ロボットクリエーター

ここ最近のロボットブームでは、いわゆる作業機械的な産業用ロボットではなく、キャラクターのようなコミュニケーションロボットというジャンルが人気のようだ。

その中でも、ロボットクリエーターの高橋智隆さんが手がけるロボットは、販売メーカーが違っても一目で高橋さんのロボットだとわかる独特なデザイン・コンセプトをしている。

どっこいしょ 週刊「ロビ」

DeAGOSTINIの週刊ロビは、その人気ゆえに何度も再刊行されたらしい。


スポンサーリンク


シャープのRoBoHoNトヨタのKIROBO miniなど、CEATEC JAPANの目玉となったロボットはみんな高橋さんの手がけたもの。

RoBoHoN(ロボホン)コンセプトムービー

https://www.youtube.com/watch?v=68p2-KK7WKw

こんなところにも高橋さんデザインのロボットが↓


スポンサーリンク



先日、NHKで放送された「東北発 未来塾」の、高橋さんの研究室を訪ねる回を見た。
http://www.nhk.or.jp/ashita/miraijuku/archives/161003.html

その中で、高橋さんがロボットの制作過程を一部紹介していた。高橋さんは設計図を書かずに1人でロボットを作っているとのことで、大まかなスケッチを描いたらすぐに実制作に取り掛かるらしい。

木で作った型に熱したプラ版を押し当てる、模型でお馴染みの「ヒートプレス」あるいは「バキュームフォーム」でロボットの中空の外装を作っているという。
何となく、模型少年の延長見えて楽しかった。

番組中で高橋さんは「独りで創り出せ」ということを説いていた。ロボット開発は様々なジャンルの複合的な知識がなければなかなか成立しないと思うが、コミュニケーションロボットは個人の尖ったコンセプトこそが価値になるジャンルなのかも。そのポリシーこそが、ロボットがどんなメーカーの商品であっても高橋さんらしさを失わない理由なのかもしれない。
それがやがて皆が期待するテイストとなる。「ロボット開発者」ではなく「ロボットクリエーター」を名乗るのもそのポリシーの表れだろうか。

ところで、ロボットクリエーターという人は世界で他にもいるんですかね?


スポンサーリンク

関連記事

海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 つや消し失敗!?
DMMが秋葉原にMakerスペース『DMM.make AKIBA』をオープン
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 下アゴの軸打ち加工・パーツの接着
ガワコス
ガレージキットの「やり過ぎ」の精神
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装
メカコレクション ジェットビートル クリアーホワイトを重ね吹き
ゴジラ2000ミレニアムのつや消し仕上げ
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』マーキング塗装
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』眼の塗装のやり直し
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 完成
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その3
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼・口の周りのレタッチ
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
平成ガメラ
進化するスタースクリーム
シフトカーを改造する人達
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 表面処理 その1
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その1
大河原邦男オリジナルデザイン『iXine(イグザイン)』
ガレージキットのフィニッシャー
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』ベース塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 眼の塗装
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の注型
顔モデリングのチュートリアル
日本でMakersは普及するだろうか?
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 パーツの洗浄・煮沸 そして下アゴの加工
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾の手直し
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 洗浄・煮沸
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 透明化した耳パーツの加工
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 墨入れ
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 表面処理
怪獣ガレージキット
Zウィングマグナム
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装 やり直し
ROSの薄い本
仮面ライダーの玩具
『機動戦士ガンダム展』に行ってきた
GMKゴジラの爪の塗装
バンダイ『Human size ゴジラ (1991北海道ver.)』の詳細が発表された
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』眼の塗装

コメント