チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』

恥ずかしながら、Slackというものの存在を割と最近知ったオイラです。Slackはいわゆるチャットツールとのことなので、コミュニケーションに消極的だから知らずに済んでいた、と言い訳しようと思ったら、Slackはもはやコミュニケーションだけの用途ではないらしいですね。
Slack経由で様々なプログラム処理を実行したり、その結果をSlack経由で受け取るといった使い方がたくさんあるようです。

HubotというGitHub社が開発したbotのフレームワークが登場し、手軽にbotが作れるようになってチャットツールの活用の幅が大きく広がったらしい。
昨今、ちょっとした人工知能ブームですが、bot開発のフレームワークが登場したことにより、急にチャットbotの時代が到来したようだ。何だかんだで、手軽なツールやフレームワークといった、いわばインフラの普及がブームを作るよね。「すぐに真似できる」ってのが普及の鍵なのか。


スポンサーリンク

Hubot

Hubot


スポンサーリンク


ということで、このHubotをいじってみたくなったのでちょっと調べてみることにした。
http://qiita.com/Kta-M/items/d7e0f371e40b4cefc38a
この記事によると、HubotはAdapterを介して様々なチャットツールと接続できるようになっており、すでに各チャットツール用のAdapterが公開されている。なので、自分で開発するのはbotの挙動部分だけで良いらしい。
Hubot自体はNode.jsで動いているが、botの挙動はCoffeeScriptという言語で実装する。(コンパイルするとJavaScriptへ変換されるらしい)

CoffeeScriptは、より短いコードでプログラムを記述できる言語らしく、Hubotは補助ツールとしてさっさと機能追加・修正できるように設計されてるっぽい。プログラマーの生産性を上げるには、小回りの利く自動化ツールを直しながら使えるのが良いんでしょうね。「人工知能」なんて大げさなこと言わず、こういう小さいタスクを1つ1つ自動化する積み重ねが効率化につながるんだろうな。


スポンサーリンク

関連記事

PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
プログラムによる景観の自動生成
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
Konashiを買った
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
UnityからROSを利用できる『ROS#』
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
タマムシっぽい質感
WordPressプラグインの作り方
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
WordPressの表示を高速化する
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
3Dグラフィックスの入門書
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
OpenCV
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
手を動かしながら学ぶデータマイニング
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
Iterator

コメント