ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve

モデリング作業をしながら少しずつZBrushの機能を覚えていきます。前回はZRemesherという機能を試してみた。↓



前回からMeshの解像度を上げて作業してるけど、ちっともハードサーフェイスっぽくならない。

少しだけディティールを彫り込んだ

巷でZBrushによるハードサーフェイスモデリングの例として出てくるパキッとしたエッジはいったいどうやって作っているのだろうか。


スポンサーリンク


以前買ったこの書籍(積読)を引っ張り出してきてパラパラと眺めてみる。↓

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)


スポンサーリンク

Clip系のブラシ

どうやら、モデルを鋭く切り取るような操作をするClip系のブラシというものがあるようだ。MeshをどのようにClip(=切り取る)するかによっていくつか種類があるらしい。今回は曲線で切り取るClipCurveを使ってみる。

ClipCurve

まずは地味な部分で試す。マスクの下側の、首の部分をClipしてみる。

Clip前

参考書によると、Ctrl + Shiftを押しながらドラッグすると破線が表示されて、ドロップするとClipが実行されるらしい。
ドラッグを始めたらCtrl + Shiftは離して良い。
ドラッグ中にAltを押すとカーブを曲げるためのアンカーポイントが作成され、滑らかな曲線を描くことができる。
ということで、下側をClip↓

Cilp後

ああ、これだ、良く見かけるハードサーフェイスモデリングっぽいエッジは。↓

Clipの断面

とはいえ、Clipでヘルメットのような曲面が作れそうな気がしない。。。

ちょっと全体のバランスを整えたら、もう少しハードサーフェイスモデリングの手順を調べてみよう。

バランスを整える

バランスを整える(正面)

良いチュートリアルは無いものか。


スポンサーリンク

関連記事

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
Polyscope:3Dデータ操作用GUIライブラリ
ウルトラ×ライダー
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
Mayaのシェーディングノードの区分
仮面ライダー4号の最終話を観た
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
ZBrushで基本となるブラシ
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
仮面ライダーアマゾンズ
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
ファンの力
2023年 観に行った映画振り返り
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のバランスを探る
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
3DCG Meetup #4に行ってきた
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
映画『シン・ウルトラマン』 メイキング記事まとめ
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
ポリ男からMetaHumanを作る
ZBrushトレーニング
フルCGのウルトラマン!?
MFnMeshクラスのsplit関数
2017年 観に行った映画振り返り
HD画質の無駄遣い その2
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
Maya 2015から標準搭載されたMILA

コメント