バンダイ HG 1/144 ガンダムバルバトス 完成

最後に記事を書いたのはもう3年前なんだけど、作り途中だったバンダイのHG 1/144 ガンダムバルバトスをここ最近になって一気に仕上げた。やや駆け足で完成までの軌跡を記録しておく。



3年前の時点でパーツの接合部の合わせ目消しが必要な箇所は事前に工作を終え、パーツのヒケもラッカーパテで均しておいた。一部に後ハメ加工もやってみた。

しかし、オイラはガンプラの組み立て・塗装にあんまり慣れていないので、その後段取りが悪くて進まなかったのだった。



メタリック塗装で仕上げたいので、いったん全部のパーツにガイアノーツのサーフェイサー エヴォ ブラックを吹いた。


スポンサーリンク

ベースのメタリック塗装

骨格フレームなど暗い色が指定されているパーツにはガイアノーツのスターブライト アイアン、それ以外の装甲パーツにはMr.メタリックカラーのGXホワイトシルバーを吹いた。



この上からクリアーカラーを塗り重ねていく。こういう塗り方はキャンディ塗装って言うんですかね。
以前にもちょっとやってみたことがある。


バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ No.2 ウルトラホーク1号
バンダイの手のひらサイズ プラモデルシリーズからウルトラマンシリーズの初期作品に登場するビークルが発売され、そのNo.2がこのウルトラホーク1号。 価格が500円で、パーツ数も少なくてお手軽なキット。なんだけど表面処理に気を遣ったら結構時間...


この段階でキツ目に陰影を付けておけば良かったんだけど、ちょっと加減が分からなくてほとんど均一になってしまった。

マスキング・重ね塗り

ガンプラは色の塗り分けをほとんど色プラによるパーツ分割で再現してくれているけど、1/144のHGだとそこそこ1つのパーツでの塗り分けが発生してしまうのでマスキング。(オイラはマスキング苦手)

肩パーツの黄色部分のマスキングが1番面倒



腰パーツの赤部分が厄介



青はマスキングの必要なしか?



スポンサーリンク

キトンブルーパール

白と赤の部分はその上からMr.カラーのキトンブールーパールを吹いた。角度によって青いハイライトが入る。



その後、装甲パーツの黒系指定部分はガイアノーツのスターブライト アイアンを筆塗りし、マークのモールドにエナメル塗料のホワイト+クリアーレッドで墨入れ。さらにマスキングの失敗のごまかしも兼ねて各モールドにエナメル塗料のブラックで墨入れした。

そして全パーツを再び合わせる。パテで延長したアゴが頭部パーツをはめ込む際に欠けてしまった。。。



この段階で完成でも良かったんだけど、握り手首は何となくダサいので、平手パーツに交換すること。
実は事前に市販の平手パーツを購入してキット付属の握り手首と交換できるか検討はしていた。



バルバトスの手首とは基部のサイズが違うのでエポキシパテでちょっと加工。



パテを600番のペーパーで均してからサーフェイサーを吹いた。



フレームパーツと同様にガイアノーツのスターブライト アイアンで塗装し、バルバトスの手の甲パーツを接着。



この平手の手首を取り付けてやっと完成。
塗装するにあたって、パーツごとにバラしやすいように関節部分も緩くしてしまったから、ポージングが難しいな。
あ、そういえば武器忘れた。。。



ガンプラを1つ完成させてようやく気付いたんだけど、オイラの不器用さでは1/144スケールは無理だ(笑)
20~30cmサイズの怪獣フィギュアと違ってメカ系は繊細。1/144スケールだとメタリック塗料の粒子の粗さも目立ってしまう。たぶん、オイラには1/100スケールぐらいの方が合ってるんじゃないかな。

このキットの制作記事まとめページを作りました↓



MG (マスターグレード)で1/100スケールのガンダムバルバトスが新しく出るらしい。

MG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムバルバトス 1/100スケール 色分け済みプラモデル


スポンサーリンク

関連記事

マジョーラ
映画『ゴジラ-1.0』のティザー映像!
東宝30㎝シリーズ 酒井ゆうじ造形コレクション ゴジラ(2016) ソフビ組立キット
ゴジラ2000ミレニアム 完成 その2
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 瞬間接着剤でパーツの接着
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その3
消費の記録
シュールな光景
大人用変身ベルト『仮面ライダーディケイド ディケイドライバー』
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 口内の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』全身のベース塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内のレタッチ
『円谷英二展』で展示された初代ゴジラがソフビ化!
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 続・耳パーツの加工
S.H.Figuarts ウルトラマン シリーズ 始動!
メカコレクション ジェットビートル クリアーホワイトを重ね吹き
バンダイ LMHG エヴァンゲリオン初号機 表面処理
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコンの制作再開
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン マーキング塗装
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 完成!
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 胸の電飾加工
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 下アゴの軸打ち加工・パーツの接着
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』マーキング塗装
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』下地処理
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 表面処理
大人の知識で玩具の改造
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 洗浄
顔モデリングのチュートリアル
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その1
恐竜骨格のプラモデル
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』口内の塗装
恐竜造形の指南書
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 遮光塗装
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾を仕込む
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』気泡の処理 その1
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型と頭のすり合わせ
メカコレクション ウルトラホーク1号 表面処理
初代ゴジラもS.H.MonsterArts化!
プレイステーション3用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-』

コメント