口笛から作曲できるスマホアプリ『Chordana Composer』

たまたま動画に合わせる著作権フリーのBGMを探していて、ふと思い出したカシオ計算機のiOSアプリ。
このアプリは口笛や鼻歌、ソフトウェアキーボード(ピアノの鍵盤)、MIDIインターフェイスから作曲の元となるフレーズを入力すると、自動で1曲に仕上げてくれる。アレンジのテイストや楽器はパターンの中から選択可能。

作曲アプリ「Chordana Composer」

CASIO Chordana Composer×CZ App for iPad with MISELU C.24

「Chordana Composer」は作曲の知識がなくても自分のオリジナル曲を簡単に創ることができます。
3種類の入力から自分に合った入力方法でモチーフ(2小節のメロディー)を入力できますが、1曲分のメロディーを入力する必要はありません。
1つのモチーフを入力するだけで自動で1曲分を自動作成してくれるので作曲に掛かる膨大な時間は必要ありません。


スポンサーリンク

有料のアプリなんだけど、オイラはキャンペーン中で安い頃に購入していたのだ。そして何を隠そうオイラ、口笛は得意なのであります。


スポンサーリンク


音作りにはちっとも知見がないんでこういうアプリは重宝する。

カシオ計算機「Chordana Composer」

そういえば、昔AdobeのProduction Premiumに入ってたAdobe SoundBoothに全自動作曲の機能があった気がするけど、今はAdobe Auditionに統合されているらしい。もう使い方がわからないなぁ。


スポンサーリンク

関連記事

ゴジラのスマホゲーム『Godzilla: Strike Zone』
Unreal EngineでARKit 3.0
Programing Guide for iPhone SDK 日本語のドキュメント
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
iPhone欲しいなぁ
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
UnityでARKit2.0
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
Math Inspector:科学計算向けビジュアルプログラミングツール
MLDemos:機械学習について理解するための可視化ツール
prosper
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
UnityのAR FoundationでARKit 3
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
2018年に購入したiPad Proのその後
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
ギター曲向けの作曲ツール『TuxGuitar』
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
Mac用のSubversionクライアント 『SCplugin』
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
カプコンの新作情報専用iPhoneアプリ『Capcom News』
『Oto-Latte(オトラテ)』テキストのニュース記事をラジオ番組のように音声で聞けるスマホアプリ
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
Unityからkonashiをコントロールする
立体映像プレイヤー『Stereoscopic Player』
プラカラーストック:模型塗料を管理できるスマホアプリ
iPhoneアクセサリ
Microsoft Mathematics:数学の学習支援ツール
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
GeoGebra:無料で使える数学アプリ
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
Virtual Network Computing
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
ペイントマネージャー:模型塗料を管理できるスマホアプリ
無料の英文チェックWebサービス『PaperRater』
Konashiを買った
ROMOハッカソンに行ってきた
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
マインドマップ作成ツール『MindNode』

コメント