ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示

前回から驚くほどの進捗の悪さです(笑)



ダラダラしているうちに仮面ライダー3号が登場する映画「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」のBlu-Rayが発売されてしまったけど、リファレンスとしてありがたく活用することにする。

スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号 コレクターズパック

ということで(?)Blu-Rayコレクターズパックを購入した。


スポンサーリンク


Blu-RayはフルHD画質なので、画面キャプチャしてモデリングのリファレンスというかガイドとして利用することにする。以前ジュラシック・パークのDVDをキャプチャして T-REXのモデリングのリファレンスにしてた頃に比べると、ずいぶんと良い資料が手に入る時代になった気がする。

まず映画の中から3号が登場するシーンだけを洗い出し、リファレンスにできそうなカットを探す。映画終盤のレース途中、ドライブとの会話シーンが顔のアップが多くて良い感じだった。
正面顏のリファレンスになりそうなカットから静止画をキャプチャし、Photoshopで角度調整・シンメトリーに加工した。

次に、その画像をZBrushにインポートする。今までやったことなかったけど、ZBrushもちゃんと下絵画像の表示機能があるのね。
Texture → Importで表示させたい画像を読み込み、DrawパレットでFront-Backのマップにその画像を指定する。[Floor]と[Front]はON、[Persp]のボタンはOFFに設定。

Front-Backに正面顏画像を設定する

Front-Backに正面顏画像を設定する



画像の表示位置とサイズの調整は、
サイズ:Scale
左右の位置:Horizontal Offset
上下の位置:Vertical Offset

体に合わせてなんとなく調整

体に合わせてなんとなく調整



奥行き方向の調整はElvスライダーで行う。0に設定するとオブジェクトの中心になる。

グリグリ回しても平気なぐらいの奥行きに設定

グリグリ回しても平気なぐらいの奥行きに設定



ツールだけでここまで出来てしまうのにちっとも進まないのはオイラの性格の問題ですかね。

S.H.Figuartsの発売も10月末に迫っている。。。


スポンサーリンク

関連記事

布のモデリング
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
HD画質の無駄遣い
シン・ゴジラのファンアート
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
サンプルコードにも間違いはある?
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
シフトカーを改造する人達
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
UnityのGlobal Illumination
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
最近のフィギュアの製造工程
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』を観た (ネタバレ無し)
ラクガキの立体化 胴体の追加
ラクガキの立体化 反省
この本読むよ
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
ファンの力
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
単純に遊びに行くのはだめなのか?
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
CEDEC 3日目
ジュラシック・パークのメイキング
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
Unityの薄い本
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
ZBrushで基本となるブラシ
仮面ライダー4号
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
なりきり玩具と未来のガジェット
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
大人用変身ベルト『仮面ライダーディケイド ディケイドライバー』

コメント