オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』

オープンソースのレイトレースレンダラのappleseedのバージョン2.0ベータ版が公開されている。MITライセンスなので商用利用もOK。

appleseed

appleseedは、アニメーションやVFX用途を主眼に設計されたオープンソースの物理ベースグローバルイルミネーションレンダリングエンジンです。

appleseedは、アニメーション・VFX業界の有能なボランティア達による小規模でインターナショナルなチームが積極的に開発しています。
appleseedのコアとなるミッションは、個人や小規模なスタジオへ完全で信頼性が高く、全てオープンなレンダリングパッケージを提供することです。

appleeseedは、長年にわたってテレビのドキュメンタリー、広告、プロモーションビデオ、短編アニメーションなどのプロジェクトで使用されてきました。

CGトラッキングさん、3D人-3dnchu-さんでも紹介されていた。
https://cgtracking.net/archives/45756
http://3dnchu.com/archives/appleseed-2-0/


スポンサーリンク


ソースコードがGitHubにあるけど↓
https://github.com/appleseedhq/appleseed

Windows, Linux, MacOS各プラットフォーム向けにビルド済みのバイナリと、Autodesk Maya, Autodesk 3ds Max, Blender用のプラグインも配布されている↓
https://appleseedhq.net/download.html

アニメーション・VFX向けに開発されているというだけあって、研究用のレンダラと違って各種DCCツールとの連携プラグインが充実しているね。

特にMayaユーザーにとっては、mentalrayが標準バンドルされなくなって代わりのレイトレーサーとして良くないですか?現在バンドルされているArnoldは機能が制限されてて追加料金を払わないとバッチレンダーできないし。

ちょっとMaya 2018用のプラグインの操作感を試してみよう。

appleseed-maya

appleseed-maya


スポンサーリンク

appleseed-mayaは、Autodesk® Maya® 2017, 2018向けのappleseedプラグインです。

こちらInstallationに従ってMaya.envファイルにプラグインのパス指定を書き込んでMayaを起動すると、メニューにappleseedが追加された。

Arnoldの隣(笑)



レンダー設定にもちゃんとappleseedが追加されている。



結構パラメーターいっぱいあるな。
appleseed-mayaのドキュメントはこちら↓
https://appleseed-maya.readthedocs.io/en/master/

基本はPath Tracingなので結構ノイズが乗るけど、Output設定でDenoiserをかけるとかなり良い感じになる。



スポンサーリンク

関連記事

Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
ブログのデザイン変えました
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
顔モデリングのチュートリアル
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
ファンの力
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
なんかすごいサイト
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
マルコフ連鎖モンテカルロ法
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
NVIDIA GeForce RTX 3080を購入
Unityをレンダラとして活用する
ゴジラの造形
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
デザインのリファイン再び
ZBrushCore
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
UnityでOpenCVを使うには?
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...

コメント