OpenCVで動画の手ぶれ補正

こちらのサイトに手振れ補正する理屈とOpenCVで書いたサンプルが載ってる。

Simple video stabilization using OpenCV

  1. オプティカルフローを用いて、前後フレーム間のトランスフォームを求める。
  2. トランスフォームは3つのパラメータ:dx, dy,da(角度)で構成され、基本的に剛体の剛性のユークリッド変換とし、スケーリングや共有は考慮しない。

  3. ブレの軌跡を得るために、各フレームのx, y, 角度のトランスフォームを保存する。
  4. 移動平均窓を使用して軌跡を滑らかにする。
  5. ユーザが平滑化に使用するフレーム数となる半径を指定する。

  6. 以下のように新しいトランスフォームを求める。
  7. 新しいトランスフォーム = 元のトランスフォーム + (平滑化した軌跡 – 元の軌跡)


    スポンサーリンク
  8. 動画に新しいトランスフォームを適用する。

サンプルコードもある。


スポンサーリンク


補正結果比較動画。



2020年10月 追記:このC++実装をもとに有志がPythonで実装したPython Video StabilizationがGitHubで公開されている↓
https://github.com/AdamSpannbauer/python_video_stab

2019年1月 追記:Learn OpenCVでも手振れ補正のチュートリアルが公開されたぞ↓
https://www.learnopencv.com/video-stabilization-using-point-feature-matching-in-opencv/



スポンサーリンク

関連記事

UnityでARKit2.0
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
機械学習について最近知った情報
続・ディープラーニングの資料
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
機械学習手法『Random Forest』
UnityでPoint Cloudを表示する方法
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
UnityのTransformクラスについて調べてみた
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
クラスの基本
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
ブログの復旧が難航してた話
Paul Debevec
HD画質の無駄遣い
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
Iterator
ZBrushのZScript入門
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
Raspberry PiでIoTごっこ
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
UnityのAR FoundationでARKit 3
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール

コメント