ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示

前回から驚くほどの進捗の悪さです(笑)



ダラダラしているうちに仮面ライダー3号が登場する映画「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」のBlu-Rayが発売されてしまったけど、リファレンスとしてありがたく活用することにする。

スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号 コレクターズパック

ということで(?)Blu-Rayコレクターズパックを購入した。


スポンサーリンク


Blu-RayはフルHD画質なので、画面キャプチャしてモデリングのリファレンスというかガイドとして利用することにする。以前ジュラシック・パークのDVDをキャプチャして T-REXのモデリングのリファレンスにしてた頃に比べると、ずいぶんと良い資料が手に入る時代になった気がする。

まず映画の中から3号が登場するシーンだけを洗い出し、リファレンスにできそうなカットを探す。映画終盤のレース途中、ドライブとの会話シーンが顔のアップが多くて良い感じだった。
正面顏のリファレンスになりそうなカットから静止画をキャプチャし、Photoshopで角度調整・シンメトリーに加工した。

次に、その画像をZBrushにインポートする。今までやったことなかったけど、ZBrushもちゃんと下絵画像の表示機能があるのね。
Texture → Importで表示させたい画像を読み込み、DrawパレットでFront-Backのマップにその画像を指定する。[Floor]と[Front]はON、[Persp]のボタンはOFFに設定。

Front-Backに正面顏画像を設定する

Front-Backに正面顏画像を設定する



画像の表示位置とサイズの調整は、
サイズ:Scale
左右の位置:Horizontal Offset
上下の位置:Vertical Offset

体に合わせてなんとなく調整

体に合わせてなんとなく調整



奥行き方向の調整はElvスライダーで行う。0に設定するとオブジェクトの中心になる。

グリグリ回しても平気なぐらいの奥行きに設定

グリグリ回しても平気なぐらいの奥行きに設定



ツールだけでここまで出来てしまうのにちっとも進まないのはオイラの性格の問題ですかね。

S.H.Figuartsの発売も10月末に迫っている。。。


スポンサーリンク

関連記事

ラクガキの立体化 進捗
TVML (TV program Making language)
ZBrushでカスタムUIを設定する
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
海外ドラマのChromaKey
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
布地のシワの法則性
消費の記録
Mayaのプラグイン開発
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
タマムシっぽい質感
CEDEC 3日目
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
MFnMeshクラスのsplit関数
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
Maya 2015から標準搭載されたMILA
顔モデリングのチュートリアル
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
素敵なパーティクル
Maya LTのQuick Rigを試す
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
MeshroomでPhotogrammetry
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
マイケル・ベイの動画の感覚
デザインのリファイン再び
ZBrush 2018へのアップグレード
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
AfterEffectsプラグイン開発
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
変身ベルト
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
PolyPaint
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
日本でMakersは普及するだろうか?

コメント