプラモ大好き! (1) (ホビージャパンMOOK (19))

模型のメタルパーツは金属と言ってもメチャクチャ硬いわけじゃなくて、カッターで削れるし、普通にヤスリがけもできる。その辺を過信して基部を折ってしまったのでした。
いつも通りデザインナイフでパーティングラインを削ることができる。

デザインナイフでバリをカンナ削りした

この書籍によると、メタルパーツは成型の都合上「タルク」と呼ばれる白い粉が付いているので、これを磨いて落としてやる必要があるらしい。このタルクってのは離形剤の役目があるようです。

スチールウールを使って表面を磨く。磨くと金属の輝きが現れる。

上が磨いたもの

同じように全部磨いてしまう。

全部磨いた

通常のメタルキットだと、表面処理して塗装するところだけど、今回は当然この金属の質感を活かした仕上げを目指しますよ。メタルプライマーを塗って、その上からクリアーカラーで陰影やウェザリングしていくかな。

【 Mr.メタルプライマー改 】 金属用下地塗料 #CMMP242/ ビン入り 40ml エッチングパーツ に絶対必要です! Mr.ホビー


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.