ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示

前回から驚くほどの進捗の悪さです(笑)



ダラダラしているうちに仮面ライダー3号が登場する映画「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」のBlu-Rayが発売されてしまったけど、リファレンスとしてありがたく活用することにする。

スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号 コレクターズパック

ということで(?)Blu-Rayコレクターズパックを購入した。


スポンサーリンク


Blu-RayはフルHD画質なので、画面キャプチャしてモデリングのリファレンスというかガイドとして利用することにする。以前ジュラシック・パークのDVDをキャプチャして T-REXのモデリングのリファレンスにしてた頃に比べると、ずいぶんと良い資料が手に入る時代になった気がする。

まず映画の中から3号が登場するシーンだけを洗い出し、リファレンスにできそうなカットを探す。映画終盤のレース途中、ドライブとの会話シーンが顔のアップが多くて良い感じだった。
正面顏のリファレンスになりそうなカットから静止画をキャプチャし、Photoshopで角度調整・シンメトリーに加工した。

次に、その画像をZBrushにインポートする。今までやったことなかったけど、ZBrushもちゃんと下絵画像の表示機能があるのね。
Texture → Importで表示させたい画像を読み込み、DrawパレットでFront-Backのマップにその画像を指定する。[Floor]と[Front]はON、[Persp]のボタンはOFFに設定。

Front-Backに正面顏画像を設定する

Front-Backに正面顏画像を設定する



画像の表示位置とサイズの調整は、
サイズ:Scale
左右の位置:Horizontal Offset
上下の位置:Vertical Offset

体に合わせてなんとなく調整

体に合わせてなんとなく調整



奥行き方向の調整はElvスライダーで行う。0に設定するとオブジェクトの中心になる。

グリグリ回しても平気なぐらいの奥行きに設定

グリグリ回しても平気なぐらいの奥行きに設定



ツールだけでここまで出来てしまうのにちっとも進まないのはオイラの性格の問題ですかね。

S.H.Figuartsの発売も10月末に迫っている。。。


スポンサーリンク

関連記事

UnityでARKit2.0
Unityの薄い本
おのれディケイド
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
なりきり玩具と未来のガジェット
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
Unite 2014の動画
Mayaのレンダリング アトリビュート
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
Maya API Reference
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
ZBrushで基本となるブラシ
ぼくたちのトクサツ!
Vancouver Film Schoolのデモリール
参考になりそうなサイト
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
Ambient Occlusionを解析的に求める
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
MRenderUtil::raytrace
天体写真の3D動画
参考書
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
仮面ライダーバトライド・ウォー
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
Unreal Engineの薄い本
ゴジラの造形
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
線画を遠近法で描く
タダでRenderManを体験する方法
ZScript
素敵なパーティクル
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
TVML (TV program Making language)
3D復元技術の情報リンク集
NICOGRAPHって有名?
タマムシっぽい質感
仮面ライダー4号

コメント