Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する

今までスピードペインティングという呼び方は知っていたけど、複数の写真素材を組み合わせて1枚のイラストを制作する技法は特にphoto bash(フォトバッシュ)と呼ぶらしい。
http://www.clipstudio.net/oekaki/archives/151697#photobash

フォトバッシュとは、複数の写真(Photo)をキャンバスに貼り込み、組み合わせ(bash)1枚のイラストを制作する技法です。

コンセプトアーティストの人達は、自分のイメージを具現化するために、様々な素材を駆使してphoto bashを行うらしい。

フォトバッシュ入門 CLIP STUDIO PAINT PROと写真を使って描く風景イラスト


スポンサーリンク


コンセプトアーティストの人達は具体的なイメージを提示しながらコミュニケーションを取るのが目的なわけだから、1枚の制作に手間と時間をかけるよりも、1枚でも多く具体的なアウトプットを出して意識のすり合わせが進むように技法が進化したんでしょうかね。
http://3dnchu.com/archives/free-tutor-photobashing-sci-fi-env-art/



https://gumroad.com/l/usAdV

この考え方、仕事でPowerPointの説明資料を作る時に応用できるような気がする。
自分の主張をそのものズバリ表すようなありものの画像を見つけるのは大変だし、ゼロから描き起こすのは時間と手間がかかり過ぎる。
内部だけで使う説明資料なら素材の著作権もそれほど気にせず、伝えたいイメージを手早く追及できる。
もちろん、外部に公開する際には権利に考慮して新たに作り起こすことにはなるけど、そもそも公開に至る前にボツになる率の方がはるかに高いわけだし。

スピードペインティングの極意

https://cgworld.jp/news/service/1806-O003.html
https://tutorials.cgworld.jp/set/393



スポンサーリンク

Kit Bash(キットバッシュ)

同様に、既存のモデルデータを組み合わせてモデリングするのをKit Bash(キットバッシュ)と言うらしい。
https://3dtotal.jp/news/8435/
https://modelinghappy.com/archives/5114

模型で言うところのミキシングビルドみたいなものだろうか。
現代美術ではアッサンブラージュ(Assemblage)と呼ぶらしい↓
http://news.livedoor.com/article/detail/15657422/

ソフトウェア開発では色んなライブラリを組み合わせてアプリケーション作るし、生産性を上げる手段としてどの分野でも似たような考え方があるんだろうな。
材料に溢れた時代、オリジナリティの捉え方が構成力に移っているのかもしれない。マッシュアップで新しい価値を生み出す力。


スポンサーリンク

関連記事

Polyscope:3Dデータ操作用GUIライブラリ
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
サンプルコードにも間違いはある?
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
OpenMayaRender
Unreal Engineの薄い本
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作っている
ZBrushでカスタムUIを設定する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
HD画質の無駄遣い
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のシルエット出し
ガメラ生誕50周年
Unityの薄い本
『ピクサー展』へ行ってきた
ゴジラ(2014)のメイキング
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
ZBrush 2018へのアップグレード
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
映画『シン・仮面ライダー』 メイキング情報まとめ
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
ゴジラの造形
Physically Based Rendering
UnityのAR FoundationでARKit 3

コメント