ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve

モデリング作業をしながら少しずつZBrushの機能を覚えていきます。前回はZRemesherという機能を試してみた。↓



前回からMeshの解像度を上げて作業してるけど、ちっともハードサーフェイスっぽくならない。

少しだけディティールを彫り込んだ

巷でZBrushによるハードサーフェイスモデリングの例として出てくるパキッとしたエッジはいったいどうやって作っているのだろうか。


スポンサーリンク


以前買ったこの書籍(積読)を引っ張り出してきてパラパラと眺めてみる。↓

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)


スポンサーリンク

Clip系のブラシ

どうやら、モデルを鋭く切り取るような操作をするClip系のブラシというものがあるようだ。MeshをどのようにClip(=切り取る)するかによっていくつか種類があるらしい。今回は曲線で切り取るClipCurveを使ってみる。

ClipCurve

まずは地味な部分で試す。マスクの下側の、首の部分をClipしてみる。

Clip前

参考書によると、Ctrl + Shiftを押しながらドラッグすると破線が表示されて、ドロップするとClipが実行されるらしい。
ドラッグを始めたらCtrl + Shiftは離して良い。
ドラッグ中にAltを押すとカーブを曲げるためのアンカーポイントが作成され、滑らかな曲線を描くことができる。
ということで、下側をClip↓

Cilp後

ああ、これだ、良く見かけるハードサーフェイスモデリングっぽいエッジは。↓

Clipの断面

とはいえ、Clipでヘルメットのような曲面が作れそうな気がしない。。。

ちょっと全体のバランスを整えたら、もう少しハードサーフェイスモデリングの手順を調べてみよう。

バランスを整える

バランスを整える(正面)

良いチュートリアルは無いものか。


スポンサーリンク

関連記事

ゴジラ三昧
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
ZBrushトレーニング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下半身のバランス調整
ZBrushの練習 手のモデリング
デザインのリファイン再び
Polyscope:3Dデータ操作用GUIライブラリ
Blenderでよく使うaddon
CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
ラクガキの立体化 目標設定
3DCG Meetup #4に行ってきた
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
小説『仮面ライダーエグゼイド ~マイティノベルX~』読了
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
タダでRenderManを体験する方法
Raytracing Wiki
Pix2Pix:CGANによる画像変換
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
仮面ライダーアマゾンズの主題歌『Armour Zone(Full Version)』が6月17日先行...
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
劇場版『仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング』を観た (ネタバレ無し)
仮面ライダークウガ 20周年
2018年 観に行った映画振り返り
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
Physically Based Rendering
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
SIGGRAPH ASIAのマスコット
日本でMakersは普及するだろうか?
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
顔のモデリング
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』

コメント