IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する

ここ最近、Pythonインターフェイスを用意しているライブラリが非常に多くて、使ってみると確かに、C++でガリガリと低レベルのコードを書くよりもコーディング量が少なくて扱いが楽なのである。最近じわじわと日常に浸透しているSoftBankのロボットPepper君もPythonで制御できるらしいし。

ということで、この利便性をUnityで活かせないかと前々から調べていたのです。そこで見つけたのがIronPythonという、.NET FrameworkやMono上で動作するPython実装。UnityのC# ScriptはMonoで動いているので、こいつは行けるんじゃないかと思って1年以上前から勉強を始めてたんだけど、日本語の情報が少なくて苦労してた。

で、最近になって、UnityでIronPythonを使う日本語記事をまとめている方を見つけたのです↓
http://tkitao.hatenablog.com/entry/2015/05/18/225902
http://tkitao.hatenablog.com/entry/2015/05/31/210054
http://hikipuro.hatenadiary.jp/entry/2015/08/02/073220

どうやらCLRでPython側からUnityの関数も呼べるみたいね。C#とPythonで相互にやり取りできると色んなモジュールと連携できて便利だな。Pythonモジュールの依存関係とかどうなるかわからんけど。


スポンサーリンク


http://baba-s.hatenablog.com/entry/2017/10/25/100000
http://baba-s.hatenablog.com/entry/2017/11/06/080000
https://github.com/exodrifter/unity-python

以前にUnityでIronPythonを扱う方法を調べた時は、Mayaのインストールフォルダに入っているPythonのインタプリタを流用するっていう変なTipsにたどり着いたのだった。つまりMaya持ってないと試せない、随分と高い投資が必要という↓
http://techartsurvival.blogspot.jp/2013/12/embedding-ironpython-in-unity-tech-art.html
http://techartsurvival.blogspot.jp/2013/12/techartists-doin-it-for-themselves.html

ここ最近、強く感じるんだけど、ハードウェア開発に限らず、ソフトウェア開発のアウトプットも結局のところ、どれだけ多くの種類の部品(つまりライブラリやモジュール)を知っているか、それらをどうやって組み合わせるか、という知識量で大体決まってきてしまう。アプリケーション開発で低レベル層のアルゴリズムから、上位層のUIまで全部自前で作るなんてことはまずありえない。

ソフトウェア開発においても、部品の選定スキルがものを言う。ガチでアルゴリズムを考えている研究者から見れば、「ただAPIを叩くだけの簡単なお仕事」に見えるかもしれないけど、ソフトウェアエンジニアはそのアウトプットとなる製品で評価される。質の良い部品を揃え、それらを効果的に結合させる設計スキルで勝負している。なんてね。

2021年 追記:今ならIronPythonじゃなくてPython.NETを検討するし↓
Python.NET:Pythonと.NETを連携させるパッケージ
以前NumSharpを調べた時にPythonと.NETを連携させるPython.NETの存在を知った。MITライセンスなので商用利用も可能です。Python.NETPython.NET (pythonnet)はPythonプ...


UnityEditor上での操作だけで良いならPython for Unityを考える↓
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
まだプレビュー版ではあるけど、映像業向けにUnityにPythonのScript環境を提供するパッケージPython for Unity。Python for UnityPython for Unityは、様々なメディア、エンタ...


スポンサーリンク

関連記事

Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
動的なメモリの扱い
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
書籍『データビジュアライゼーションのデザインパターン20』読了
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
Unityの薄い本
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
UnityでOpenCVを使うには?
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
SVM (Support Vector Machine)
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
3Dグラフィックスの入門書
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
Boost オープンソースライブラリ
ROSの薄い本
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
Managing Software Requirements: A Unified Approach
まだ続くブログの不調
OpenCV バージョン4がリリースされた!
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Photogrammetry (写真測量法)
シフトカーを改造してラジコン化する人達
ブログが1日ダウンしてました
ブログの復旧が難航してた話
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化

コメント