オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』

オープンソースのレイトレースレンダラのappleseedのバージョン2.0ベータ版が公開されている。MITライセンスなので商用利用もOK。

appleseed

appleseedは、アニメーションやVFX用途を主眼に設計されたオープンソースの物理ベースグローバルイルミネーションレンダリングエンジンです。

appleseedは、アニメーション・VFX業界の有能なボランティア達による小規模でインターナショナルなチームが積極的に開発しています。
appleseedのコアとなるミッションは、個人や小規模なスタジオへ完全で信頼性が高く、全てオープンなレンダリングパッケージを提供することです。

appleeseedは、長年にわたってテレビのドキュメンタリー、広告、プロモーションビデオ、短編アニメーションなどのプロジェクトで使用されてきました。

CGトラッキングさん、3D人-3dnchu-さんでも紹介されていた。
https://cgtracking.net/archives/45756
http://3dnchu.com/archives/appleseed-2-0/


スポンサーリンク


ソースコードがGitHubにあるけど↓
https://github.com/appleseedhq/appleseed

Windows, Linux, MacOS各プラットフォーム向けにビルド済みのバイナリと、Autodesk Maya, Autodesk 3ds Max, Blender用のプラグインも配布されている↓
https://appleseedhq.net/download.html

アニメーション・VFX向けに開発されているというだけあって、研究用のレンダラと違って各種DCCツールとの連携プラグインが充実しているね。

特にMayaユーザーにとっては、mentalrayが標準バンドルされなくなって代わりのレイトレーサーとして良くないですか?現在バンドルされているArnoldは機能が制限されてて追加料金を払わないとバッチレンダーできないし。

ちょっとMaya 2018用のプラグインの操作感を試してみよう。

appleseed-maya

appleseed-maya


スポンサーリンク

appleseed-mayaは、Autodesk® Maya® 2017, 2018向けのappleseedプラグインです。

こちらInstallationに従ってMaya.envファイルにプラグインのパス指定を書き込んでMayaを起動すると、メニューにappleseedが追加された。

Arnoldの隣(笑)



レンダー設定にもちゃんとappleseedが追加されている。



結構パラメーターいっぱいあるな。
appleseed-mayaのドキュメントはこちら↓
https://appleseed-maya.readthedocs.io/en/master/

基本はPath Tracingなので結構ノイズが乗るけど、Output設定でDenoiserをかけるとかなり良い感じになる。



スポンサーリンク

関連記事

中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
アニゴジ関連情報
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
UnityでOpenCVを使うには?
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
ZScript
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
Maya API Reference
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
参考書
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
OpenGVのライブラリ構成
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
ジュラシック・パークのメイキング
MeshroomでPhotogrammetry
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
html5のcanvasの可能性
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
Mayaのシェーディングノードの区分
プログラムによる景観の自動生成
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
UnityのTransformクラスについて調べてみた
Unite 2014の動画
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
この本読むよ
ROMOハッカソンに行ってきた

コメント