第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』

第20回 文化庁メディア芸術祭の受賞作品展が始まった。
http://festival.j-mediaarts.jp/

今年は9月16日~9月28日まで、東京オペラシティやNTTインターコミュニケーション・センターなど、新宿で開催されている。サテライト会場も新宿の施設が多い。

サテライト開場でのトークイベント「3DCG表現と特撮の時代」を見てきた。

トーク「3DCG表現と特撮の時代

3DCGや特撮など、2つの映像作品に見られる表現技術についてそれぞれの作者から話を伺い、表現とテクノロジーの時代的変遷などを伺うトークイベント。

出演:
大屋 哲男[エンターテインメント部門大賞『シン・ゴジラ』VFXプロデューサー]
堤 大介[アニメーション部門新人賞『ムーム』]
モデレーター:氷川 竜介[アニメ・特撮研究家/明治大学大学院客員教授/元アニメーション部門審査委員]

2017年9月19日(火) 19時15分~20時45分
会場:
学校法人・専門学校 HAL東京 総合校舎コクーンタワーAホール


スポンサーリンク

会場の立地もあり、来場者の半分以上はHAL東京の学生さんだったみたい。


スポンサーリンク


トークの詳細には触れないけど、大屋氏が語った庵野監督の弁「ゴジラが登場しなくても成立するホンを書いた」という話が印象的だった。日本の予算規模の制約下で最も効果的な描き方を厳選して映像化したんだなぁ。

ムームって、CGWORLDのメイキング記事で読んだことあるけど、作品自体はどこで見れるんでしょうか?
http://www.tonkohouse.com/jp/projects/moom/



堤大介さんはよくネット記事で良く見かける。
https://wired.jp/2014/01/08/monster-university-art-director/
http://wired.jp/series/wired-audi-innovation-award/035-daisuke_tsutsumi/
https://mirai.doda.jp/series/interview/dice-tsutsumi/

Tonko Houseの本拠地はアメリカだけど、ムームは日本の会社とコラボして制作したらしい。


スポンサーリンク

関連記事

ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼をくり抜く
MB-Lab:Blenderの人体モデリングアドオン
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その1
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
adskShaderSDK
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 背びれの接着
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その2
テスト
Amazonプライム・ビデオで『仮面ライダーアマゾンズ』が配信開始
『シン・ゴジラ第4形態 雛型レプリカフィギュア』が届いた!
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 表面処理
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
ビリケン商会 メカゴジラⅡ メタルパーツの磨き上げ
ムービーモンスターシリーズ ゴジラ 2016 発売
ZBrushの練習 手のモデリング
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
スター・ウォーズ フォースの覚醒 BB-8の誕生秘話
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
ビオゴジがついにS.H.MonsterArts化!
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
4K HDR『ガメラ 大怪獣空中決戦』
アニゴジ関連情報
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
ゴジラの口の色
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
UnityでARKit2.0
『西川伸司 原画展 呉爾羅百態』に行ってきた
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
3D復元技術の情報リンク集
S.H.Figuarts ウルトラマン シリーズ 始動!
『ウルトラマンG』と『ウルトラマンパワード』のBlu-ray BOX
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
『特撮のDNA 平成ガメラ3部作』を見てきた

コメント