布地のシワの法則性

資料のメモ。布の形状をスカルプトモデリングする際の法則性についての資料。

『Sculpting Fabric』by SCULPT COOKIEで、布地に表れるシワの法則性を学ぶ!

実は複雑で混乱するような布のシワですが、ある単純な法則に従って表面に現れます。基本的な3つの考え方さえ覚えておけば、応用が効くはず。


スポンサーリンク
  • Pinning
  • Bunching
  • Draping

以上!
「Pinning」は、テンションがかかる部分とリラックスする部分があるよ。
「Bunching」は、布が垂れ下がったり集まったりする部分に房が出来ますと。
「Draping」は、「Pinning」と「Bunching」の合わせ技のようなもので、覆いかぶさっている形状に引っ張られている部分とたるむ部分があるよと。


スポンサーリンク

Sculpting Fabric




スポンサーリンク

関連記事

3DCGのモデルを立体化するサービス
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
CreativeCOW.net
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
注文してた本が届いた
3Dグラフィックスの入門書
『ピクサー展』へ行ってきた
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
Physically Based Rendering
Point Cloud Utils:Pythonで3D点群・メッシュを扱うライブラリ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる
CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
ZBrush キャラクター&クリーチャー
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
ファンの力
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
PolyPaint
2012のメイキングまとめ(途中)
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
ZBrushの作業環境を見直す
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
単純に遊びに行くのはだめなのか?
UnityのAR FoundationでARKit 3
Mayaのレンダリング アトリビュート
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 側頭部のボリュームを探る
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
プログラムによる景観の自動生成
ラクガキの立体化
iPhone欲しいなぁ
ゴジラの造形
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
CGのためのディープラーニング
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
ゴジラ三昧

コメント