オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』

オープンソースのレイトレースレンダラのappleseedのバージョン2.0ベータ版が公開されている。MITライセンスなので商用利用もOK。

appleseed

appleseedは、アニメーションやVFX用途を主眼に設計されたオープンソースの物理ベースグローバルイルミネーションレンダリングエンジンです。

appleseedは、アニメーション・VFX業界の有能なボランティア達による小規模でインターナショナルなチームが積極的に開発しています。
appleseedのコアとなるミッションは、個人や小規模なスタジオへ完全で信頼性が高く、全てオープンなレンダリングパッケージを提供することです。

appleeseedは、長年にわたってテレビのドキュメンタリー、広告、プロモーションビデオ、短編アニメーションなどのプロジェクトで使用されてきました。

CGトラッキングさん、3D人-3dnchu-さんでも紹介されていた。
https://cgtracking.net/archives/45756
http://3dnchu.com/archives/appleseed-2-0/


スポンサーリンク


ソースコードがGitHubにあるけど↓
https://github.com/appleseedhq/appleseed

Windows, Linux, MacOS各プラットフォーム向けにビルド済みのバイナリと、Autodesk Maya, Autodesk 3ds Max, Blender用のプラグインも配布されている↓
https://appleseedhq.net/download.html

アニメーション・VFX向けに開発されているというだけあって、研究用のレンダラと違って各種DCCツールとの連携プラグインが充実しているね。

特にMayaユーザーにとっては、mentalrayが標準バンドルされなくなって代わりのレイトレーサーとして良くないですか?現在バンドルされているArnoldは機能が制限されてて追加料金を払わないとバッチレンダーできないし。

ちょっとMaya 2018用のプラグインの操作感を試してみよう。

appleseed-maya

appleseed-maya


スポンサーリンク

appleseed-mayaは、Autodesk® Maya® 2017, 2018向けのappleseedプラグインです。

こちらInstallationに従ってMaya.envファイルにプラグインのパス指定を書き込んでMayaを起動すると、メニューにappleseedが追加された。

Arnoldの隣(笑)



レンダー設定にもちゃんとappleseedが追加されている。



結構パラメーターいっぱいあるな。
appleseed-mayaのドキュメントはこちら↓
https://appleseed-maya.readthedocs.io/en/master/

基本はPath Tracingなので結構ノイズが乗るけど、Output設定でDenoiserをかけるとかなり良い感じになる。



スポンサーリンク

関連記事

Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
顔モデリングのチュートリアル
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
CEDEC 3日目
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
ZBrush 4R7
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
タダでRenderManを体験する方法
参考になりそうなサイト
OpenMayaRender
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
ZBrushの練習 手のモデリング
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
pythonもかじってみようかと
デザインのリファイン再び
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
Blender 2.8がついに正式リリース!
ラクガキの立体化 進捗
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
GeoGebra:無料で使える数学アプリ
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
html5のcanvasの可能性
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
ZBrushのお勉強
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
Python2とPython3

コメント