ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve

モデリング作業をしながら少しずつZBrushの機能を覚えていきます。前回はZRemesherという機能を試してみた。↓



前回からMeshの解像度を上げて作業してるけど、ちっともハードサーフェイスっぽくならない。

少しだけディティールを彫り込んだ

巷でZBrushによるハードサーフェイスモデリングの例として出てくるパキッとしたエッジはいったいどうやって作っているのだろうか。


スポンサーリンク


以前買ったこの書籍(積読)を引っ張り出してきてパラパラと眺めてみる。↓

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)


スポンサーリンク

Clip系のブラシ

どうやら、モデルを鋭く切り取るような操作をするClip系のブラシというものがあるようだ。MeshをどのようにClip(=切り取る)するかによっていくつか種類があるらしい。今回は曲線で切り取るClipCurveを使ってみる。

ClipCurve

まずは地味な部分で試す。マスクの下側の、首の部分をClipしてみる。

Clip前

参考書によると、Ctrl + Shiftを押しながらドラッグすると破線が表示されて、ドロップするとClipが実行されるらしい。
ドラッグを始めたらCtrl + Shiftは離して良い。
ドラッグ中にAltを押すとカーブを曲げるためのアンカーポイントが作成され、滑らかな曲線を描くことができる。
ということで、下側をClip↓

Cilp後

ああ、これだ、良く見かけるハードサーフェイスモデリングっぽいエッジは。↓

Clipの断面

とはいえ、Clipでヘルメットのような曲面が作れそうな気がしない。。。

ちょっと全体のバランスを整えたら、もう少しハードサーフェイスモデリングの手順を調べてみよう。

バランスを整える

バランスを整える(正面)

良いチュートリアルは無いものか。


スポンサーリンク

関連記事

Unityで360度ステレオVR動画を作る
Unite 2014の動画
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
仮面ライダーの玩具
ZBrushCore
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
ゴジラ三昧
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
UnityのTransformクラスについて調べてみた
素敵なパーティクル
ラクガキの立体化 胴体の追加
無料で使える人体3DCG作成ツール
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
シフトカーを改造する人達
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
色んな三面図があるサイト
『魂ネイション2015』に行ってきた
S.H.Figuarts 仮面ライダーアマゾンズ
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
3Dグラフィックスの入門書
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
『仮面ライダーBLACK SUN』のティザービジュアルが公開された!
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
ZBrush 4R7
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
プログラムによる景観の自動生成
変身ベルト
Oculus Goを購入!
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
大人の知識で玩具の改造
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
Maya API Reference
WebGL開発に関する情報が充実してきている
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
ジュラシック・パークのメイキング

コメント