ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh

最近、これにとても納得した。↓
http://togetter.com/li/900195

今までは、週末にZBrushの作業を進めようとしていたけど、何だかんだであんまり進まなかった。触ろうとしなかった日も多い。
上手くモチベーションが維持できないと感じていたけど、そもそもモチベーションに頼るようなやり方があまり良くない。仕事では、モチベーションに関わらず淡々と作業を進められるし、毎日出勤していればそれなりに成果は出る。それと同じだ。

ということで、モチベーションに関わらず習熟できるように、習慣に近い感覚でZBrushに触ることにした。これからは平日の夜寝る前にZBrushに触るようにしてみる。短時間でも良いからとにかく毎日触ること。ハッキリとわかるほどの進捗じゃなくても、続けていれば多くを学べるし、定着する。習慣とはそういうものだと思う。
幸い、模型と違ってZBrushはソフトウェアだから、物理的に準備・片づけの手間がかからずお手軽。


スポンサーリンク


さて、前回の記事ではリファレンス画像をZBrushの画面上に表示する方法を知ったけど、S.H.Figuartsを買ったりして、だいぶ頭の中の仮面ライダー3号像も固まってきているので、トレースするような作り方はやめることにした。
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
前回から驚くほどの進捗の悪さです(笑)ダラダラしているうちに仮面ライダー3号が登場する映画「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」のBlu-Rayが発売されてしまったけど、リファレンスとしてありがたく活用することにする。...

『S.H.Figuarts 仮面ライダー3号』が発売された
S.H.Figuartsの仮面ライダー3号がついに発売されましたね。 予約注文してたのが届きました。↓ そしてZBrushでのモデリングの方はまだちっとも進んでない(笑) もう完全に負けましたね(何がだ...


当初はなるべく計画的に進めるつもりでいたけど、その割には操作について習熟できていないことが多々あるので、もっと帰納的なやり方に切り替える。身体のベースを先に用意したのももはや足かせになっている。↓

頭と体のバランスが変

頭と体のバランスが変



スポンサーリンク

いじっている部分以外を半透明表示する方法を知ったけど、そもそもマスク単体を先に作ってからそれに合わせて身体のサイズを調整した方が楽な気がする。

頭以外を半透明表示

頭以外を半透明表示



作業中のツール以外を半透明表示するのは簡単で、Transpボタンを押せば良い。

Transp

DynaMesh

今回覚えるのはZBrushのDynaMeshという機能。こいつを使えば、いじっているうちにまばらになってしまったMeshの密度を自動で均一にできるのです。
Tool → Geometry → DynaMeshを押せば有効になるようです。何もないところでCtrl + ドラッグでMeshが再構築される。

DynaMesh

こちらの記事を参考にしました↓
http://lab.designsatellites.jp/?p=1888

ZBrushでハードサーフェイスモデリングするのは初めてだから、どれぐらいで解像度を上げていくのかまだ感覚がわからない。

正面

Pinchブラシを使ってエッジを出そうとしてるんだけど、まだMeshの解像度が粗いかな。それとも、まだエッジを出すのは早いのか?

側面

のんびりと、着実に進めていく。


スポンサーリンク

関連記事

ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
Mayaのプラグイン開発
『S.H.Figuarts 仮面ライダー1号』は10月発売予定
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
Vancouver Film Schoolのデモリール
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
シフトカーの改造
映画『仮面ライダー1号』に登場するスーツの展示
仮面ライダーアマゾンズの主題歌『Armour Zone(Full Version)』が6月17日先行...
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
注文してた本が届いた
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
ZBrushのUV MasterでUV展開
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
MFnMeshクラスのsplit関数
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
単純に遊びに行くのはだめなのか?
ラクガキの立体化
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』を観た (ネタバレ無し)
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
ゴジラ三昧
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
ファンの力
Amazonプライム・ビデオで『仮面ライダーアマゾンズ』が配信開始
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
日本でMakersは普及するだろうか?

コメント