ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve

モデリング作業をしながら少しずつZBrushの機能を覚えていきます。前回はZRemesherという機能を試してみた。↓



前回からMeshの解像度を上げて作業してるけど、ちっともハードサーフェイスっぽくならない。

少しだけディティールを彫り込んだ

巷でZBrushによるハードサーフェイスモデリングの例として出てくるパキッとしたエッジはいったいどうやって作っているのだろうか。


スポンサーリンク


以前買ったこの書籍(積読)を引っ張り出してきてパラパラと眺めてみる。↓

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)


スポンサーリンク

Clip系のブラシ

どうやら、モデルを鋭く切り取るような操作をするClip系のブラシというものがあるようだ。MeshをどのようにClip(=切り取る)するかによっていくつか種類があるらしい。今回は曲線で切り取るClipCurveを使ってみる。

ClipCurve

まずは地味な部分で試す。マスクの下側の、首の部分をClipしてみる。

Clip前

参考書によると、Ctrl + Shiftを押しながらドラッグすると破線が表示されて、ドロップするとClipが実行されるらしい。
ドラッグを始めたらCtrl + Shiftは離して良い。
ドラッグ中にAltを押すとカーブを曲げるためのアンカーポイントが作成され、滑らかな曲線を描くことができる。
ということで、下側をClip↓

Cilp後

ああ、これだ、良く見かけるハードサーフェイスモデリングっぽいエッジは。↓

Clipの断面

とはいえ、Clipでヘルメットのような曲面が作れそうな気がしない。。。

ちょっと全体のバランスを整えたら、もう少しハードサーフェイスモデリングの手順を調べてみよう。

バランスを整える

バランスを整える(正面)

良いチュートリアルは無いものか。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
タマムシっぽい質感
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
OpenMayaのPhongShaderクラス
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Houdiniのライセンスの種類
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
小説『仮面ライダーエグゼイド ~マイティノベルX~』読了
3DCGのモデルを立体化するサービス
『魂ネイション2015』に行ってきた
ZBrushの作業環境を見直す
マイケル・ベイの動画の感覚
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
ZBrushでカスタムUIを設定する
クライマックスヒーローズ
生物の骨格
Oculus Goで特撮作品を鑑賞する
MRenderUtil::raytrace
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
adskShaderSDK
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
ラクガキの立体化 進捗
布のモデリング
色んな三面図があるサイト
シフトカーの改造
UnityのAR FoundationでARKit 3
立体視を試してみた
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
変身ベルト
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
映画『仮面ライダー1号』を観て来た(ネタバレあり)
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
顔モデリングのチュートリアル
リアルタイムシェーディング技術とその周辺技術をあつかうサイト
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
iPhone欲しいなぁ

コメント