ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける

過去、何度かこのキャラクターにリギングしてみた↓


Maya LTのQuick Rigを試す
ちょっと前に、人型3DMeshをアップロードすると半自動でボーンとのスキニングが完了するAdobeのMixamoというサービスがすごいすごいと言っていたわけですが。Maya LTにもQuick Rigというお手軽スキニングツールがある...

Maya LTでFBIK(Full Body IK)
Maya LTのQuick Rigという便利機能を知ったので、もうちょっと色々といじってみる。(楽しくなってきた)公式ドキュメントによると、Quick Rigの設定には大きく2通りあって、 ワンクリック(One-Cl...


今度はBlenderでリギング、スキニング、アニメーションしてみようと思う。


スポンサーリンク


今までこのモデルでMixamoやMayaのQuick Rigを試してみて、今の素立ちポーズではボーンへのスキニングがやりにくいことも分かってきた↓



腕を上げて脇を開いたポーズ、いわゆるTポーズやAポーズでないと、自動スキニングで脇周りのウェイトが混ざってグチャグチャになってしまう。
このキャラクターは肩に角とか付けちゃったので、Aポーズの方が良さそうだ。

ポーズ変更にはこちらの記事を参考にZBrushのTranspose Masterを使ってみよう↓
https://3dtotal.jp/tutorials/7145/

Transpose Master

Transpose Masterは、複数のSubToolで構成されたモデルにポーズを付けるためのプラグインです。
SubTool全てを一時的に低解像度の単一Meshに結合してポーズ付けを行い、そのポーズを元の高解像度Meshに反映することができます。

Transpose MasterサブパレットはZpluginパレットにあります。


スポンサーリンク

まずは全てのSubToolを表示した状態で



ZPluginTranspose Masterから、ZSphereRigを有効にした状態でTPoseMeshボタンを押す。



全てのSubToolが結合された定解像度のSubToolが作成される。



ZSphereRigを有効にしておくと、そのままZSphereで骨を作成できる。



骨を配置したら、ToolRiggingBind Meshでスキニング。



ってやってみたら、脇のバインドがグチャグチャになってしまった。要するに、他のDCCツールでスキニングした時と同じ問題に遭遇した。
よくよく考えてみれば、ポーズを変えたいのは腕だけなので、Transpose Masterで結合してポーズ付けする意味がなかった(笑)

気を取り直して、胸、肩、腕だけのSubToolを表示してポーズ変更。
ZPluginTranspose MasterTPoseSubTで元のSubToolへポーズが反映される↓



脇がつられて変形することはなくなったが、肩や胸が伸びてだいぶ変形してしまった。生物の皮膚と考えると自然な変形なんだろうけど、このキャラクターの肩や胸は硬いアーマーのイメージでデザインしたので、伸び縮みはイメージに合わない。

普通にモデリング

Transpose Masterは諦めて、単純に通常のモデリングと同じ手順で腕のポーズを変えることにします。
腕以外の動かしたくない部分をMaskしておく。



Gizmo3Dで肩を中心に腕を回転。



Maskの境界付近にちょっとシワができてしまったのでSmoothブラシで修正。ついでに今までちょっと気に入らなかった肩の角の形も修正して、DynaMeshをかけた。
トポロジーが変わってしまったので、再びリメッシュとデイティールの転送を行った。



これで一応Aポーズへの変更は完了。

モデルを眺めていると欲が出てくる。手のパーツもモデリングし直したくなってきたぞ。


スポンサーリンク

関連記事

そのアプローチは帰納的か演繹的か
2012のメイキングまとめ(途中)
就活の風景
生物の骨格
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
Web時代の教育方法
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
日本でMakersは普及するだろうか?
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
ラクガキの立体化 胴体の追加
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
3DCG Meetup #4に行ってきた
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
サンプルコードにも間違いはある?
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
MRenderUtil::raytrace
ZBrush 2018へのアップグレード
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
能力者
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
CEDEC 3日目
映画『パワーレンジャー』スーツのメイキング
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Unityの薄い本
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
ラクガキの立体化 3D出力物の表面処理
ZBrushのUV MasterでUV展開

コメント