iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』

何か、オイラの周りではちっとも流行ってないんだけど、iPhoneで3D写真が撮影できる「Seene」って無料アプリがある。
Seene: Share life in 3D
開発したのは、イギリス ロンドンを拠点とするスタートアップのObvious Engineering。

被写体にカメラを向け、カメラを上下左右に移動させて別の角度からも撮影すると、アプリが3Dに合成してくれる。
局所特徴量を使って特徴点のオプティカルフローを追っかけて視点移動を捉えてるっぽい。光沢のある被写体は苦手。

そして、このアプリで撮った3D写真はWebページに埋め込めるのである。
ということで香港で食べたスペアリブ炒飯3D(チョイスが悪い…)


スポンサーリンク

ビューアも秀逸だと思う。iPhoneでは端末の傾きと連動、PCではマウスの動きと連動して被写体の角度が変化する。


スポンサーリンク

関連記事

顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
カプコンの新作情報専用iPhoneアプリ『Capcom News』
GoogleのDeep Learning論文
iPhone 8 → iPhone 11 Pro
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
OpenGVのライブラリ構成
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
iPhoneアクセサリ
konashiのサンプルコードを動かしてみた
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
ポイントクラウドコンソーシアム
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
ベイズ推定とグラフィカルモデル
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
Konashiを買った
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
仮面ライダーあつめ
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
『Oto-Latte(オトラテ)』テキストのニュース記事をラジオ番組のように音声で聞けるスマホアプリ

コメント