ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh

最近、これにとても納得した。↓
http://togetter.com/li/900195

今までは、週末にZBrushの作業を進めようとしていたけど、何だかんだであんまり進まなかった。触ろうとしなかった日も多い。
上手くモチベーションが維持できないと感じていたけど、そもそもモチベーションに頼るようなやり方があまり良くない。仕事では、モチベーションに関わらず淡々と作業を進められるし、毎日出勤していればそれなりに成果は出る。それと同じだ。

ということで、モチベーションに関わらず習熟できるように、習慣に近い感覚でZBrushに触ることにした。これからは平日の夜寝る前にZBrushに触るようにしてみる。短時間でも良いからとにかく毎日触ること。ハッキリとわかるほどの進捗じゃなくても、続けていれば多くを学べるし、定着する。習慣とはそういうものだと思う。
幸い、模型と違ってZBrushはソフトウェアだから、物理的に準備・片づけの手間がかからずお手軽。


スポンサーリンク


さて、前回の記事ではリファレンス画像をZBrushの画面上に表示する方法を知ったけど、S.H.Figuartsを買ったりして、だいぶ頭の中の仮面ライダー3号像も固まってきているので、トレースするような作り方はやめることにした。
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
前回から驚くほどの進捗の悪さです(笑)ダラダラしているうちに仮面ライダー3号が登場する映画「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」のBlu-Rayが発売されてしまったけど、リファレンスとしてありがたく活用することにする。...

『S.H.Figuarts 仮面ライダー3号』が発売された
S.H.Figuartsの仮面ライダー3号がついに発売されましたね。 予約注文してたのが届きました。↓ そしてZBrushでのモデリングの方はまだちっとも進んでない(笑) もう完全に負けましたね(何がだ...


当初はなるべく計画的に進めるつもりでいたけど、その割には操作について習熟できていないことが多々あるので、もっと帰納的なやり方に切り替える。身体のベースを先に用意したのももはや足かせになっている。↓

頭と体のバランスが変

頭と体のバランスが変



スポンサーリンク

いじっている部分以外を半透明表示する方法を知ったけど、そもそもマスク単体を先に作ってからそれに合わせて身体のサイズを調整した方が楽な気がする。

頭以外を半透明表示

頭以外を半透明表示



作業中のツール以外を半透明表示するのは簡単で、Transpボタンを押せば良い。

Transp

DynaMesh

今回覚えるのはZBrushのDynaMeshという機能。こいつを使えば、いじっているうちにまばらになってしまったMeshの密度を自動で均一にできるのです。
Tool → Geometry → DynaMeshを押せば有効になるようです。何もないところでCtrl + ドラッグでMeshが再構築される。

DynaMesh

こちらの記事を参考にしました↓
http://lab.designsatellites.jp/?p=1888

ZBrushでハードサーフェイスモデリングするのは初めてだから、どれぐらいで解像度を上げていくのかまだ感覚がわからない。

正面

Pinchブラシを使ってエッジを出そうとしてるんだけど、まだMeshの解像度が粗いかな。それとも、まだエッジを出すのは早いのか?

側面

のんびりと、着実に進めていく。


スポンサーリンク

関連記事

写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
仮面ライダーあつめ
OpenMayaRender
Photogrammetry (写真測量法)
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
プログラムによる景観の自動生成
ZBrushの練習 手のモデリング
Unreal Engine 5の情報が公開された!
2018年 観に行った映画振り返り
参考書
adskShaderSDK
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
仮面ライダーアマゾンズ
日本でMakersは普及するだろうか?
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
クライマックスヒーローズ
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
TVML (TV program Making language)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
Paul Debevec
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
東京おもちゃショー2017
Amazonプライム・ビデオで『仮面ライダーアマゾンズ』が配信開始
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
最近のフィギュアの製造工程
書籍『映画監督 坂本浩一 全仕事』読了
仮面ライダー4号の最終話を観た
Amazonプライム・ビデオに仮面ライダーが続々登場
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
映画『シン・仮面ライダー』が発表された!
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
映画『パワーレンジャー』スーツのメイキング
Unreal Engineの薄い本
SIGGRAPH ASIAのマスコット
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
『S.H.Figuarts 仮面ライダー1号』は10月発売予定

コメント