チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』

恥ずかしながら、Slackというものの存在を割と最近知ったオイラです。Slackはいわゆるチャットツールとのことなので、コミュニケーションに消極的だから知らずに済んでいた、と言い訳しようと思ったら、Slackはもはやコミュニケーションだけの用途ではないらしいですね。
Slack経由で様々なプログラム処理を実行したり、その結果をSlack経由で受け取るといった使い方がたくさんあるようです。

HubotというGitHub社が開発したbotのフレームワークが登場し、手軽にbotが作れるようになってチャットツールの活用の幅が大きく広がったらしい。
昨今、ちょっとした人工知能ブームですが、bot開発のフレームワークが登場したことにより、急にチャットbotの時代が到来したようだ。何だかんだで、手軽なツールやフレームワークといった、いわばインフラの普及がブームを作るよね。「すぐに真似できる」ってのが普及の鍵なのか。


スポンサーリンク

Hubot

Hubot


スポンサーリンク


ということで、このHubotをいじってみたくなったのでちょっと調べてみることにした。
http://qiita.com/Kta-M/items/d7e0f371e40b4cefc38a
この記事によると、HubotはAdapterを介して様々なチャットツールと接続できるようになっており、すでに各チャットツール用のAdapterが公開されている。なので、自分で開発するのはbotの挙動部分だけで良いらしい。
Hubot自体はNode.jsで動いているが、botの挙動はCoffeeScriptという言語で実装する。(コンパイルするとJavaScriptへ変換されるらしい)

CoffeeScriptは、より短いコードでプログラムを記述できる言語らしく、Hubotは補助ツールとしてさっさと機能追加・修正できるように設計されてるっぽい。プログラマーの生産性を上げるには、小回りの利く自動化ツールを直しながら使えるのが良いんでしょうね。「人工知能」なんて大げさなこと言わず、こういう小さいタスクを1つ1つ自動化する積み重ねが効率化につながるんだろうな。


スポンサーリンク

関連記事

Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
WordPress on Windows Azure
UnityのAR FoundationでARKit 3
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
adskShaderSDK
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
Model View Controller
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
UnityのTransformクラスについて調べてみた
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
マルコフ連鎖モンテカルロ法
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
Iterator
OpenFace:Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク
プログラムによる景観の自動生成
Theia:オープンソースのStructure from Motionライブラリ
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
UnityからROSを利用できる『ROS#』
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
OpenCV
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
Unreal Engineの薄い本
サンプルコードにも間違いはある?
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ZBrushのZScript入門
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
ブログの復旧が難航してた話
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
機械学習手法『Random Forest』
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい

コメント