ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示

前回から驚くほどの進捗の悪さです(笑)



ダラダラしているうちに仮面ライダー3号が登場する映画「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」のBlu-Rayが発売されてしまったけど、リファレンスとしてありがたく活用することにする。

スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号 コレクターズパック

ということで(?)Blu-Rayコレクターズパックを購入した。


スポンサーリンク


Blu-RayはフルHD画質なので、画面キャプチャしてモデリングのリファレンスというかガイドとして利用することにする。以前ジュラシック・パークのDVDをキャプチャして T-REXのモデリングのリファレンスにしてた頃に比べると、ずいぶんと良い資料が手に入る時代になった気がする。

まず映画の中から3号が登場するシーンだけを洗い出し、リファレンスにできそうなカットを探す。映画終盤のレース途中、ドライブとの会話シーンが顔のアップが多くて良い感じだった。
正面顏のリファレンスになりそうなカットから静止画をキャプチャし、Photoshopで角度調整・シンメトリーに加工した。

次に、その画像をZBrushにインポートする。今までやったことなかったけど、ZBrushもちゃんと下絵画像の表示機能があるのね。
Texture → Importで表示させたい画像を読み込み、DrawパレットでFront-Backのマップにその画像を指定する。[Floor]と[Front]はON、[Persp]のボタンはOFFに設定。

Front-Backに正面顏画像を設定する

Front-Backに正面顏画像を設定する



画像の表示位置とサイズの調整は、
サイズ:Scale
左右の位置:Horizontal Offset
上下の位置:Vertical Offset

体に合わせてなんとなく調整

体に合わせてなんとなく調整



奥行き方向の調整はElvスライダーで行う。0に設定するとオブジェクトの中心になる。

グリグリ回しても平気なぐらいの奥行きに設定

グリグリ回しても平気なぐらいの奥行きに設定



ツールだけでここまで出来てしまうのにちっとも進まないのはオイラの性格の問題ですかね。

S.H.Figuartsの発売も10月末に迫っている。。。


スポンサーリンク

関連記事

テスト
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
注文してた本が届いた
映画『仮面ライダー1号』のビジュアルが公開された!
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
顔モデリングのチュートリアル
adskShaderSDK
Mayaのプラグイン開発
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
ZBrushの練習 手のモデリング
アニゴジ関連情報
まだまだ続く空想科学読本
大人の知識で玩具の改造
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
Unityの薄い本
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
シン・ゴジラのファンアート
ZBrushでカスタムUIを設定する
2016年 観に行った映画振り返り
UnityのTransformクラスについて調べてみた
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
Vancouver Film Schoolのデモリール
Mayaのレンダリング アトリビュート
小説『仮面ライダーエグゼイド ~マイティノベルX~』読了
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
仮面ライダーアマゾンズ Season 2
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
ゴジラ(2014)のメイキング
ZBrush 4R8 リリース!
仮面ライダー4号の最終話を観た
ZScript
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
ZBrush 2018へのアップグレード
ZBrush 4R7
ゴジラ三昧
『ピクサー展』へ行ってきた
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
WebGL開発に関する情報が充実してきている
ラクガキの立体化 モールドの追加

コメント