オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』

オープンソースのレイトレースレンダラのappleseedのバージョン2.0ベータ版が公開されている。MITライセンスなので商用利用もOK。

appleseed

appleseedは、アニメーションやVFX用途を主眼に設計されたオープンソースの物理ベースグローバルイルミネーションレンダリングエンジンです。

appleseedは、アニメーション・VFX業界の有能なボランティア達による小規模でインターナショナルなチームが積極的に開発しています。
appleseedのコアとなるミッションは、個人や小規模なスタジオへ完全で信頼性が高く、全てオープンなレンダリングパッケージを提供することです。

appleeseedは、長年にわたってテレビのドキュメンタリー、広告、プロモーションビデオ、短編アニメーションなどのプロジェクトで使用されてきました。

CGトラッキングさん、3D人-3dnchu-さんでも紹介されていた。
https://cgtracking.net/archives/45756
http://3dnchu.com/archives/appleseed-2-0/


スポンサーリンク


ソースコードがGitHubにあるけど↓
https://github.com/appleseedhq/appleseed

Windows, Linux, MacOS各プラットフォーム向けにビルド済みのバイナリと、Autodesk Maya, Autodesk 3ds Max, Blender用のプラグインも配布されている↓
https://appleseedhq.net/download.html

アニメーション・VFX向けに開発されているというだけあって、研究用のレンダラと違って各種DCCツールとの連携プラグインが充実しているね。

特にMayaユーザーにとっては、mentalrayが標準バンドルされなくなって代わりのレイトレーサーとして良くないですか?現在バンドルされているArnoldは機能が制限されてて追加料金を払わないとバッチレンダーできないし。

ちょっとMaya 2018用のプラグインの操作感を試してみよう。

appleseed-maya

appleseed-maya


スポンサーリンク

appleseed-mayaは、Autodesk® Maya® 2017, 2018向けのappleseedプラグインです。

こちらInstallationに従ってMaya.envファイルにプラグインのパス指定を書き込んでMayaを起動すると、メニューにappleseedが追加された。

Arnoldの隣(笑)



レンダー設定にもちゃんとappleseedが追加されている。



結構パラメーターいっぱいあるな。
appleseed-mayaのドキュメントはこちら↓
https://appleseed-maya.readthedocs.io/en/master/

基本はPath Tracingなので結構ノイズが乗るけど、Output設定でDenoiserをかけるとかなり良い感じになる。



スポンサーリンク

関連記事

オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
CGのためのディープラーニング
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
Google App EngineでWordPress
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
SIGGRAPH Asia
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
clearcoat Shader
シン・ゴジラのファンアート
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
HD画質の無駄遣い その2
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
オープンソースの取引プラットフォーム
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
3D復元技術の情報リンク集
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
Raspberry Pi
無料で使える人体3DCG作成ツール
続・ディープラーニングの資料
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
ZScript
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
布地のシワの法則性
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
iPhone欲しいなぁ
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』

コメント