ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve

モデリング作業をしながら少しずつZBrushの機能を覚えていきます。前回はZRemesherという機能を試してみた。↓



前回からMeshの解像度を上げて作業してるけど、ちっともハードサーフェイスっぽくならない。

少しだけディティールを彫り込んだ

巷でZBrushによるハードサーフェイスモデリングの例として出てくるパキッとしたエッジはいったいどうやって作っているのだろうか。


スポンサーリンク


以前買ったこの書籍(積読)を引っ張り出してきてパラパラと眺めてみる。↓

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)


スポンサーリンク

Clip系のブラシ

どうやら、モデルを鋭く切り取るような操作をするClip系のブラシというものがあるようだ。MeshをどのようにClip(=切り取る)するかによっていくつか種類があるらしい。今回は曲線で切り取るClipCurveを使ってみる。

ClipCurve

まずは地味な部分で試す。マスクの下側の、首の部分をClipしてみる。

Clip前

参考書によると、Ctrl + Shiftを押しながらドラッグすると破線が表示されて、ドロップするとClipが実行されるらしい。
ドラッグを始めたらCtrl + Shiftは離して良い。
ドラッグ中にAltを押すとカーブを曲げるためのアンカーポイントが作成され、滑らかな曲線を描くことができる。
ということで、下側をClip↓

Cilp後

ああ、これだ、良く見かけるハードサーフェイスモデリングっぽいエッジは。↓

Clipの断面

とはいえ、Clipでヘルメットのような曲面が作れそうな気がしない。。。

ちょっと全体のバランスを整えたら、もう少しハードサーフェイスモデリングの手順を調べてみよう。

バランスを整える

バランスを整える(正面)

良いチュートリアルは無いものか。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
Open Shading Language (OSL)
ZBrushでカスタムUIを設定する
仮面ライダーバトライド・ウォー
CreativeCOW.net
ZBrushのお勉強
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
3DCGのモデルを立体化するサービス
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
Maya API Reference
大人用変身ベルト『仮面ライダーディケイド ディケイドライバー』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
マイケル・ベイの動画の感覚
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
布地のシワの法則性
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
Ambient Occlusionを解析的に求める
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
ZBrush 4R8 リリース!
布のモデリング
NICOGRAPHって有名?
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
ラクガキの立体化 進捗
最近のフィギュアの製造工程
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
『Deep Fluids』流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
ジュラシック・パークのメイキング
この連休でZBrushの スキルアップを…
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』

コメント