ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve

モデリング作業をしながら少しずつZBrushの機能を覚えていきます。前回はZRemesherという機能を試してみた。↓



前回からMeshの解像度を上げて作業してるけど、ちっともハードサーフェイスっぽくならない。

少しだけディティールを彫り込んだ

巷でZBrushによるハードサーフェイスモデリングの例として出てくるパキッとしたエッジはいったいどうやって作っているのだろうか。


スポンサーリンク


以前買ったこの書籍(積読)を引っ張り出してきてパラパラと眺めてみる。↓

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)


スポンサーリンク

Clip系のブラシ

どうやら、モデルを鋭く切り取るような操作をするClip系のブラシというものがあるようだ。MeshをどのようにClip(=切り取る)するかによっていくつか種類があるらしい。今回は曲線で切り取るClipCurveを使ってみる。

ClipCurve

まずは地味な部分で試す。マスクの下側の、首の部分をClipしてみる。

Clip前

参考書によると、Ctrl + Shiftを押しながらドラッグすると破線が表示されて、ドロップするとClipが実行されるらしい。
ドラッグを始めたらCtrl + Shiftは離して良い。
ドラッグ中にAltを押すとカーブを曲げるためのアンカーポイントが作成され、滑らかな曲線を描くことができる。
ということで、下側をClip↓

Cilp後

ああ、これだ、良く見かけるハードサーフェイスモデリングっぽいエッジは。↓

Clipの断面

とはいえ、Clipでヘルメットのような曲面が作れそうな気がしない。。。

ちょっと全体のバランスを整えたら、もう少しハードサーフェイスモデリングの手順を調べてみよう。

バランスを整える

バランスを整える(正面)

良いチュートリアルは無いものか。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrush 2018での作業環境を整える
ZBrushの作業環境を見直す
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
デザインのリファイン再び
大人用変身ベルト『仮面ライダーディケイド ディケイドライバー』
Pix2Pix:CGANによる画像変換
adskShaderSDK
マジョーラ
『S.H.Figuarts 仮面ライダー3号』が発売された
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
ラクガキの立体化 目標設定
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
注文してた本が届いた
ジュラシック・パークのメイキング
シフトカーを改造してラジコン化する人達
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
ZBrush キャラクター&クリーチャー
仮面ライダーの玩具
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
UnityのGlobal Illumination
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
この連休でZBrushの スキルアップを…
AfterEffectsプラグイン開発
『S.H.Figuarts 仮面ライダー1号』は10月発売予定
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
S.H.Figuarts 仮面ライダーアマゾンズ
clearcoat Shader
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
映画『パワーレンジャー』スーツのメイキング

コメント