UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン

ROS#もそうですが、ロボット制御ソフトウェアの開発、特にコンピュータビジョン関係は学習やテスト用の画像収集がボトルネックで、最近は学習や動作のシミュレーション環境にCGを活用する例が増えている。



このUnrealCVはUnrealEngineをコンピュータビジョンの研究で使うためのUnrealEngine用プラグイン↓

UnrealCV

UnrealCV

UnrealCVは、コンピュータビジョンの研究者がUnreal Engine 4(UE4)でバーチャルワールドを構築するのに役立つオープンソースプロジェクトです。UE4のプラグインとして以下の機能を提供します:

  1. バーチャルワールドを対話的に操作するためのUnrealCVコマンドセット
  2. Caffeなどの外部プログラムとUE4間の通信

UnrealCVは2つの方法で使用できます。
1つ目は、UnrealCVを組み込んだコンパイル済みゲームバイナリを使用することです。これはただゲームを実行するのと同じくらい簡単で、Unreal Engineに関する知識は必要ありません。
2つ目は、UnrealCVプラグインをUnreal Engine 4(UE4)にインストールし、UE4のエディタを新しいバーチャルワールドを構築するために使用することです。

UnrealCVの使用方法については、Tutorial: Getting Startedをお読みください。

arXivで2016年に公開されたドキュメントがある。
https://arxiv.org/abs/1609.01326

アーキテクチャを見ると、ゲームエンジンとコンピュータービジョンアルゴリズム間はTCP通信なのね。

architecture of UnrealCV


スポンサーリンク


スポンサーリンク


データ収集の問題だけでなく、自動運転のための学習や動作テストとかは大事故にもつながりかねないので、ゲームエンジンでシミュレーションするのは自然な流れかも。
CG空間なら同じシチュエーションを正確に繰り返せるのもメリットですね。



https://dev.classmethod.jp/articles/unrealcv-unreal-engine-for-computer-vision-project/

Microsoftが開発した自動運転シミュレーターAirSimも最初はUnrealEngine製だった。(今はUnity版もある)
https://github.com/Microsoft/AirSim





https://blogs.unity3d.com/jp/2018/11/08/jump-start-your-autonomous-simulation-development-with-unitys-simviz-solution-template/
https://blogs.unity3d.com/jp/2018/11/14/airsim-on-unity-experiment-with-autonomous-vehicle-simulation/

UnrealROXというシミュレーターもあるらしい↓
https://sim2realai.github.io/UnrealROX/

追記:NVIDIAからディープラーニング学習用のデータを合成するUE4プラグインNVIDIA Deep learning Dataset Synthesizer (NDDS)が配布されている↓



スポンサーリンク

関連記事

OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
NVIDIA GeForce RTX 3080を購入
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
NVIDIA Quadro OpenGL DriverのDeep Color不具合の対処方法
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
Maya LTのQuick Rigを試す
CreativeCOW.net
MRenderUtil::raytrace
布地のシワの法則性
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
Blender 2.8がついに正式リリース!
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
なんかすごいサイト
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
ZBrush 2018へのアップグレード
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
CEDEC 3日目
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
ニューラルネットワークで画像分類
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
Vancouver Film Schoolのデモリール
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
手を動かしながら学ぶデータマイニング
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
PythonでBlenderのAdd-on開発

コメント