ロボットクリエーター

ここ最近のロボットブームでは、いわゆる作業機械的な産業用ロボットではなく、キャラクターのようなコミュニケーションロボットというジャンルが人気のようだ。

その中でも、ロボットクリエーターの高橋智隆さんが手がけるロボットは、販売メーカーが違っても一目で高橋さんのロボットだとわかる独特なデザイン・コンセプトをしている。



DeAGOSTINIの週刊ロビは、その人気ゆえに何度も再刊行されたらしい。


スポンサーリンク


シャープのRoBoHoNトヨタのKIROBO miniなど、CEATEC JAPANの目玉となったロボットはみんな高橋さんの手がけたもの。





こんなところにも高橋さんデザインのロボットが↓


スポンサーリンク



先日、NHKで放送された「東北発 未来塾」の、高橋さんの研究室を訪ねる回を見た。
http://www.nhk.or.jp/ashita/miraijuku/archives/161003.html

その中で、高橋さんがロボットの制作過程を一部紹介していた。高橋さんは設計図を書かずに1人でロボットを作っているとのことで、大まかなスケッチを描いたらすぐに実制作に取り掛かるらしい。

木で作った型に熱したプラ版を押し当てる、模型でお馴染みの「ヒートプレス」あるいは「バキュームフォーム」でロボットの中空の外装を作っているという。
何となく、模型少年の延長見えて楽しかった。

番組中で高橋さんは「独りで創り出せ」ということを説いていた。ロボット開発は様々なジャンルの複合的な知識がなければなかなか成立しないと思うが、コミュニケーションロボットは個人の尖ったコンセプトこそが価値になるジャンルなのかも。そのポリシーこそが、ロボットがどんなメーカーの商品であっても高橋さんらしさを失わない理由なのかもしれない。
それがやがて皆が期待するテイストとなる。「ロボット開発者」ではなく「ロボットクリエーター」を名乗るのもそのポリシーの表れだろうか。

ところで、ロボットクリエーターという人は世界で他にもいるんですかね?


スポンサーリンク

関連記事

酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 完成!
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ハイライト塗装
大河原邦男オリジナルデザイン『iXine(イグザイン)』
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 背びれの塗装・接着
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 耳パーツの型取り・複製 やり直し
ミニ四駆のラジコン化情報
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 レタッチと仕上げ
メカコレクション ジェットビートル メタリック塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの接着・パテ埋め
ゴジラ2000ミレニアムの眼の塗装
ゴジラ2000ミレニアムのつや消し仕上げ
GMKゴジラのドライブラシ
模型用塗料の収納問題
GMKゴジラの口接着
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その3
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 表面処理
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 墨入れ
ROSでガンダムを動かす
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 続・下地処理 ベース塗装
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その3
映像ビジネスの未来
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 発煙ギミックを検討する
一番くじのシン・ゴジラ ソフビフィギュア
ゴジラ2000ミレニアム 完成 その2
携帯電話ロボット『RoBoHoN(ロボホン)』
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』口内の加工
ラクガキの立体化 塗装と破損個所の修復 そして完成
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 後ハメ加工
線画を遠近法で描く
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 甲羅の塗装・下アゴの接着
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 下アゴの軸打ち加工・パーツの接着
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 シルバー塗装・再び表面処理
模型をターンテーブルで撮影
平成ガメラ
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装
酒井ゆうじ造型工房 23cm シン・ゴジラ レジンキットが届いた!
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その1
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その2
積みキットの下地処理
怪獣ガレージキット
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の塗装再開

コメント