iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』

何か、オイラの周りではちっとも流行ってないんだけど、iPhoneで3D写真が撮影できる「Seene」って無料アプリがある。
Seene: Share life in 3D
開発したのは、イギリス ロンドンを拠点とするスタートアップのObvious Engineering。

被写体にカメラを向け、カメラを上下左右に移動させて別の角度からも撮影すると、アプリが3Dに合成してくれる。
局所特徴量を使って特徴点のオプティカルフローを追っかけて視点移動を捉えてるっぽい。光沢のある被写体は苦手。

そして、このアプリで撮った3D写真はWebページに埋め込めるのである。
ということで香港で食べたスペアリブ炒飯3D(チョイスが悪い…)


スポンサーリンク

ビューアも秀逸だと思う。iPhoneでは端末の傾きと連動、PCではマウスの動きと連動して被写体の角度が変化する。


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVで顔のモーフィングを実装する
ポイントクラウドコンソーシアム
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
2018年に購入したiPad Proのその後
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Pix2Pix:CGANによる画像変換
今年もSSII
海外ドラマのChromaKey
ゴジラのスマホゲーム『Godzilla: Strike Zone』
Programing Guide for iPhone SDK 日本語のドキュメント
Kinect for Windows v2の日本価格決定
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
機械学習手法『Random Forest』
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
iPhone 8 → iPhone 11 Pro
iPhone5S → iPhone6S
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
Photogrammetry (写真測量法)
口笛から作曲できる作曲アプリ『Chordana Composer』
AfterEffectsプラグイン開発
コンピュータビジョンの技術マップ
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
PCA (主成分分析)
OpenGVのライブラリ構成
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
手持ちの模型塗料を管理できるスマホアプリ『プラカラーストック』
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
CGのためのディープラーニング
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
konashiのサンプルコードを動かしてみた
3Dコンピュータービジョンライブラリ『PyTorch3D』
顔画像処理技術の過去の研究

コメント