ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve

モデリング作業をしながら少しずつZBrushの機能を覚えていきます。前回はZRemesherという機能を試してみた。↓



前回からMeshの解像度を上げて作業してるけど、ちっともハードサーフェイスっぽくならない。

少しだけディティールを彫り込んだ

巷でZBrushによるハードサーフェイスモデリングの例として出てくるパキッとしたエッジはいったいどうやって作っているのだろうか。


スポンサーリンク


以前買ったこの書籍(積読)を引っ張り出してきてパラパラと眺めてみる。↓

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)


スポンサーリンク

Clip系のブラシ

どうやら、モデルを鋭く切り取るような操作をするClip系のブラシというものがあるようだ。MeshをどのようにClip(=切り取る)するかによっていくつか種類があるらしい。今回は曲線で切り取るClipCurveを使ってみる。

ClipCurve

まずは地味な部分で試す。マスクの下側の、首の部分をClipしてみる。

Clip前

参考書によると、Ctrl + Shiftを押しながらドラッグすると破線が表示されて、ドロップするとClipが実行されるらしい。
ドラッグを始めたらCtrl + Shiftは離して良い。
ドラッグ中にAltを押すとカーブを曲げるためのアンカーポイントが作成され、滑らかな曲線を描くことができる。
ということで、下側をClip↓

Cilp後

ああ、これだ、良く見かけるハードサーフェイスモデリングっぽいエッジは。↓

Clipの断面

とはいえ、Clipでヘルメットのような曲面が作れそうな気がしない。。。

ちょっと全体のバランスを整えたら、もう少しハードサーフェイスモデリングの手順を調べてみよう。

バランスを整える

バランスを整える(正面)

良いチュートリアルは無いものか。


スポンサーリンク

関連記事

法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
フルCGのウルトラマン!?
ZBrushの作業環境を見直す
Amazonプライム・ビデオで『仮面ライダーアマゾンズ』が配信開始
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
プログラムによる景観の自動生成
UnityでARKit2.0
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
ZScript
MRenderUtil::raytrace
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
iPhone欲しいなぁ
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
チョロQ(Q-eyes)を分解してシフトカーに組み込めるか?
ZBrushトレーニング
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushのUV MasterでUV展開
HD画質の無駄遣い
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
アニゴジ関連情報
3D復元技術の情報リンク集
まだまだ続く空想科学読本
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Blender 2.8がついに正式リリース!
Blenderでよく使うaddon
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
この本読むよ
マジョーラ
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
仮面ライダークウガ 20周年
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
S.H.Figuarts 仮面ライダーアマゾンズ
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
ファンの力

コメント