オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』

オープンソースのレイトレースレンダラのappleseedのバージョン2.0ベータ版が公開されている。MITライセンスなので商用利用もOK。

appleseed

appleseedは、アニメーションやVFX用途を主眼に設計されたオープンソースの物理ベースグローバルイルミネーションレンダリングエンジンです。

appleseedは、アニメーション・VFX業界の有能なボランティア達による小規模でインターナショナルなチームが積極的に開発しています。
appleseedのコアとなるミッションは、個人や小規模なスタジオへ完全で信頼性が高く、全てオープンなレンダリングパッケージを提供することです。

appleeseedは、長年にわたってテレビのドキュメンタリー、広告、プロモーションビデオ、短編アニメーションなどのプロジェクトで使用されてきました。

CGトラッキングさん、3D人-3dnchu-さんでも紹介されていた。
https://cgtracking.net/archives/45756
http://3dnchu.com/archives/appleseed-2-0/


スポンサーリンク


ソースコードがGitHubにあるけど↓
https://github.com/appleseedhq/appleseed

Windows, Linux, MacOS各プラットフォーム向けにビルド済みのバイナリと、Autodesk Maya, Autodesk 3ds Max, Blender用のプラグインも配布されている↓
https://appleseedhq.net/download.html

アニメーション・VFX向けに開発されているというだけあって、研究用のレンダラと違って各種DCCツールとの連携プラグインが充実しているね。

特にMayaユーザーにとっては、mentalrayが標準バンドルされなくなって代わりのレイトレーサーとして良くないですか?現在バンドルされているArnoldは機能が制限されてて追加料金を払わないとバッチレンダーできないし。

ちょっとMaya 2018用のプラグインの操作感を試してみよう。

appleseed-maya

appleseed-maya


スポンサーリンク

appleseed-mayaは、Autodesk® Maya® 2017, 2018向けのappleseedプラグインです。

こちらInstallationに従ってMaya.envファイルにプラグインのパス指定を書き込んでMayaを起動すると、メニューにappleseedが追加された。

Arnoldの隣(笑)



レンダー設定にもちゃんとappleseedが追加されている。



結構パラメーターいっぱいあるな。
appleseed-mayaのドキュメントはこちら↓
https://appleseed-maya.readthedocs.io/en/master/

基本はPath Tracingなので結構ノイズが乗るけど、Output設定でDenoiserをかけるとかなり良い感じになる。



スポンサーリンク

関連記事

OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
ZBrushCore
Python2とPython3
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
今年もSSII
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
ドットインストールのWordPress入門レッスン
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
CGのためのディープラーニング
Unite 2014の動画
『ピクサー展』へ行ってきた
WordPressの表示を高速化する
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
2012のメイキングまとめ(途中)
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
ディープラーニング
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』

コメント