海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 完成

塗装作業を終えたので、改めて写真を撮る。



割と良い感じではないでしょうか。



G3ガメラは、映画の中でも登場するのがナイトシーンばかりで実際の色がハッキリと分からないので、想像の余地が広い。


スポンサーリンク


結構色んな色を重ねてみたけど、良い感じになったのではないでしょうか。
特に、甲羅はキトンブルーパールを使ってかなり良い雰囲気になったと思う。



牙や爪も結構頑張った。ソフビには見えない象牙質な質感を出せたと思う。



スポンサーリンク

反省点

反省点もいくつかある。
今回組んだソフビのガメラ3は、酒井ゆうじ造型工房からレジンキット版が出ている。
ワンフェス2018[夏]の時の酒井ゆうじ造型工房ブースの展示写真を見ていて気づいたんだけど、元々甲羅のヒダが別々のパーツとして薄く鋭く造形されている。



ソフビ版は甲羅が一体成型の1つのパーツで、成型の都合で彫りが省略されていたんだな。甲羅のヒダ1つ1つを薄く削り込んでおけばよかった。





今回は口内の塗装にもエアブラシを使ってみたけど、最終的にクリアーカラーを筆で塗り足してしまったので最初のグラデーションが潰れてしまった。



歯茎の透明感を出すもっと良い方法はないだろうか。爪の塗装と似た考え方で、クリアーホワイトを混ぜた色で層を作ってみるとか。

眼のベースをメタリックで塗ってみたけど、ちょっとギラギラし過ぎだっただろうか。角度によって反射の強さが変わり過ぎてしまう。



このキットの制作記事まとめページを作りました↓



スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
メカコレクション ウルトラホーク1号 墨入れ・コクピット塗装 そしてデカール貼り
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 下アゴの軸打ち加工・パーツの接着
ペイントマネージャー:模型塗料を管理できるスマホアプリ
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その2 & 口内の加工
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれ・眼の塗装
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
バンダイ LMHG エヴァンゲリオン初号機 腕・肩の後ハメ加工
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その3
メカコレクション ウルトラホーク1号 マスキング・クリアーカラー塗装
シン・ゴジラ第四形態の造形
ゴジラ2000ミレニアムの眼の塗装
ゴジラのガレージキットの塗装
顔モデリングのチュートリアル
東宝30㎝シリーズ 酒井ゆうじ造形コレクション ゴジラ(2016) ソフビ組立キット
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』口内の塗装
積みキットの下地処理
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の注型
円谷コンベンション2019の円谷ワンフェスに行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 筆でレタッチ・全身のウォッシング
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その2
六本木ヒルズの『空想脅威展』を見てきた
Zウィングマグナム
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 続・耳パーツの加工
エアブラシの思い出
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 後ハメ加工
GMKゴジラの爪の塗装
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 仮組み
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』マーキング塗装
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 全身の黒塗装 その2・その他レタッチ
一番くじのシン・ゴジラ ソフビフィギュア
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
メカコレクション ジェットビートル デカール貼り・半光沢仕上げ
トレジャーフェスタ・オンライン
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 腹甲・甲羅の塗装
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ウェザリング
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼をくり抜く
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 甲羅の接着とパテ埋め

コメント