第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』

第20回 文化庁メディア芸術祭の受賞作品展が始まった。

文化庁メディア芸術祭は、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバルです。

今年は9月16日~9月28日まで、東京オペラシティやNTTインターコミュニケーション・センターなど、新宿で開催されている。サテライト会場も新宿の施設が多い。

サテライト開場でのトークイベント「3DCG表現と特撮の時代」を見てきた。

トーク「3DCG表現と特撮の時代

3DCGや特撮など、2つの映像作品に見られる表現技術についてそれぞれの作者から話を伺い、表現とテクノロジーの時代的変遷などを伺うトークイベント。

出演:
大屋 哲男[エンターテインメント部門大賞『シン・ゴジラ』VFXプロデューサー]
堤 大介[アニメーション部門新人賞『ムーム』]
モデレーター:氷川 竜介[アニメ・特撮研究家/明治大学大学院客員教授/元アニメーション部門審査委員]

2017年9月19日(火) 19時15分~20時45分
会場:
学校法人・専門学校 HAL東京 総合校舎コクーンタワーAホール

開場の立地もあり、来場者の半分以上はHAL東京の学生さんだったみたい。


スポンサーリンク



トークの詳細には触れないけど、大屋氏が語った庵野監督の弁「ゴジラが登場しなくても成立するホンを書いた」という話が印象的だった。日本の予算規模の制約下で最も効果的な描き方を厳選して映像化したんだなぁ。

ムームって、CGWORLDのメイキング記事で読んだことあるけど、作品自体はどこで見れるんでしょうか?
Tonko House is an animation studio based in Berkeley, California founded by directors Robert Kondo and Dice Tsutsumi



堤大介さんはよくネット記事で良く見かける。
『トイ・ストーリー3』や『モンスターズ・ユニバーシティ』など、ピクサーのヒット作に携わってきたアートディレクター堤大介。2007年に転職してから約6年働いているピクサーとは、いったいどんな職場なのか。なぜ、同社はテクノロジーとクリエーション
世界に名だたるイノヴェイティヴスタジオ、ピクサー。そこでアートディレクターを務めた日本人であり、さらにそこから独立をしつくりあげた作品が見事アカデミー賞にノミネートされたアニメーション映画監督、堤大介。彼が目指す次なる挑戦とは。
かつてはあのスティーブ・ジョブズが会長を務め、『トイ・ストーリー』『モンスターズ・インク』『ファインディング・ニモ』『カーズ』など、アカデミー賞受賞作を含む大ヒット作を次々と世に生み出してきた「ピクサー」。同社でアートディレクターとして活躍した日本人、堤大介さんに、ピクサー流の「生産性の高いチーム作り」をテーマにお話を...

Tonko Houseの本拠地はアメリカだけど、ムームは日本の会社とコラボして制作したらしい。


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.