ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve

モデリング作業をしながら少しずつZBrushの機能を覚えていきます。前回はZRemesherという機能を試してみた。↓



前回からMeshの解像度を上げて作業してるけど、ちっともハードサーフェイスっぽくならない。

少しだけディティールを彫り込んだ

巷でZBrushによるハードサーフェイスモデリングの例として出てくるパキッとしたエッジはいったいどうやって作っているのだろうか。


スポンサーリンク


以前買ったこの書籍(積読)を引っ張り出してきてパラパラと眺めてみる。↓

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)


スポンサーリンク

Clip系のブラシ

どうやら、モデルを鋭く切り取るような操作をするClip系のブラシというものがあるようだ。MeshをどのようにClip(=切り取る)するかによっていくつか種類があるらしい。今回は曲線で切り取るClipCurveを使ってみる。

ClipCurve

まずは地味な部分で試す。マスクの下側の、首の部分をClipしてみる。

Clip前

参考書によると、Ctrl + Shiftを押しながらドラッグすると破線が表示されて、ドロップするとClipが実行されるらしい。
ドラッグを始めたらCtrl + Shiftは離して良い。
ドラッグ中にAltを押すとカーブを曲げるためのアンカーポイントが作成され、滑らかな曲線を描くことができる。
ということで、下側をClip↓

Cilp後

ああ、これだ、良く見かけるハードサーフェイスモデリングっぽいエッジは。↓

Clipの断面

とはいえ、Clipでヘルメットのような曲面が作れそうな気がしない。。。

ちょっと全体のバランスを整えたら、もう少しハードサーフェイスモデリングの手順を調べてみよう。

バランスを整える

バランスを整える(正面)

良いチュートリアルは無いものか。


スポンサーリンク

関連記事

2018年 観に行った映画振り返り
Physically Based Rendering
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
自前Shaderの件 解決しました
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
仮面ライダーアギト 20周年
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
ZBrush 4R8 リリース!
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
映画『シン・仮面ライダー』のデザインとキャストが発表されたぞ!
小説『仮面ライダーエグゼイド ~マイティノベルX~』読了
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
MFnMeshクラスのsplit関数
Vancouver Film Schoolのデモリール
『仮面ライダーBLACK SUN』のティザービジュアルが公開された!
『魂ネイション2015』に行ってきた
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
注文してた本が届いた
Unite 2014の動画
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
生物の骨格
プログラムによる景観の自動生成
立体視を試してみた
2017年 観に行った映画振り返り
Mayaのシェーディングノードの区分
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
HD画質の無駄遣い その2
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
仮面ライダーアマゾンズ Season 2

コメント