ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve

モデリング作業をしながら少しずつZBrushの機能を覚えていきます。前回はZRemesherという機能を試してみた。↓



前回からMeshの解像度を上げて作業してるけど、ちっともハードサーフェイスっぽくならない。

少しだけディティールを彫り込んだ

巷でZBrushによるハードサーフェイスモデリングの例として出てくるパキッとしたエッジはいったいどうやって作っているのだろうか。


スポンサーリンク


以前買ったこの書籍(積読)を引っ張り出してきてパラパラと眺めてみる。↓

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)


スポンサーリンク

Clip系のブラシ

どうやら、モデルを鋭く切り取るような操作をするClip系のブラシというものがあるようだ。MeshをどのようにClip(=切り取る)するかによっていくつか種類があるらしい。今回は曲線で切り取るClipCurveを使ってみる。

ClipCurve

まずは地味な部分で試す。マスクの下側の、首の部分をClipしてみる。

Clip前

参考書によると、Ctrl + Shiftを押しながらドラッグすると破線が表示されて、ドロップするとClipが実行されるらしい。
ドラッグを始めたらCtrl + Shiftは離して良い。
ドラッグ中にAltを押すとカーブを曲げるためのアンカーポイントが作成され、滑らかな曲線を描くことができる。
ということで、下側をClip↓

Cilp後

ああ、これだ、良く見かけるハードサーフェイスモデリングっぽいエッジは。↓

Clipの断面

とはいえ、Clipでヘルメットのような曲面が作れそうな気がしない。。。

ちょっと全体のバランスを整えたら、もう少しハードサーフェイスモデリングの手順を調べてみよう。

バランスを整える

バランスを整える(正面)

良いチュートリアルは無いものか。


スポンサーリンク

関連記事

fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
ラクガキの立体化 胴体の追加
Unityで360度ステレオVR動画を作る
ジュラシック・パークのメイキング
立体視を試してみた
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
Pix2Pix:CGANによる画像変換
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
仮面ライダーバトライド・ウォー
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
CGのためのディープラーニング
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
ZBrushの作業環境を見直す
顔モデリングのチュートリアル
Unityの薄い本
ガメラ生誕50周年
フルCGのウルトラマン!?
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
clearcoat Shader
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
NICOGRAPHって有名?
シフトカーの改造
Unreal Engineの薄い本
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
ZBrushで基本となるブラシ
布地のシワの法則性
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
2018年 観に行った映画振り返り
ラクガキの立体化
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)

コメント