ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve

モデリング作業をしながら少しずつZBrushの機能を覚えていきます。前回はZRemesherという機能を試してみた。↓



前回からMeshの解像度を上げて作業してるけど、ちっともハードサーフェイスっぽくならない。

少しだけディティールを彫り込んだ

巷でZBrushによるハードサーフェイスモデリングの例として出てくるパキッとしたエッジはいったいどうやって作っているのだろうか。


スポンサーリンク


以前買ったこの書籍(積読)を引っ張り出してきてパラパラと眺めてみる。↓

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)


スポンサーリンク

Clip系のブラシ

どうやら、モデルを鋭く切り取るような操作をするClip系のブラシというものがあるようだ。MeshをどのようにClip(=切り取る)するかによっていくつか種類があるらしい。今回は曲線で切り取るClipCurveを使ってみる。

ClipCurve

まずは地味な部分で試す。マスクの下側の、首の部分をClipしてみる。

Clip前

参考書によると、Ctrl + Shiftを押しながらドラッグすると破線が表示されて、ドロップするとClipが実行されるらしい。
ドラッグを始めたらCtrl + Shiftは離して良い。
ドラッグ中にAltを押すとカーブを曲げるためのアンカーポイントが作成され、滑らかな曲線を描くことができる。
ということで、下側をClip↓

Cilp後

ああ、これだ、良く見かけるハードサーフェイスモデリングっぽいエッジは。↓

Clipの断面

とはいえ、Clipでヘルメットのような曲面が作れそうな気がしない。。。

ちょっと全体のバランスを整えたら、もう少しハードサーフェイスモデリングの手順を調べてみよう。

バランスを整える

バランスを整える(正面)

良いチュートリアルは無いものか。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrush キャラクター&クリーチャー
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
変身ベルト
天体写真の3D動画
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
UnityでLight Shaftを表現する
ファンの力
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
Mayaのレンダリング アトリビュート
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
SIGGRAPH Asia
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
ゴジラの造形
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
なんかすごいサイト
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
チョロQ(Q-eyes)を分解してシフトカーに組み込めるか?
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
サンプルコードにも間違いはある?
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
劇場版 『仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』を観た
UnityでPoint Cloudを表示する方法
仮面ライダーの玩具
ラクガキの立体化
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
クライマックスヒーローズ
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
シフトカーを改造する人達
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset

コメント