BlenderのRigifyでリギング

さて、やっとBlenderでリギングする段階まで来た。(はず)





リギングについて、Blender公式の動画チュートリアルを見てみよう↓



って、リギングとは何か、リギングでやることは何か、っていう概要だけか。


スポンサーリンク


さらにこちらの動画ではBlenderでのBoneの仕組みについて解説している↓



BlenderではskeletonのことをArmatureと呼ぶのね。そういえばストップモーションアニメーションに使う人形の骨格もArmatureと呼びますね。

こちらの書籍の315ページのPart6からがキャラクター・セットアップ編なので、最初はこっちを参考にしようと思ったんだけど↓

Blender 2.8 3DCG スーパーテクニック

少し調べたら、Blenderにはこの書籍では紹介されていないRigifyというリギングアドオンが標準でバンドルされているらしい。

Rigifyを使う

Rigfyの使い方は、基本的にこちらの動画に従えば大丈夫そう↓



ちなみに、Blender公式のチュートリアル動画は、有志による非公式の日本語版もある。

プリファレンスのアドオンからRigfyを有効にする↓



Rigfyを有効にすると、AddArmatureからHuman(Meta-Rig)を選べるようになる↓



スポンサーリンク

Armatureの配置

AddArmatureHuman(Meta-Rig)で、人型キャラクター用のArmatureが作成される↓



Edit Modeで顔や胸などの不要なBoneを削除してから、ArmatureのスケールをMeshに大体合わせて↓



X-Axis Mirrorを有効にして、左右どちらかのBoneの操作を反対側にもミラーで反映できるようにしてから↓



各Boneの配置をMeshに合わせて調整する↓


MeshとArmatureの対応付け

Mayaで言うところのBind Skinは、BlenderではParentArmature Deformらしい。
ここでは重みづけを自動でやってくれるWith Automatic Weightsを選ぶ↓



ってやってみたら、Bone heat weighting failed to find solutionというエラーメッセージが出た↓



つまり重みづけに失敗したということか。。。
ちょっと調べてみると、このエラーに遭遇している人は結構いるみたい↓
http://nn-hokuson.hatenablog.com/entry/2017/08/30/195716

そして、明確な原因は分からないという。。。

フォーラムの書き込みを読むと、Transformの値をキレイにしてからでないとエラーになるとも書いてあった。
モディファイアでかけていたSubdivision SurfaceやDisplacement Mapもいったん外して、オブジェクトの位置座標は0,0,0に、スケールは1,1,1にしておこう。

ObjectApplyAll Transformsで設定できる↓



だけど、再びParentArmature DeformWith Automatic Weightsをやってみてもやっぱりエラー。

オブジェクトを1つずつ試してみたら、頭と胴体のオブジェクトだけエラーになった↓



ポリゴン数の問題だろうか。胴体は内側でメッシュがグチャッとなっている箇所もあるしな。
頭はもっとポリゴン数を減らして、胴体は適度にパーツ分割してから再挑戦しよう。パーツを分ければエラーの原因もたぶんハッキリしてくると思う。

全然先に進まんなぁ。。。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
タマムシっぽい質感
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
geometry3Sharp:Unity C#で使えるポリゴン操作ライブラリ
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
3Dグラフィックスの入門書
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 側頭部のボリュームを探る
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
ガメラ生誕50周年
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
ZBrushのZScript入門
海外ドラマのChromaKey
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
アニゴジ関連情報
Polyscope:3Dデータ操作用GUIライブラリ
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
天体写真の3D動画
ZBrushで作った3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作る
タダでRenderManを体験する方法
3D復元技術の情報リンク集
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
ZBrush 2018での作業環境を整える
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
Houdiniのライセンスの種類
ZBrushでアマビエを作る その2
Unityをレンダラとして活用する
Unreal Engine 5の情報が公開された!
Digital Emily Project:人間の顔をそっくりそのままCGで復元する
PythonでBlenderのAdd-on開発
素敵なパーティクル
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
ラクガキの立体化 進捗
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート

コメント