BlenderのRigifyでリギング

さて、やっとBlenderでリギングする段階まで来た。(はず)





リギングについて、Blender公式の動画チュートリアルを見てみよう↓

Rigging Intro – Blender 2.80 Fundamentals

って、リギングとは何か、リギングでやることは何か、っていう概要だけか。


スポンサーリンク


さらにこちらの動画ではBlenderでのBoneの仕組みについて解説している↓

Armatures – Blender 2.80 Fundamentals

BlenderではskeletonのことをArmatureと呼ぶのね。そういえばストップモーションアニメーションに使う人形の骨格もArmatureと呼びますね。

こちらの書籍の315ページのPart6からがキャラクター・セットアップ編なので、最初はこっちを参考にしようと思ったんだけど↓

Blender 2.8 3DCG スーパーテクニック

少し調べたら、Blenderにはこの書籍では紹介されていないRigifyというリギングアドオンが標準でバンドルされているらしい。

Rigifyを使う

Rigfyの使い方は、基本的にこちらの動画に従えば大丈夫そう↓

Character Rigging – Blender 2.80 Fundamentals

ちなみに、Blender公式のチュートリアル動画は、有志による非公式の日本語版もある。

プリファレンスのアドオンからRigfyを有効にする↓



Rigfyを有効にすると、AddArmatureからHuman(Meta-Rig)を選べるようになる↓



スポンサーリンク

Armatureの配置

AddArmatureHuman(Meta-Rig)で、人型キャラクター用のArmatureが作成される↓



Edit Modeで顔や胸などの不要なBoneを削除してから、ArmatureのスケールをMeshに大体合わせて↓



X-Axis Mirrorを有効にして、左右どちらかのBoneの操作を反対側にもミラーで反映できるようにしてから↓



各Boneの配置をMeshに合わせて調整する↓


MeshとArmatureの対応付け

Mayaで言うところのBind Skinは、BlenderではParentArmature Deformらしい。
ここでは重みづけを自動でやってくれるWith Automatic Weightsを選ぶ↓



ってやってみたら、Bone heat weighting failed to find solutionというエラーメッセージが出た↓



つまり重みづけに失敗したということか。。。
ちょっと調べてみると、このエラーに遭遇している人は結構いるみたい↓
http://nn-hokuson.hatenablog.com/entry/2017/08/30/195716

そして、明確な原因は分からないという。。。

フォーラムの書き込みを読むと、Transformの値をキレイにしてからでないとエラーになるとも書いてあった。
モディファイアでかけていたSubdivision SurfaceやDisplacement Mapもいったん外して、オブジェクトの位置座標は0,0,0に、スケールは1,1,1にしておこう。

ObjectApplyAll Transformsで設定できる↓



だけど、再びParentArmature DeformWith Automatic Weightsをやってみてもやっぱりエラー。

オブジェクトを1つずつ試してみたら、頭と胴体のオブジェクトだけエラーになった↓



ポリゴン数の問題だろうか。胴体は内側でメッシュがグチャッとなっている箇所もあるしな。
頭はもっとポリゴン数を減らして、胴体は適度にパーツ分割してから再挑戦しよう。パーツを分ければエラーの原因もたぶんハッキリしてくると思う。

全然先に進まんなぁ。。。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushのUV MasterでUV展開
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
MFnDataとMFnAttribute
UnityのTransformクラスについて調べてみた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
サンプルコードにも間違いはある?
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
ZBrush 4R7
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
立体視を試してみた
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
この連休でZBrushの スキルアップを…
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
PythonでBlenderのAdd-on開発
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
clearcoat Shader
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
Mayaのレンダリング アトリビュート
ZBrushのお勉強
Subsurface scatteringの動画
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
顔のモデリング
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
プログラムによる景観の自動生成
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
UnityでARKit2.0
WebGL開発に関する情報が充実してきている
SIGGRAPH ASIAのマスコット
Ambient Occlusionを解析的に求める

コメント