ゴジラ 2000ミレニアム 完成

前回から、メタリックレッドを塗りすぎた背びれを中心に、気になる部分のレタッチを続けている。



背びれの根元から中央は、メタリックレッドの上から再び皮膚色であるMr.カラーの暗緑色を塗り足した。ついでに背中側にはみ出してしまっていたメタリックレッドもリカバー。
その関係で、塗り足した部分のドライブラシをやり直した。以前のドライブラシと同じ色を再現するのは難しいので、ハイライトは新たに調色した色で塗りなおすことにした。結果、以前よりも明暗のコントラストが上がった。
もともと全体的に色が鮮やかで明るすぎるような気もしていたので、最終的にエナメル塗料のスモークで全身をウォッシングして全体のトーンを落とした。

再びお気に入りの角度で撮影

再びお気に入りの角度で撮影



大体これで完成だろうか。本当は全体のつやを整えたいところではあるけど、ちょっともう力尽きてきた(笑)


スポンサーリンク


写真で見ると、まだ背びれのメタリックレッドの範囲が広過ぎる気もしてくるけど、キットのサイズを考えたらこれぐらい派手めの方が存在感あって良いかも。

反対の角度から

反対の角度から



商品見本と似た角度から

商品見本と似た角度から



追記:制作記事まとめページを作った↓
酒井ゆうじ造型工房 20cm ゴジラ2000ミレニアム
大学院生の頃に購入したキット。1999年公開の「ゴジラ 2000 ミレニアム」に登場するゴジラを再現した20cmサイズの酒井ゆうじ造型工房のレジンキット。


スポンサーリンク

関連記事

ミニ四駆のラジコン化情報
ゴジラのサウンドトラック
ゴジラの音楽
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 筆でレタッチ・全身のウォッシング
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 表面処理 その2
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 表面処理
ウルトラ×ライダー
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 全身の黒塗装 その2・その他レタッチ
S.H.MonsterArts ゴジラ(2001)はプレミアムバンダイで発売
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. LEDテープで面光源を作る
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 欠けた牙の修復・口内の塗装
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ハイライト塗装
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 仮組み
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 気泡のパテ埋め
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 爪の塗装
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン マーキング塗装
シフトカーの改造
ワンダーフェスティバル2019[夏]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 発煙ギミックを検討する
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 身体の電飾
シン・ゴジラのファンアート
ゴジラのプラモデルの組立動画
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 透明化した耳パーツの加工
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 爪の塗装・全身に黒のグラデーション塗装
メカコレクション ジェットビートル デカール貼り・半光沢仕上げ
ゴジラのスマホゲーム『Godzilla: Strike Zone』
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その2・尻尾の先端の塗装
大河原邦男オリジナルデザイン『iXine(イグザイン)』
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の型取り
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 失敗箇所のレタッチ
バンダイ 1/12 グリーヴァス将軍 サフレス塗装
スマホでカラーチューニングできるペンライト『KING BLADE X10 III』
模型SNSまとめ
ビリケン商会 30cm メカゴジラⅡ ソフビキットを組み立て始める
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 エポキシ接着剤でパーツの接着
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装 やり直し
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 耳パーツの型取り・複製 やり直し
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 完成
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 耳パーツの型取り・複製
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 眼の塗装

コメント