Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する

今までスピードペインティングという呼び方は知っていたけど、複数の写真素材を組み合わせて1枚のイラストを制作する技法は特にphoto bash(フォトバッシュ)と呼ぶらしい。
http://www.clipstudio.net/oekaki/archives/151697#photobash

フォトバッシュとは、複数の写真(Photo)をキャンバスに貼り込み、組み合わせ(bash)1枚のイラストを制作する技法です。

コンセプトアーティストの人達は、自分のイメージを具現化するために、様々な素材を駆使してphoto bashを行うらしい。

フォトバッシュ入門 CLIP STUDIO PAINT PROと写真を使って描く風景イラスト


スポンサーリンク


コンセプトアーティストの人達は具体的なイメージを提示しながらコミュニケーションを取るのが目的なわけだから、1枚の制作に手間と時間をかけるよりも、1枚でも多く具体的なアウトプットを出して意識のすり合わせが進むように技法が進化したんでしょうかね。
http://3dnchu.com/archives/free-tutor-photobashing-sci-fi-env-art/



https://gumroad.com/l/usAdV

この考え方、仕事でPowerPointの説明資料を作る時に応用できるような気がする。
自分の主張をそのものズバリ表すようなありものの画像を見つけるのは大変だし、ゼロから描き起こすのは時間と手間がかかり過ぎる。
内部だけで使う説明資料なら素材の著作権もそれほど気にせず、伝えたいイメージを手早く追及できる。
もちろん、外部に公開する際には権利に考慮して新たに作り起こすことにはなるけど、そもそも公開に至る前にボツになる率の方がはるかに高いわけだし。

スピードペインティングの極意

https://cgworld.jp/news/service/1806-O003.html
https://tutorials.cgworld.jp/set/393



スポンサーリンク

Kit Bash(キットバッシュ)

同様に、既存のモデルデータを組み合わせてモデリングするのをKit Bash(キットバッシュ)と言うらしい。
https://3dtotal.jp/news/8435/
https://modelinghappy.com/archives/5114

模型で言うところのミキシングビルドみたいなものだろうか。
現代美術ではアッサンブラージュ(Assemblage)と呼ぶらしい↓
http://news.livedoor.com/article/detail/15657422/

ソフトウェア開発では色んなライブラリを組み合わせてアプリケーション作るし、生産性を上げる手段としてどの分野でも似たような考え方があるんだろうな。
材料に溢れた時代、オリジナリティの捉え方が構成力に移っているのかもしれない。マッシュアップで新しい価値を生み出す力。


スポンサーリンク

関連記事

UnityでLight Shaftを表現する
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
Maya LTのQuick Rigを試す
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
ジュラシック・パークのメイキング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
ZBrushのZScript入門
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
素敵なパーティクル
マイケル・ベイの動画の感覚
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
ZBrushCore
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
UnityでARKit2.0
ゴジラ(2014)のメイキング
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
MFnDataとMFnAttribute
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
ZBrushの作業環境を見直す
Unreal Engine 5の情報が公開された!
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
ZBrushで基本となるブラシ

コメント