ZBrushで基本となるブラシ

田島光二作品集 & ZBrushテクニックは本当に良書。

この本に載っていた基本のブラシ

  • Standard
  • Move
  • Smooth
  • Clay
  • ClayTube
  • TrimDynamic

で結構思い通りに形が作れる。

ということで、この前の黒歴史ラクガキの立体化が進む。



余計なブラシ跡を磨いて滑らかに。

余計なブラシ跡を磨いて滑らかに。形状の輪郭が整ってきた。



こういう情報は独学より習った方が良かったりはする。基本を知ると、枝葉となる情報は自分で集められる。


スポンサーリンク


田島光二さんは学生の頃から作品をブログで発表し続け、ついにはハリウッドで活躍するようになったすごい人。
2011年の初め頃にはボーンデジタル主催のセミナー「スピードスカルプトセミナー~スフィアからク­リーチャーを生み出す~」に単独で登壇されていた。


スポンサーリンク
BornDigital SpeedSculptSeminar by KOUJI TAJIMA

今や世界的なコンセプトデザイナー。

田島光二作品集 & ZBrushテクニック (KOUJI TAJIMA ARTWORKS & ZBrush Technique)

ハードサーフェイスを上手く作る方法知りたいな。


スポンサーリンク

関連記事

第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
Blenderでよく使うaddon
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
ゴジラ(2014)のメイキング
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
社会人になったら…
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
顔モデリングのチュートリアル
マジョーラ
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
CGのためのディープラーニング
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
ZBrush 2018へのアップグレード
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
ゴジラ三昧
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
Raytracing Wiki
ラクガキの立体化
Maya 2015から標準搭載されたMILA
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
ほのぼの
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
人脈
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き

コメント