ロボットクリエーター

ここ最近のロボットブームでは、いわゆる作業機械的な産業用ロボットではなく、キャラクターのようなコミュニケーションロボットというジャンルが人気のようだ。

その中でも、ロボットクリエーターの高橋智隆さんが手がけるロボットは、販売メーカーが違っても一目で高橋さんのロボットだとわかる独特なデザイン・コンセプトをしている。

どっこいしょ 週刊「ロビ」

DeAGOSTINIの週刊ロビは、その人気ゆえに何度も再刊行されたらしい。


スポンサーリンク


シャープのRoBoHoNトヨタのKIROBO miniなど、CEATEC JAPANの目玉となったロボットはみんな高橋さんの手がけたもの。

RoBoHoN(ロボホン)コンセプトムービー

https://www.youtube.com/watch?v=68p2-KK7WKw

こんなところにも高橋さんデザインのロボットが↓


スポンサーリンク



先日、NHKで放送された「東北発 未来塾」の、高橋さんの研究室を訪ねる回を見た。
http://www.nhk.or.jp/ashita/miraijuku/archives/161003.html

その中で、高橋さんがロボットの制作過程を一部紹介していた。高橋さんは設計図を書かずに1人でロボットを作っているとのことで、大まかなスケッチを描いたらすぐに実制作に取り掛かるらしい。

木で作った型に熱したプラ版を押し当てる、模型でお馴染みの「ヒートプレス」あるいは「バキュームフォーム」でロボットの中空の外装を作っているという。
何となく、模型少年の延長見えて楽しかった。

番組中で高橋さんは「独りで創り出せ」ということを説いていた。ロボット開発は様々なジャンルの複合的な知識がなければなかなか成立しないと思うが、コミュニケーションロボットは個人の尖ったコンセプトこそが価値になるジャンルなのかも。そのポリシーこそが、ロボットがどんなメーカーの商品であっても高橋さんらしさを失わない理由なのかもしれない。
それがやがて皆が期待するテイストとなる。「ロボット開発者」ではなく「ロボットクリエーター」を名乗るのもそのポリシーの表れだろうか。

ところで、ロボットクリエーターという人は世界で他にもいるんですかね?


スポンサーリンク

関連記事

リメイク版ロボコップスーツのメイキング
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 仮組み
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン マスキング・表面処理
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
3DCGのモデルを立体化するサービス
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その2・尻尾の先端の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内のレタッチ
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼をくり抜く
ビリケン商会 メカゴジラⅡ ベースのシルバー塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』眼の塗装
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 完成
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その3
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 続・耳パーツの加工
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その1
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 背びれの接着
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 仕上げ
ラクガキの立体化 3D出力物の表面処理
DeAGOSTINI『週刊 ゴジラをつくる』創刊
シン・ゴジラ第5形態雛型がワンダーフェスティバル2017[冬]で展示されるぞ!
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
メカコレクション ウルトラホーク1号 メタリック塗装
ゴジラ 2000 ミレニアムの背びれの塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 甲羅の塗装・下アゴの接着
メカコレクション ウルトラホーク1号 完成!
バンダイ LMHG エヴァンゲリオン初号機 腕・肩の後ハメ加工
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』眼の塗装のやり直し
続・ゴジラ2000ミレニアムの塗装
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
酒井ゆうじ造型工房 30cm ゴジラ2016 レジンキットが届いた!
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 気泡のパテ埋め
ROSの薄い本
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
ラクガキの立体化 塗装と破損個所の修復 そして完成
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 眼の周りのレタッチ
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 失敗箇所のレタッチ
ガレージキットの「やり過ぎ」の精神

コメント