iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』

何か、オイラの周りではちっとも流行ってないんだけど、iPhoneで3D写真が撮影できる「Seene」って無料アプリがある。
Seene: Share life in 3D
開発したのは、イギリス ロンドンを拠点とするスタートアップのObvious Engineering。

被写体にカメラを向け、カメラを上下左右に移動させて別の角度からも撮影すると、アプリが3Dに合成してくれる。
局所特徴量を使って特徴点のオプティカルフローを追っかけて視点移動を捉えてるっぽい。光沢のある被写体は苦手。

そして、このアプリで撮った3D写真はWebページに埋め込めるのである。
ということで香港で食べたスペアリブ炒飯3D(チョイスが悪い…)


スポンサーリンク

ビューアも秀逸だと思う。iPhoneでは端末の傾きと連動、PCではマウスの動きと連動して被写体の角度が変化する。


スポンサーリンク

関連記事

SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
OpenCV バージョン4がリリースされた!
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
ディープラーニング
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
新年の衝動買い
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
OpenGVのライブラリ構成
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
Adobe MAX 2015
『Oto-Latte(オトラテ)』テキストのニュース記事をラジオ番組のように音声で聞けるスマホアプリ
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
Unityからkonashiをコントロールする
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
Kinect for Windows v2の日本価格決定
ペイントマネージャー:模型塗料を管理できるスマホアプリ
iPhone欲しいなぁ
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
iPhoneをSSHクライアントとして使う
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)

コメント