3D復元技術の情報リンク集

Visual Odometry, Visual SLAM, Structure from Motion, Multi-View Stereoなど、複数の2D画像から3Dの情報を復元する技術の良いリンクまとめページを見つけた。

Awesome 3D reconstruction list

複数画像から三次元復元を行う研究論文やリソースへのリンクをリスト化したものです。
以下をご了承ください:

  • このリストは決して網羅的なものではありません
  • このリストでは、公平のためにアルファベット順で記載しています

全ての情報を網羅したリストではないと注意書きがあるけど、初学者には十分過ぎるまとめだと思う。
GitHubのopenMVGリポジトリにあったのに今まで気づかなかったとは。。。


スポンサーリンク


チュートリアルドキュメントオープンソースで利用できるプロジェクトも一覧になってて有難い。
2016年のICRA(IEEE International Conference on Robotics and Automation)で行われた Visual Odometryのチュートリアル資料が簡潔に分野の全体像をまとめてくれていて解りやすいぞ。技術的には
Structure from Motion > Visual SLAM > Visual Odometry
っていう包含関係なのね。


SLAM, Visual Odometry, Structure from Motion, Multiple View StereoのAll in oneチュートリアルというのもある↓


Meshを扱うオープンソースライブラリ一覧もあり、ちょっとCG屋寄りな情報にも片足突っ込んでる感じ。
Instant Meshesっていうプロジェクトは初めて知ったぞ。


スポンサーリンク

Instant Meshes

Instant Field Aligned Meshes (SIGGRAPH ASIA 2015)

このリポジトリには、以下の研究の一部として開発された対話型のMeshingソフトウェアが含まれています。

Instant Field-Aligned Meshes
Wenzel Jakob, Marco Tarini, Daniele Panozzo, Olga Sorkine-Hornung
In ACM Transactions on Graphics (Proceedings of SIGGRAPH Asia 2015)
PDF, Video, Project page


ちなみに、Awesome 3D reconstruction listと同じようにコンピュータービジョン全般の技術情報まとめページもあるわけです。↓

Awesome Computer Vision

コンピュータビジョンリソースの一覧です。awesome-phpからインスピレーションを受けています。
所属機関の情報も含めたコンピュータービジョン分野の研究者リストはこちらをご覧ください。


スポンサーリンク

関連記事

ラクガキの立体化 モールドの追加
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
HD画質の無駄遣い
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
色んな三面図があるサイト
生物の骨格
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
ZBrushでカスタムUIを設定する
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
Active Appearance Models(AAM)
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
Quartus II
Mayaのレンダリング アトリビュート
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
Konashiを買った
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
WinSCP
ブログのデザイン変えました
今年もSSII
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
アニゴジ関連情報
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
機械学習について最近知った情報
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
『ピクサー展』へ行ってきた
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
機械学習で遊ぶ

コメント