ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve

モデリング作業をしながら少しずつZBrushの機能を覚えていきます。前回はZRemesherという機能を試してみた。↓



前回からMeshの解像度を上げて作業してるけど、ちっともハードサーフェイスっぽくならない。

少しだけディティールを彫り込んだ

巷でZBrushによるハードサーフェイスモデリングの例として出てくるパキッとしたエッジはいったいどうやって作っているのだろうか。


スポンサーリンク


以前買ったこの書籍(積読)を引っ張り出してきてパラパラと眺めてみる。↓

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)


スポンサーリンク

Clip系のブラシ

どうやら、モデルを鋭く切り取るような操作をするClip系のブラシというものがあるようだ。MeshをどのようにClip(=切り取る)するかによっていくつか種類があるらしい。今回は曲線で切り取るClipCurveを使ってみる。

ClipCurve

まずは地味な部分で試す。マスクの下側の、首の部分をClipしてみる。

Clip前

参考書によると、Ctrl + Shiftを押しながらドラッグすると破線が表示されて、ドロップするとClipが実行されるらしい。
ドラッグを始めたらCtrl + Shiftは離して良い。
ドラッグ中にAltを押すとカーブを曲げるためのアンカーポイントが作成され、滑らかな曲線を描くことができる。
ということで、下側をClip↓

Cilp後

ああ、これだ、良く見かけるハードサーフェイスモデリングっぽいエッジは。↓

Clipの断面

とはいえ、Clipでヘルメットのような曲面が作れそうな気がしない。。。

ちょっと全体のバランスを整えたら、もう少しハードサーフェイスモデリングの手順を調べてみよう。

バランスを整える

バランスを整える(正面)

良いチュートリアルは無いものか。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
OpenMayaのPhongShaderクラス
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
立体視を試してみた
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 首回りの修正・脚の作り込み
CGのためのディープラーニング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
Oculus Goを購入!
MFnMeshクラスのsplit関数
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整
Mayaのレンダリング アトリビュート
UnityでPoint Cloudを表示する方法
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
ぼくたちのトクサツ!
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
マジョーラ
劇場版『仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング』を観た (ネタバレ無し)
仮面ライダーバトライド・ウォー
ZBrush 4R7
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
ZBrush キャラクター&クリーチャー
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
2017年 観に行った映画振り返り
仮面ライダーアマゾンズ
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のSubToolを分割
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 側頭部のボリュームを探る

コメント