口笛から作曲できるスマホアプリ『Chordana Composer』

たまたま動画に合わせる著作権フリーのBGMを探していて、ふと思い出したカシオ計算機のiOSアプリ。
このアプリは口笛や鼻歌、ソフトウェアキーボード(ピアノの鍵盤)、MIDIインターフェイスから作曲の元となるフレーズを入力すると、自動で1曲に仕上げてくれる。アレンジのテイストや楽器はパターンの中から選択可能。

作曲アプリ「Chordana Composer」

「Chordana Composer」は作曲の知識がなくても自分のオリジナル曲を簡単に創ることができます。
3種類の入力から自分に合った入力方法でモチーフ(2小節のメロディー)を入力できますが、1曲分のメロディーを入力する必要はありません。
1つのモチーフを入力するだけで自動で1曲分を自動作成してくれるので作曲に掛かる膨大な時間は必要ありません。


スポンサーリンク

有料のアプリなんだけど、オイラはキャンペーン中で安い頃に購入していたのだ。そして何を隠そうオイラ、口笛は得意なのであります。


スポンサーリンク


音作りにはちっとも知見がないんでこういうアプリは重宝する。



そういえば、昔AdobeのProduction Premiumに入ってたAdobe SoundBoothに全自動作曲の機能があった気がするけど、今はAdobe Auditionに統合されているらしい。もう使い方がわからないなぁ。


スポンサーリンク

関連記事

3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
iPhoneをSSHクライアントとして使う
立体映像プレイヤー『Stereoscopic Player』
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
Konashiを買った
仮面ライダーあつめ
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
ゴジラのスマホゲーム『Godzilla: Strike Zone』
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
新年の衝動買い
konashiのサンプルコードを動かしてみた
ペイントマネージャー:模型塗料を管理できるスマホアプリ
Qlone:スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ
iPhone欲しいなぁ
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
プラカラーストック:模型塗料を管理できるスマホアプリ
『Oto-Latte(オトラテ)』テキストのニュース記事をラジオ番組のように音声で聞けるスマホアプリ
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
iPhoneアクセサリ
iPhone 11 Pro→ iPhone 13 Pro
2018年に購入したiPad Proのその後
マインドマップ作成ツール『MindNode』
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
Regard3D:オープンソースのStructure from Motionツール
UnityでARKit2.0
ReadCube:文献管理ツール
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
ROMOハッカソンに行ってきた
Microsoft Mathematics:数学の学習支援ツール
ギター曲向けの作曲ツール『TuxGuitar』
Programing Guide for iPhone SDK 日本語のドキュメント
無料の英文チェックWebサービス『PaperRater』
AI英語教材アプリ『abceed』

コメント