ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す

だいぶ前にSeleniumの存在を知っておきながら、まともに試さず時間が経った。



Selenium WebDriverをPythonから叩けばスクレイピングもお手軽だよなぁ、と思い始めた。
Python環境でもpipで簡単にSeleniumをインストールできる。
ブラウザはChromeを使いたいので、別途ブラウザ用のWebDriverとしてChromeDriverもダウンロードした↓
https://sites.google.com/a/chromium.org/chromedriver/

PythonからWebDriverの実行ファイルを叩くような使い方をするらしい。
スクレイピングでSeleniumを使う1番のメリットは、ログインが必要なサイトや、JavaScriptの実行を求めるサイトでも普通のブラウザ操作としてコードが書ける点。複雑なWebの仕組みを抽象化するためにブラウザを間に噛ます感じ。(全部コーディングでやろうとして苦労したことがある…)
Seleniumでサイトのデータを粗く取得して、Beautiful Soupなどのライブラリで詳細にtextをパースしていけば良いんじゃないかな。
https://blog.negativemind.com/2014/06/15/python%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%80%8Ebeautifulsoup%E3%80%8F/


スポンサーリンク


始めるにあたって参考にしたのはこちら↓
http://nfnoface.hatenablog.com/entry/2017/03/08/212300
https://dev.classmethod.jp/tool/eclipse/windows-selenium-headless-chrome/

何で急にスクレイピングの勉強を再開したかと言うと、最近は機械学習を手軽に試せるライブラリが充実してきたのに、手元にあんまり面白いデータが無かったから。
そして、個人のPCで試せる程度の演算負荷と考えると、画像よりもtextデータの方が色々と試行しやすい気もしている。単位時間あたりに沢山試せた方が学びがあるんじゃないかな。

スクレイピングや言語処理にはそれほど詳しくないんだけど、幸い広く浅く紹介している書籍の存在を知った。↓

Pythonによるスクレイピング&機械学習 開発テクニック BeautifulSoup,scikit-learn,TensorFlowを使ってみよう

画像認識にニューラルネットワークを使う理屈は何となく知ってるけど、言語処理については全く知らないので勉強してみたくなった。

最近Qiitaによく使う正規表現のまとめ記事がアップされたので助かる。
https://qiita.com/dongri/items/2a0a18e253eb5bf9edba


スポンサーリンク

関連記事

機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
Mean Stack開発の最初の一歩
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
OANDAのfxTrade API
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Unityの薄い本
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
Raspberry Pi 2を買いました
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
UnityからROSを利用できる『ROS#』
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
今年もSSII
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
Managing Software Requirements: A Unified Approach
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
3D復元技術の情報リンク集
Model View Controller
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
3Dグラフィックスの入門書
C++始めようと思うんだ
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
タマムシっぽい質感
C++の抽象クラス
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
書籍『ROSプログラミング』
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル

コメント