ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve

モデリング作業をしながら少しずつZBrushの機能を覚えていきます。前回はZRemesherという機能を試してみた。↓



前回からMeshの解像度を上げて作業してるけど、ちっともハードサーフェイスっぽくならない。

少しだけディティールを彫り込んだ

巷でZBrushによるハードサーフェイスモデリングの例として出てくるパキッとしたエッジはいったいどうやって作っているのだろうか。


スポンサーリンク


以前買ったこの書籍(積読)を引っ張り出してきてパラパラと眺めてみる。↓

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)


スポンサーリンク

Clip系のブラシ

どうやら、モデルを鋭く切り取るような操作をするClip系のブラシというものがあるようだ。MeshをどのようにClip(=切り取る)するかによっていくつか種類があるらしい。今回は曲線で切り取るClipCurveを使ってみる。

ClipCurve

まずは地味な部分で試す。マスクの下側の、首の部分をClipしてみる。

Clip前

参考書によると、Ctrl + Shiftを押しながらドラッグすると破線が表示されて、ドロップするとClipが実行されるらしい。
ドラッグを始めたらCtrl + Shiftは離して良い。
ドラッグ中にAltを押すとカーブを曲げるためのアンカーポイントが作成され、滑らかな曲線を描くことができる。
ということで、下側をClip↓

Cilp後

ああ、これだ、良く見かけるハードサーフェイスモデリングっぽいエッジは。↓

Clipの断面

とはいえ、Clipでヘルメットのような曲面が作れそうな気がしない。。。

ちょっと全体のバランスを整えたら、もう少しハードサーフェイスモデリングの手順を調べてみよう。

バランスを整える

バランスを整える(正面)

良いチュートリアルは無いものか。


スポンサーリンク

関連記事

Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
ラクガキの立体化 目標設定
ドリフトパッケージナノとシフトカー
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
MFnDataとMFnAttribute
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
Open Shading Language (OSL)
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
色んな三面図があるサイト
タダでRenderManを体験する方法
ZBrush 4R8 リリース!
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
『S.H.Figuarts 仮面ライダー3号』が発売された
clearcoat Shader
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
iPhone欲しいなぁ
ゴジラの造形
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
Mayaのシェーディングノードの区分
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
Unityの薄い本
2012のメイキングまとめ(途中)
HD画質の無駄遣い その2
生物の骨格
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
布のモデリング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
Unreal Engine 5の情報が公開された!
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
劇場版『仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング』を観た (ネタバレ無し)
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
なりきり玩具と未来のガジェット

コメント