Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』

Sunflow – Global Illumination Rendering System

sunflow macross

Sunflowは、写実的な画像合成のためのオープンソースのレンダリングシステムです。
SunflowはJavaで書かれており、柔軟なレイトレーシングコアと拡張可能なオブジェクト指向設計で構築されています。


スポンサーリンク

ソースコードが公開されてるのでGIの勉強の参考に。
本当はアルゴリズムを理解してから実装するのがベストなんだけど、本を読むだけだとなかなか理解が進まないこともある。
そんな時は実装例を見るのもアリだと思う。


スポンサーリンク

関連記事

Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
参考になりそうなサイト
Vancouver Film Schoolのデモリール
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
機械学習について理解するための可視化ツール『MLDemos』
Unityをレンダラとして活用する
色んな三面図があるサイト
HD画質の無駄遣い その2
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
Pix2Pix:CGANによる画像変換
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
ラクガキの立体化 胴体の追加
今年もSSII
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
『ピクサー展』へ行ってきた
UnityでLight Shaftを表現する
Unityの薄い本
自前のShaderがおかしい件
C++の抽象クラス
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
HerokuでMEAN stack
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
リファレンス画像専用ビューア『PureRef』
OpenMayaRender
Amazon Web ServicesでWordPress
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
オープンソースの取引プラットフォーム
WordPress on Windows Azure
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ

コメント