ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve

モデリング作業をしながら少しずつZBrushの機能を覚えていきます。前回はZRemesherという機能を試してみた。↓



前回からMeshの解像度を上げて作業してるけど、ちっともハードサーフェイスっぽくならない。

少しだけディティールを彫り込んだ

巷でZBrushによるハードサーフェイスモデリングの例として出てくるパキッとしたエッジはいったいどうやって作っているのだろうか。


スポンサーリンク


以前買ったこの書籍(積読)を引っ張り出してきてパラパラと眺めてみる。↓

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)


スポンサーリンク

Clip系のブラシ

どうやら、モデルを鋭く切り取るような操作をするClip系のブラシというものがあるようだ。MeshをどのようにClip(=切り取る)するかによっていくつか種類があるらしい。今回は曲線で切り取るClipCurveを使ってみる。

ClipCurve

まずは地味な部分で試す。マスクの下側の、首の部分をClipしてみる。

Clip前

参考書によると、Ctrl + Shiftを押しながらドラッグすると破線が表示されて、ドロップするとClipが実行されるらしい。
ドラッグを始めたらCtrl + Shiftは離して良い。
ドラッグ中にAltを押すとカーブを曲げるためのアンカーポイントが作成され、滑らかな曲線を描くことができる。
ということで、下側をClip↓

Cilp後

ああ、これだ、良く見かけるハードサーフェイスモデリングっぽいエッジは。↓

Clipの断面

とはいえ、Clipでヘルメットのような曲面が作れそうな気がしない。。。

ちょっと全体のバランスを整えたら、もう少しハードサーフェイスモデリングの手順を調べてみよう。

バランスを整える

バランスを整える(正面)

良いチュートリアルは無いものか。


スポンサーリンク

関連記事

Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
デザインのリファイン再び
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
生物の骨格
日本でMakersは普及するだろうか?
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
『魂ネイション2015』に行ってきた
Blender 2.8がついに正式リリース!
SIGGRAPH Asia
2019年 観に行った映画振り返り
ZBrushのお勉強
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
布のモデリング
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
ウルトラ×ライダー
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
Raytracing Wiki
海外ドラマのChromaKey
テスト
ZBrushのUV MasterでUV展開
劇場版 『仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』を観た
3D復元技術の情報リンク集
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
Pix2Pix:CGANによる画像変換
ZBrushのZScript入門
Oculus Goで特撮作品を鑑賞する
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushで手首のモデリングをリファイン

コメント