オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』

オープンソースのレイトレースレンダラのappleseedのバージョン2.0ベータ版が公開されている。MITライセンスなので商用利用もOK。

appleseed

appleseedは、アニメーションやVFX用途を主眼に設計されたオープンソースの物理ベースグローバルイルミネーションレンダリングエンジンです。

appleseedは、アニメーション・VFX業界の有能なボランティア達による小規模でインターナショナルなチームが積極的に開発しています。
appleseedのコアとなるミッションは、個人や小規模なスタジオへ完全で信頼性が高く、全てオープンなレンダリングパッケージを提供することです。

appleeseedは、長年にわたってテレビのドキュメンタリー、広告、プロモーションビデオ、短編アニメーションなどのプロジェクトで使用されてきました。

CGトラッキングさん、3D人-3dnchu-さんでも紹介されていた。
https://cgtracking.net/archives/45756
http://3dnchu.com/archives/appleseed-2-0/


スポンサーリンク


ソースコードがGitHubにあるけど↓
https://github.com/appleseedhq/appleseed

Windows, Linux, MacOS各プラットフォーム向けにビルド済みのバイナリと、Autodesk Maya, Autodesk 3ds Max, Blender用のプラグインも配布されている↓
https://appleseedhq.net/download.html

アニメーション・VFX向けに開発されているというだけあって、研究用のレンダラと違って各種DCCツールとの連携プラグインが充実しているね。

特にMayaユーザーにとっては、mentalrayが標準バンドルされなくなって代わりのレイトレーサーとして良くないですか?現在バンドルされているArnoldは機能が制限されてて追加料金を払わないとバッチレンダーできないし。

ちょっとMaya 2018用のプラグインの操作感を試してみよう。

appleseed-maya

appleseed-maya


スポンサーリンク

appleseed-mayaは、Autodesk® Maya® 2017, 2018向けのappleseedプラグインです。

こちらInstallationに従ってMaya.envファイルにプラグインのパス指定を書き込んでMayaを起動すると、メニューにappleseedが追加された。

Arnoldの隣(笑)



レンダー設定にもちゃんとappleseedが追加されている。



結構パラメーターいっぱいあるな。
appleseed-mayaのドキュメントはこちら↓
https://appleseed-maya.readthedocs.io/en/master/

基本はPath Tracingなので結構ノイズが乗るけど、Output設定でDenoiserをかけるとかなり良い感じになる。



スポンサーリンク

関連記事

WordPressの表示を高速化する
Subsurface scatteringの動画
ラクガキの立体化 反省
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
2012のメイキングまとめ(途中)
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
OANDAのfxTrade API
ラクガキの立体化 進捗
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
生物の骨格
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
Vancouver Film Schoolのデモリール
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
ZBrushのUV MasterでUV展開
ZBrushで基本となるブラシ
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
MFnDataとMFnAttribute
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のアタリを作る
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
NICOGRAPHって有名?
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
機械学習で遊ぶ
プログラミングスキルとは何か?
無料で使える人体3DCG作成ツール
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた

コメント