BlenderのRigifyでリギング

さて、やっとBlenderでリギングする段階まで来た。(はず)





リギングについて、Blender公式の動画チュートリアルを見てみよう↓



って、リギングとは何か、リギングでやることは何か、っていう概要だけか。


スポンサーリンク


さらにこちらの動画ではBlenderでのBoneの仕組みについて解説している↓



BlenderではskeletonのことをArmatureと呼ぶのね。そういえばストップモーションアニメーションに使う人形の骨格もArmatureと呼びますね。

こちらの書籍の315ページのPart6からがキャラクター・セットアップ編なので、最初はこっちを参考にしようと思ったんだけど↓

Blender 2.8 3DCG スーパーテクニック

少し調べたら、Blenderにはこの書籍では紹介されていないRigifyというリギングアドオンが標準でバンドルされているらしい。

Rigifyを使う

Rigfyの使い方は、基本的にこちらの動画に従えば大丈夫そう↓



ちなみに、Blender公式のチュートリアル動画は、有志による非公式の日本語版もある。

プリファレンスのアドオンからRigfyを有効にする↓



Rigfyを有効にすると、AddArmatureからHuman(Meta-Rig)を選べるようになる↓



スポンサーリンク

Armatureの配置

AddArmatureHuman(Meta-Rig)で、人型キャラクター用のArmatureが作成される↓



Edit Modeで顔や胸などの不要なBoneを削除してから、ArmatureのスケールをMeshに大体合わせて↓



X-Axis Mirrorを有効にして、左右どちらかのBoneの操作を反対側にもミラーで反映できるようにしてから↓



各Boneの配置をMeshに合わせて調整する↓


MeshとArmatureの対応付け

Mayaで言うところのBind Skinは、BlenderではParentArmature Deformらしい。
ここでは重みづけを自動でやってくれるWith Automatic Weightsを選ぶ↓



ってやってみたら、Bone heat weighting failed to find solutionというエラーメッセージが出た↓



つまり重みづけに失敗したということか。。。
ちょっと調べてみると、このエラーに遭遇している人は結構いるみたい↓
http://nn-hokuson.hatenablog.com/entry/2017/08/30/195716

そして、明確な原因は分からないという。。。

フォーラムの書き込みを読むと、Transformの値をキレイにしてからでないとエラーになるとも書いてあった。
モディファイアでかけていたSubdivision SurfaceやDisplacement Mapもいったん外して、オブジェクトの位置座標は0,0,0に、スケールは1,1,1にしておこう。

ObjectApplyAll Transformsで設定できる↓



だけど、再びParentArmature DeformWith Automatic Weightsをやってみてもやっぱりエラー。

オブジェクトを1つずつ試してみたら、頭と胴体のオブジェクトだけエラーになった↓



ポリゴン数の問題だろうか。胴体は内側でメッシュがグチャッとなっている箇所もあるしな。
頭はもっとポリゴン数を減らして、胴体は適度にパーツ分割してから再挑戦しよう。パーツを分ければエラーの原因もたぶんハッキリしてくると思う。

全然先に進まんなぁ。。。


スポンサーリンク

関連記事

NVIDIA GeForce RTX 3080を購入
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
MRenderUtil::raytrace
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のアタリを作る
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
MB-Lab:Blenderの人体モデリングアドオン
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Unityで360度ステレオVR動画を作る
clearcoat Shader
サンプルコードにも間違いはある?
ZBrush 2018へのアップグレード
ガメラ生誕50周年
素敵なパーティクル
ポリ男からMetaHumanを作る
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
ZBrushのUV MasterでUV展開
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
『ピクサー展』へ行ってきた
マイケル・ベイの動画の感覚
SIGGRAPH Asia

コメント