ゴジラ 2000ミレニアム 完成

前回から、メタリックレッドを塗りすぎた背びれを中心に、気になる部分のレタッチを続けている。



背びれの根元から中央は、メタリックレッドの上から再び皮膚色であるMr.カラーの暗緑色を塗り足した。ついでに背中側にはみ出してしまっていたメタリックレッドもリカバー。
その関係で、塗り足した部分のドライブラシをやり直した。以前のドライブラシと同じ色を再現するのは難しいので、ハイライトは新たに調色した色で塗りなおすことにした。結果、以前よりも明暗のコントラストが上がった。
もともと全体的に色が鮮やかで明るすぎるような気もしていたので、最終的にエナメル塗料のスモークで全身をウォッシングして全体のトーンを落とした。

再びお気に入りの角度で撮影

再びお気に入りの角度で撮影



大体これで完成だろうか。本当は全体のつやを整えたいところではあるけど、ちょっともう力尽きてきた(笑)


スポンサーリンク


写真で見ると、まだ背びれのメタリックレッドの範囲が広過ぎる気もしてくるけど、キットのサイズを考えたらこれぐらい派手めの方が存在感あって良いかも。

反対の角度から

反対の角度から



商品見本と似た角度から

商品見本と似た角度から



このキットの制作記録のまとめページを作った。↓
https://blog.negativemind.com/portfolio/%E9%85%92%E4%BA%95%E3%82%86%E3%81%86%E3%81%98%E9%80%A0%E5%BD%A2%E5%B7%A5%E6%88%BF-20cm-%E3%82%B4%E3%82%B8%E3%83%A92000%E3%83%9F%E3%83%AC%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%83%A0/


スポンサーリンク

関連記事

海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』全身のベース塗装
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その2・尻尾の先端の塗装
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その1
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 全身・腹甲のベース塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 下アゴの軸打ち加工・パーツの接着
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 シルバー塗装・再び表面処理
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの接着・パテ埋め
『株式会社カラー10周年記念展』を見てきた
顔モデリングのチュートリアル
S.H.MonsterArts ゴジラ(2016) は7月1日予約開始
ワンダーフェスティバル2016[冬]に行ってきた
一番くじのシン・ゴジラ ソフビフィギュア
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 続・耳パーツの加工
シン・ゴジラの雛型レプリカの予約受付開始
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
三丁目ゴジラ
Zウィングマグナム
シン・ゴジラがS.H.MonsterArtsで11月発売予定
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その2 & 口内の加工
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 気泡のパテ埋め
積みキットの下地処理
『酒井ゆうじ造型工房 20cm ゴジラ 2000ミレニアム』のドライブラシ
ホビージャパンのムック『怪獣大進撃』が復活
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 瞬間接着剤でパーツの接着
まだまだ続く空想科学読本
メカコレクション ウルトラホーク1号 表面処理
S.H.MonsterArts ゴジラ(2014)
『GODZILLA ゴジラ』のBlu-Rayを買った
映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を観てきた (ネタバレ無し)
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の眼の塗装
マジョーラ
ゴジラ(2014)のメイキング
初代ゴジラもS.H.MonsterArts化!
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
GMKゴジラの爪の塗装
ゴジラの音楽
ゴジラのサウンドトラック
ゴジラ2000ミレニアムのつや消し仕上げ
『西川伸司 原画展 呉爾羅百態』に行ってきた

コメント