BlenderのRigifyでリギング

さて、やっとBlenderでリギングする段階まで来た。(はず)





リギングについて、Blender公式の動画チュートリアルを見てみよう↓

Rigging Intro – Blender 2.80 Fundamentals

って、リギングとは何か、リギングでやることは何か、っていう概要だけか。


スポンサーリンク


さらにこちらの動画ではBlenderでのBoneの仕組みについて解説している↓

Armatures – Blender 2.80 Fundamentals

BlenderではskeletonのことをArmatureと呼ぶのね。そういえばストップモーションアニメーションに使う人形の骨格もArmatureと呼びますね。

こちらの書籍の315ページのPart6からがキャラクター・セットアップ編なので、最初はこっちを参考にしようと思ったんだけど↓

Blender 2.8 3DCG スーパーテクニック

少し調べたら、Blenderにはこの書籍では紹介されていないRigifyというリギングアドオンが標準でバンドルされているらしい。

Rigifyを使う

Rigfyの使い方は、基本的にこちらの動画に従えば大丈夫そう↓

Character Rigging – Blender 2.80 Fundamentals

ちなみに、Blender公式のチュートリアル動画は、有志による非公式の日本語版もある。

プリファレンスのアドオンからRigfyを有効にする↓



Rigfyを有効にすると、AddArmatureからHuman(Meta-Rig)を選べるようになる↓



スポンサーリンク

Armatureの配置

AddArmatureHuman(Meta-Rig)で、人型キャラクター用のArmatureが作成される↓



Edit Modeで顔や胸などの不要なBoneを削除してから、ArmatureのスケールをMeshに大体合わせて↓



X-Axis Mirrorを有効にして、左右どちらかのBoneの操作を反対側にもミラーで反映できるようにしてから↓



各Boneの配置をMeshに合わせて調整する↓


MeshとArmatureの対応付け

Mayaで言うところのBind Skinは、BlenderではParentArmature Deformらしい。
ここでは重みづけを自動でやってくれるWith Automatic Weightsを選ぶ↓



ってやってみたら、Bone heat weighting failed to find solutionというエラーメッセージが出た↓



つまり重みづけに失敗したということか。。。
ちょっと調べてみると、このエラーに遭遇している人は結構いるみたい↓
http://nn-hokuson.hatenablog.com/entry/2017/08/30/195716

そして、明確な原因は分からないという。。。

フォーラムの書き込みを読むと、Transformの値をキレイにしてからでないとエラーになるとも書いてあった。
モディファイアでかけていたSubdivision SurfaceやDisplacement Mapもいったん外して、オブジェクトの位置座標は0,0,0に、スケールは1,1,1にしておこう。

ObjectApplyAll Transformsで設定できる↓



だけど、再びParentArmature DeformWith Automatic Weightsをやってみてもやっぱりエラー。

オブジェクトを1つずつ試してみたら、頭と胴体のオブジェクトだけエラーになった↓



ポリゴン数の問題だろうか。胴体は内側でメッシュがグチャッとなっている箇所もあるしな。
頭はもっとポリゴン数を減らして、胴体は適度にパーツ分割してから再挑戦しよう。パーツを分ければエラーの原因もたぶんハッキリしてくると思う。
全然先に進まんなぁ。。。


スポンサーリンク

関連記事

ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
単純に遊びに行くのはだめなのか?
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
ゴジラ(2014)のメイキング
Blenderでよく使うaddon
ZBrushトレーニング
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
adskShaderSDK
天体写真の3D動画
布地のシワの法則性
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
Mayaのレンダリング アトリビュート
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Vancouver Film Schoolのデモリール
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
PolyPaint
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
MFnMeshクラスのsplit関数
デザインのリファイン再び
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
ZBrushの練習 手のモデリング
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
参考になりそうなサイト
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
ラクガキの立体化 目標設定
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
立体視を試してみた
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
UnityでPoint Cloudを表示する方法
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
Mayaのポリゴン分割ツールの進化

コメント