海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 背びれの塗装・接着

前回から身体の遮光塗装を始めた。



電飾プランを決めかねて後回しにしていた背びれと尻尾もとりあえず塗り始めることにした。
その前に、これまでの背びれの作業を記録していなかったのでここに記しておく。

だいぶ前に胴体から切り離しておいた背中パーツに、中央列の背びれだけ接着して、



エポキシパテとゼリー状瞬間接着剤を使って気泡を埋め、溶きパテで均した。




スポンサーリンク


他の背びれパーツも同様に、ソフビのバリに着いたままの状態で表面処理。



背びれの発光部分と皮膚の境界はエアブラシでぼかし塗装したいので、エアブラシ塗装しやすいように1列ごとに独立させたままにしています。

胴体側の尻尾パーツは背中と同様に背びれの基部となる部分を切り離しておいた。



こちらも背中と同様に中央列だけ背びれを接着して(写真取り忘れ)

で、全身のクリアーイエロー塗装と一緒に背びれ、尻尾にもクリアーイエローを吹いた。
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 遮光塗装
まだ背びれの電飾方法について悩んでいるけど、ウジウジしてても何も進まないので、他の箇所に手をつける。パーツの継ぎ目処理接着したパーツの継ぎ目を大雑把にエポキシパテで埋める。






その上からさらにクリアーレッドを吹き重ねた。







そして、前回と同様に、発光しない部分(皮膚)には遮光ブラックを吹いた。発光部分との境界が良い感じにボケるように、Mr.エアブラシ カスタムグレード018を使用した。







遮光ブラックが乾いたら背びれをバリから切り離して瞬間接着剤で接着。





尻尾にはテープLEDを仕込むとして、この2つのパーツの電飾には何かしら工夫が必要だ↓



さてどうしたものか。

このキットの制作記事まとめページ↓
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer.
まだ組み立て途中…酒井ゆうじ氏原型で1995年に海洋堂から発売された20cmサイズの「デスゴジ」ソフビキットの再販版 Sci-Fi MONSTER soft vinyl model kit collection ゴジラ1995 の、さら...


スポンサーリンク

関連記事

『ゴジラと特撮美術の世界展』の公式図録
第1回 ゴジラ検定を受けました
シフトカーの改造
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
ゴジラの全てがわかる博覧会『G博』
アニメーション映画『GODZILLA』
顔モデリングのチュートリアル
映画『シン・ゴジラ』のワールドプレミア イベント
GMKゴジラ完成!
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内のレタッチ
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 歯茎の境界に影を入れる
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
Oculus Goを購入!
ホビージャパンのムック『怪獣大進撃』が復活
ゴジラの日
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 完成!
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 腹甲・甲羅の塗装
ウルトラ×ライダー
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
ミニ四駆ブーム?
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 表面処理 その2
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 パーツの継ぎ目・気泡のパテ埋め
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』口内の加工
バンダイ LMHG エヴァンゲリオン初号機 表面処理
『円谷英二展』で展示された初代ゴジラがソフビ化!
エアブラシの思い出
S.H.MonsterArts ゴジラ(2016) は7月1日予約開始
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 口内の塗装
今年も怪獣大進撃
映画『ゴジラvsコング』を観てきた! (一応ネタバレ無し)
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの接着・パテ埋め
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の塗装再開
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 仮組み
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 完成
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その2・尻尾の先端の塗装
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
ゴジラ トレーディングバトル
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ウェザリング
ラクガキの立体化 塗装と破損個所の修復 そして完成
ゴジラ2000ミレニアムのつや消し仕上げ
ワンダーフェスティバル2019[夏]に行ってきた

コメント