Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』

最近は、大きなタッチディスプレイを使ったインスタレーションやインタラクティブサイネージが増えてるから、タッチ入力による各種ジェスチャーを簡単に扱えるかなりライブラリはかなり需要があるんじゃないだろうか。

このTouchScriptという無料Assetは、iOSデバイス風のジェスチャ入力を良い感じに振り分けて簡単なイベント処理で受け取れるようにしてくれるライブラリ。↓

TouchScript

TouchScriptはUnityのためのマルチタッチライブラリです。iOSにインスパイアされ、TouchScriptははるかに簡単に任意のタッチ面上の複雑なジェスチャのインタラクションを扱うことができます。

このAssetはMITライセンスなので、使用していることを明記すれば商用利用も可能だ。公式ページはGitHub上にあり、中のソースコードも読める。


スポンサーリンク


対応しているジェスチャ入力は以下。


スポンサーリンク

離散的な入力:

連続的な入力:

いやぁ、こいつは便利だ。自前で書こうとすると、タップとスワイプの読み分けだけでも大混乱してるところだった。

このAssetの使い方については、GitHubに公式のチュートリアルもあるんだけど、日本語で書かれたこちらの方の記事をざっと読んでからの方が理解が速いと思う。↓

Unityにおける簡単なジェスチャー取得

こちらの記事にはタップとパンの使い方が載っているので、入門として最適。
http://baba-s.hatenablog.com/entry/2018/03/22/085900

追記:ポケモンGOにもTouchScriptが使われているらしい↓
http://qiita.com/NoriakiOshita/items/29c56fe39e21b12d1527

2019年 追記:今はTouchKitの方がシンプルで良いかもしれない↓
https://github.com/prime31/TouchKit
http://baba-s.hatenablog.com/entry/2019/01/21/083000

あんまりアップデートされてないけど。


スポンサーリンク

関連記事

機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
html5のcanvasの可能性
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
サンプルコードにも間違いはある?
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
ROMOハッカソンに行ってきた
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ディープラーニング
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
UnityからROSを利用できる『ROS#』
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
3Dコンピュータービジョンライブラリ『PyTorch3D』
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
Unityで学ぶC#
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
WebGL開発に関する情報が充実してきている
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
ニューラルネットワークで画像分類
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
Unite 2017 Tokyoに行ってきた
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
Mean Stack開発の最初の一歩
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
続・ディープラーニングの資料

コメント