ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve

モデリング作業をしながら少しずつZBrushの機能を覚えていきます。前回はZRemesherという機能を試してみた。↓



前回からMeshの解像度を上げて作業してるけど、ちっともハードサーフェイスっぽくならない。

少しだけディティールを彫り込んだ

巷でZBrushによるハードサーフェイスモデリングの例として出てくるパキッとしたエッジはいったいどうやって作っているのだろうか。


スポンサーリンク


以前買ったこの書籍(積読)を引っ張り出してきてパラパラと眺めてみる。↓

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)


スポンサーリンク

Clip系のブラシ

どうやら、モデルを鋭く切り取るような操作をするClip系のブラシというものがあるようだ。MeshをどのようにClip(=切り取る)するかによっていくつか種類があるらしい。今回は曲線で切り取るClipCurveを使ってみる。

ClipCurve

まずは地味な部分で試す。マスクの下側の、首の部分をClipしてみる。

Clip前

参考書によると、Ctrl + Shiftを押しながらドラッグすると破線が表示されて、ドロップするとClipが実行されるらしい。
ドラッグを始めたらCtrl + Shiftは離して良い。
ドラッグ中にAltを押すとカーブを曲げるためのアンカーポイントが作成され、滑らかな曲線を描くことができる。
ということで、下側をClip↓

Cilp後

ああ、これだ、良く見かけるハードサーフェイスモデリングっぽいエッジは。↓

Clipの断面

とはいえ、Clipでヘルメットのような曲面が作れそうな気がしない。。。

ちょっと全体のバランスを整えたら、もう少しハードサーフェイスモデリングの手順を調べてみよう。

バランスを整える

バランスを整える(正面)

良いチュートリアルは無いものか。


スポンサーリンク

関連記事

Subsurface scatteringの動画
2020年 観に行った映画振り返り
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
Blender 2.8がついに正式リリース!
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
ファンの力
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
Mayaのレンダリング アトリビュート
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
なんかすごいサイト
仮面ライダー4号
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整
ZScript
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
adskShaderSDK
小説『仮面ライダーエグゼイド ~マイティノベルX~』読了
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
仮面ライダーあつめ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
この本読むよ
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
布地のシワの法則性
Unityで360度ステレオVR動画を作る
Oculus Goを購入!
おのれディケイド
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
Amazonプライム・ビデオで『仮面ライダーアマゾンズ』が配信開始
ZBrushのお勉強

コメント