Physically Based Rendering

会社員になってからすっかり画像認識の人になってしまったけど、最近のCGレンダリング事情にキャッチアップしておきたい。
リアルタイムレンダリング系の書籍を買っておきながらしばらく積んでいた↓

リアルタイムレンダリング 第4版 (Real Time Rendering Fourth Edition 日本語版)ゲーム制作者になるための3Dグラフィックス技術 改訂3版

画像認識もCGも、リアルタイム化を目指す際の考え方は共通点が多いと最近感じる。
極力ユースケースを絞って重い処理はなるべく事前計算へ追いやり、キャッシュをフル活用してリッチな処理を近似する。実行時の自由度と処理負荷のバランスを調整していく。。
応答のリアルタイム性を追求するとどんなジャンルでも考え方は似通ってくるのかな。

レンダラやGPUアーキテクチャの話もあるけど、基本はやっぱりBRDF(反射)なので、とりあえずミクロなスケールでShaderの話からキャッチアップして行こう。

今月のCG WORLDはPBR (Physically Based Rendering)特集だったね。

CGWORLD (シージーワールド) 2020年 09月号 [雑誌]


スポンサーリンク


BRDFの近年までの歴史を概観するのにTeppei Kuritaさんが公開している資料がとても分かりやすい↓

Cook-Torrance

この分野は長らく遠ざかっていたので、オイラの実装知識はCook-Torranceぐらいまでで止まっている↓

学生の頃、C++の勉強も兼ねてCook-TorranceをMayaのShaderプラグインとして実装したことがある↓



https://github.com/NegativeMind/Maya-Plugins

当時、Mayaの標準レンダラに搭載されていたShaderはBlinnやPhongぐらいだった。(mentalrayにはCook-Torranceも搭載されていた)

幾何減衰項G、フレネル項F、マイクロファセット分布項Dで構成されたパラメーターが、オイラにとっては模型の塗装みたいで直感的だった。プログラミングを習得する題材としてちょうどよかったな。

PBR Shader

現在多くのDCCツールでデファクトスタンダードとなっている通称PBR Shaderと呼ばれる反射モデルは、2012年にDisneyが発表したDisney Principled BRDFがベース。


スポンサーリンク

物理モデルBRDFでは、物体の質感を以下の要素で定義する↓

  • Albedo (反射比率)
  • Metalness (金属か誘導体か)
  • Roughness (表面の粗さ)
  • IOR (屈折率)

Disney Principled BRDFは物理モデルをベースに、アーティストが直感的に質感を調整できるようパラメーターが設計されている。それまでDCCツールで主流だったLambertやPhongといった推論モデルに対して、物理モデルを裏付けとしたShaderだからPBR(Physically Based Rendering) Shaderと呼ばれるわけですね。

追記:ご指摘いただいたので補足。Lambertを推論モデルに括るのは雑でした。
ここで言いたかったのはLambert反射の定義ではなく、当時のDCCツール(というかMaya)に搭載されていたLambertマテリアルの話。
DCCツール、というか多くのCGプログラムでLambertは実装が省略されていて、エネルギー保存が成立していなかった。定義に従ってLambert Shaderを書き直してみたことがある↓



2015年、Disney Principled BRDFをさらに発展させて、BRDF(反射)だけでなくBTDF(屈折・透過)も合わせたBSDFモデルが発表され、現在に至る。
BSDF: (Bidirectional scattering distribution function)
BSDF: Bidirectional Scattering Distribution Function (双方向散乱分布関数) = BRDF: Bidirectional Reflectance Distribution Functi...


BlenderデフォルトマテリアルのPrincipled BSDFもDisney Principled BRDFがベース↓

左:英語、右:日本語



各パラメータの解説はこちらの記事が詳しい↓
http://bluebirdofoz.hatenablog.com/entry/2019/10/05/091604

ここ数年はSIGGRAPHでも毎年Physically Based Shading in Theory and Practiceのコースが設けられている。



今年のコースのスライド↓
https://blog.selfshadow.com/publications/s2020-shading-course/

結局、スライドだけでなくセッション動画も公開されましたね↓



スポンサーリンク

関連記事

Paul Debevec
天体写真の3D動画
サンプルコードにも間違いはある?
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
デザインのリファイン再び
単純に遊びに行くのはだめなのか?
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
この本読むよ
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
PolyPaint
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
『ピクサー展』へ行ってきた
WebGL開発に関する情報が充実してきている
ガメラ生誕50周年
ラクガキの立体化 胴体の追加
2012のメイキングまとめ(途中)
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
UnityのAR FoundationでARKit 3
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
Raytracing Wiki
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
この連休でZBrushの スキルアップを…
CEDEC 3日目
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
ZBrushのお勉強
ゴジラ(2014)のメイキング

コメント