布地のシワの法則性

資料のメモ。布の形状をスカルプトモデリングする際の法則性についての資料。

『Sculpting Fabric』by SCULPT COOKIEで、布地に表れるシワの法則性を学ぶ!

実は複雑で混乱するような布のシワですが、ある単純な法則に従って表面に現れます。基本的な3つの考え方さえ覚えておけば、応用が効くはず。


スポンサーリンク
  • Pinning
  • Bunching
  • Draping

以上!
「Pinning」は、テンションがかかる部分とリラックスする部分があるよ。
「Bunching」は、布が垂れ下がったり集まったりする部分に房が出来ますと。
「Draping」は、「Pinning」と「Bunching」の合わせ技のようなもので、覆いかぶさっている形状に引っ張られている部分とたるむ部分があるよと。


スポンサーリンク

Sculpting Fabric




スポンサーリンク

関連記事

白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
ゴジラの造形
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
Unreal Engineの薄い本
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
CGのためのディープラーニング
立体視を試してみた
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
Vancouver Film Schoolのデモリール
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
UnityでARKit2.0
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
UnityのAR FoundationでARKit 3
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
ラクガキの立体化 胴体の追加
clearcoat Shader
CEDEC 3日目
Unreal Engine 5の情報が公開された!
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
『ピクサー展』へ行ってきた

コメント