ZBrushでアマビエを作る その2

ノープランで作り始めたアマビエ。



最近元気が無くて模型制作はあんまりできてないけど、ZBrushなら元気が無くてもあまり気負わずに手を着けられる。
とりあえずファイルを開いてしばらく眺めるだけでも、「ここに少し手を加えよう」という気持ちがわいてきていじることができる。

ということで無計画のまま進めた↓



何か見本があってその形状を再現するわけではないので、多少迷いがあっても躊躇なく手を加えることができる。
ZBrushは探りながらの操作がしやすくて良いね。


スポンサーリンク


正面から見た形状にはなんとなく戦闘機風の印象を重ねていたけど、



よくよく思い出してみたら、「怪獣総進撃」に登場するムーンライトSY-3の影響があることに気づいた。

怪獣総進撃

少し魚っぽい意匠を増やそうと思って、首あたりにエラのようなヒダを作ってそのまま肋骨のように胸まで続けてみた↓



脚先は何となくゴジラの背びれみたいに。
胸がえぐれてるような部分を強調してそこから生える両足(?)はオタマジャクシからカエルになる途中のような雰囲気で。



肩甲骨というか肩のトゲの後はまだどんな形状にしようか試行錯誤中。



最初からここまでの過程を改めて5分の動画にした↓



アマビエの独特の髪の毛はどうやって作ろうか。

魚っぽい雰囲気とクリーチャーっぽさの参考にしようと思って少し古代魚について調べてみたら、ボスリオレピスというカッコいい種類の存在を知った。

最近、YouTubeでコンセプトアーティスト(?)のチャンネルを見るようになった↓



静止画で仕上げることを前提に、最終的なディティールはPhotoshopで切り貼りして仕上げるんだな。

制作記事まとめページ↓
アマビエ
まだ作り途中… 気まぐれで作り始めたオリジナルのアマビエを作り始めた。 ZBrushでの作業に入る前になんとなく目指すイメージを2Dで描いてみて、それを指針に始めて3D上で自分が気持ち良いと感じる形を探っている。 抽象的な雰囲気を残して怪獣...


スポンサーリンク

関連記事

Blendify:コンピュータービジョン向けBlenderラッパー
MFnDataとMFnAttribute
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
trimesh:PythonでポリゴンMeshを扱うライブラリ
Mayaのプラグイン開発
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅の修正・脚の作り込み
ラクガキの立体化 モールドの追加
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のトゲの作り直し
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
MeshLab:3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア
映画『シン・仮面ライダー』 メイキング情報まとめ
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
Point Cloud Utils:Pythonで3D点群・Meshを扱うライブラリ
ZBrush キャラクター&クリーチャー
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
シン・ゴジラのファンアート
iPhone欲しいなぁ
Maya LTのQuick Rigを試す
Unityで360度ステレオVR動画を作る
布のモデリング
CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
Physically Based Rendering
3Dグラフィックスの入門書
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
Unityの薄い本
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める

コメント