メカコレクション『ウルトラホーク3号』 シルバー塗装・再び表面処理

メカコレクションのウルトラホーク3号、表面処理の途中でしばらく放置しておりました。

前回は大雑把に仮組して、主翼(?)のパーツだけ接着した。 接着したパーツの合わせ目はプラ用接着剤で溶着されるはずだけど、凹んだ箇所がまだ残っていたので溶きパテも上塗りした。 この手のプラ工作は経験不足で下手クソなので...

その後、筆塗りしたサーフェイサーが乾いてから紙やすりをかけ、表面を(それなりに)平滑に。



何度も言ってるけど、表面処理の段取りがあんまり上手くないのです。(根気不足?)


スポンサーリンク



そして再び黒サーフェイサーを吹き、その上からガイアノーツのEX-シルバーを吹いた。(途中写真撮り忘れ)



ところが、エアブラシで吹いている途中でハンドピース内の溶剤分が結構揮発してしまったようで、塗料が濃すぎて一部ムラになってしまったのだ。
どうしようかしばらく考えて、結局塗装をやりなおすことにした。

1000番の耐水ペーパーで表面を水研ぎして、塗装ムラでできた段差を均した。



ということで、まだ表面処理は続きます。。。


スポンサーリンク

関連記事