ZBrush 2018での作業環境を整える

ZBrushでモデリングして3Dプリントフィギュアを作ってみてからそろそろ1年経つ。


CGから3Dプリント (クリミア・エンゲルス)
近年流行りの3Dプリントサービスを利用して、ZBrushでモデリングした怪人っぽいキャラクターを3Dプリントしてみた。このページは3D出力物を模型として仕上げるまでの記録。DMM.Makeの3Dプリントサービスを利用し、この3...




この時はZBrush上で角やトゲ、指みたいな細長い部分を作る操作が分からず上手くできなかった。結局3Dプリント後に一部エポキシパテで修正を加えたのでした。



そういう苦手を少しずつクリアしていくような負荷の少ない演習を自分なりに考えてみようと思う。

ただ、昔からのオイラの傾向として、単調な基礎訓練みたいなものはモチベーションが続かないことが分かっている。作業そのものにはあんまり楽しみを見出していないので、「作りたいもの」みたいな目的意識に近づいていく感覚が無いとダメなのだ。

ハードルが低くて、かつゴールがちゃんとしてないと続けられないとは難儀な性格である。


スポンサーリンク

引き続き環境設定

やっぱり操作のストレスを徹底的に排除するしかないだろうか。
ZBrush 2018になったので再び自分用にちょっと設定をカスタマイズ。


カスタムUIの設定

改めてカスタムUIを設定し直す。

以前もやった手順だけど、UIが日本語になってから、以前の英語UIの画面キャプチャがあんまり役に立たたない(笑)



改めてキャプチャしたUIを貼っておく。

UIを編集するにはまず、Preferrences(環境設定)Config(コンフィグ)Enable Customize(カスタマイズを有効化)ボタンを押してUI編集モードをONにする。



その状態で、Alt + Ctrlキーを押しながら任意のアイコンをドラッグすると、キャンバス以外の任意の場所へアイコンを配置することができる。操作を間違えても、アイコンをキャンバスへドラッグアンドドロップすれば削除できる。

UIの編集が済んだら、さっきのEnable Customize(カスタマイズを有効化)ボタンを押してUI編集モードをOFFにし、Preferrences(環境設定)Config(コンフィグ)Save Ui(UI保存)を押す。すると、カスタムUIの情報が.cfgファイルに保存できる。



現在表示しているカスタムUIを、次回ZBrushを起動した際に表示するよう設定するには、Preferrences(環境設定)Config(コンフィグ)Store Config(設定変更内容保存)を押す。



スポンサーリンク
カスタムUIで登録したブラシ

今回改めて以下18個のブラシを画面下部に登録した。

  • Standard
  • DamStandard
  • Slash3
  • Move
  • Clay
  • ClayTubes
  • ClayBuildup
  • SnakeHook
  • CurveTube
  • Inflat
  • Pinch
  • Polish
  • hPolish
  • Flatten
  • TrimDynamic
  • ClipRect
  • ClipCurve
  • SliceRect

画面下部にブラシを並べた




背面のスカルプトのOn / Off

角などの細長いパーツを作るのが上手くできなかった原因の1つとして、ブラシが裏側にある別のポリゴン面にまで影響しちゃってた問題。
それをオフにする機能がちゃんとあるのでした↓

Brush(ブラシ)Auto Masking(オートマスキング設定)BackfaceMask(背面マスク)



ボタンまでの階層が深くて操作が面倒なので、これもカスタムUI化しておこう。



ExpressKey Remoteと合わせて、これでだいぶ操作のハードルは下がったか?



今回初めてCurveTubeブラシを登録してみたのだ。田島光二氏の書籍で知ったやつ。

少しカスタマイズしたUI



ついでに、以前までShift + クリックだったDynamicのオフは、ZBrush4R8からダブルクリックへ変更になっている。
https://oakcorp.net/archives/7066

さて、次はこの環境で2時間程度で完結できる軽い演習を考えようか。
フィギュア作った時にはMakeHumanを流用してごまかしちゃった手首のモデリングとかかな。


スポンサーリンク

関連記事

人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
Vancouver Film Schoolのデモリール
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
CGのためのディープラーニング
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
ラクガキの立体化 モールドの追加
ラクガキの立体化 進捗
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
なんかすごいサイト
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
注文してた本が届いた
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
布地のシワの法則性
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
Maya 2015から標準搭載されたMILA
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
そのアプローチは帰納的か演繹的か
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
Pix2Pix:CGANによる画像変換
3D復元技術の情報リンク集
AfterEffectsプラグイン開発
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う

コメント