チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』

恥ずかしながら、Slackというものの存在を割と最近知ったオイラです。Slackはいわゆるチャットツールとのことなので、コミュニケーションに消極的だから知らずに済んでいた、と言い訳しようと思ったら、Slackはもはやコミュニケーションだけの用途ではないらしいですね。
Slack経由で様々なプログラム処理を実行したり、その結果をSlack経由で受け取るといった使い方がたくさんあるようです。

HubotというGitHub社が開発したbotのフレームワークが登場し、手軽にbotが作れるようになってチャットツールの活用の幅が大きく広がったらしい。
昨今、ちょっとした人工知能ブームですが、bot開発のフレームワークが登場したことにより、急にチャットbotの時代が到来したようだ。何だかんだで、手軽なツールやフレームワークといった、いわばインフラの普及がブームを作るよね。「すぐに真似できる」ってのが普及の鍵なのか。


スポンサーリンク

Hubot

Hubot


スポンサーリンク


ということで、このHubotをいじってみたくなったのでちょっと調べてみることにした。
http://qiita.com/Kta-M/items/d7e0f371e40b4cefc38a
この記事によると、HubotはAdapterを介して様々なチャットツールと接続できるようになっており、すでに各チャットツール用のAdapterが公開されている。なので、自分で開発するのはbotの挙動部分だけで良いらしい。
Hubot自体はNode.jsで動いているが、botの挙動はCoffeeScriptという言語で実装する。(コンパイルするとJavaScriptへ変換されるらしい)

CoffeeScriptは、より短いコードでプログラムを記述できる言語らしく、Hubotは補助ツールとしてさっさと機能追加・修正できるように設計されてるっぽい。プログラマーの生産性を上げるには、小回りの利く自動化ツールを直しながら使えるのが良いんでしょうね。「人工知能」なんて大げさなこと言わず、こういう小さいタスクを1つ1つ自動化する積み重ねが効率化につながるんだろうな。


スポンサーリンク

関連記事

Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
ドットインストールのWordPress入門レッスン
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
ニューラルネットワークで画像分類
C++始めようと思うんだ
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
まだ続くブログの不調
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
PythonでBlenderのAdd-on開発
OpenCV
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
ブラウザ上でJavaScript,HTML,CSSを書いて共有するサイト『jsdo.it』
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作っている
Konashiを買った
Boost オープンソースライブラリ
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
Theia:オープンソースのStructure from Motionライブラリ
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Mean Stack開発の最初の一歩
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
pythonもかじってみようかと
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
3DCG Meetup #4に行ってきた
Google Chromecast
Unityの薄い本

コメント