Google Colaboratoryで遊ぶ準備

オイラは大したGPUを持っていないので、これまでDeep Learning手法の実装を自分で試すのに苦労していた。デスクトップPCを新調した今も、新しいGPUを買うまで状況は同じだ。



ということで、無料でGPUリソースも使えるクラウド環境 Google Colaboratory 通称Colabの使い方をちゃんと知っておこうと思う。

Google Colaboratory




スポンサーリンク


動画では「Googleドライブに保存されるJupyter Notebook」と解説されているけど、そもそもJupyter Notebookにもあまり馴染みがないので、そこから理解していかなければ。

書いたnotebook(ipynbファイル)はバージョン管理したいので、手始めにGitHubに保存する方法を調べる↓

GitHub でのノートブックの保存と読み込み

Google ColaboratoryはGitHubと完全に統合できるように設計されており、NotebookをGitHubから読み込んだり、NotebookをGitHubに保存することができます。

公開されているNotebookをGitHubから直接読み込む

Colabは認証などの手順無しで、GitHubで公開されているNotebookを直接読み込むことができます。
例えば、以下のURLにあるNotebookなら:https://github.com/googlecolab/colabtools/blob/master/notebooks/colab-github-demo.ipynb
Colabでのリンクは以下URLになります:https://colab.research.google.com/github/googlecolab/colabtools/blob/master/notebooks/colab-github-demo.ipynb
Chrome拡張機能Open in Colabを使用すれば、このようなリンクをワンクリックで生成できます。

ColabからGitHubのリポジトリをブラウジングする

Colabは、GitHubの任意のユーザー/組織、リポジトリ、ブランチに直接リンクする特別なURLもサポートしています。
例えば:

PrivateのNotebookを読み込む

GitHubのPrivateリポジトリからNotebookを読み込むことも可能ですが、Colabがファイルにアクセスできるようにするために追加の手順が必要です。以下の手順を行います:


スポンサーリンク
  1. http://colab.research.google.com/githubに移動します。
  2. “Include Private Repos”(Privateリポジトリを含める)チェックボックスをクリックします。
  3. ポップアップウィンドウでGithubアカウントにサインインし、ColabにPrivateファイルの読み取りを許可します。
  4. これで、PrivateリポジトリとNotebookがGitHubナビゲーションペインから利用できるようになります。

NotebookをGitHubまたはGoogleドライブに保存する

GitHubがホストするNotebookをColabで開くと、Notebookを編集できる新しいビューが開きます。 ソースの上書きを心配することなく、Notebookを実行・変更できます。
Colab上から変更を保存する場合は、[ファイル]メニューを使用して、変更したノートブックをGoogleドライブに保存するか、GitHubに戻すことができます。
[ファイル]→[ドライブにコピーを保存]または[ファイル]→[GitHubにコピーを保存]を選択し、表示されるプロンプトに従います。 Colab NotebookをGitHubに保存するには、コミットをリポジトリにプッシュする権限をColabに付与する必要があります。

Colabバッジから開く

GitHubがホストするNotebookのコピーは誰でもColabで開くことができます。多くの人がGitHubでホストされているNotebookのライブビューに簡単にアクセスできるように、Colabでは以下のようなshields.ioスタイルのバッジを提供しています。

Open In Colab

このバッジのmarkdownでの記述は以下の通りです:

[![Open In Colab](https://colab.research.google.com/assets/colab-badge.svg)](https://colab.research.google.com/github/googlecolab/colabtools/blob/master/notebooks/colab-github-demo.ipynb)

対応するHTMLは以下の通り:

Open In Colab

このテンプレートのNotebook URLを、リンク先のNotebookに置き換えることを忘れないでください。

Colabを始める前のGoogleドライブの環境設定はこちらの記事を参考にしようか↓
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1812/10/news145.html

とりあえずPyTorchの簡単なコードを実行してみようね。
https://github.com/omerbsezer/Fast-Pytorch

最近勉強した流れでPGGANを試してみても良いかもね。
https://pytorch.org/hub/facebookresearch_pytorch-gan-zoo_pgan/

無料でColabを使う場合の制限については追々理解していこう。
https://qiita.com/shoji9x9/items/0ff0f6f603df18d631ab
https://qiita.com/tomo_makes/items/b3c60b10f7b25a0a5935

この際、ちゃんとJupyterの使い方習得したいな。

改訂版 Pythonユーザのための Jupyter[実践]入門


スポンサーリンク

関連記事

Adobe MAX 2015
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
C++の抽象クラス
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
Manim:Pythonで使える数学アニメーションライブラリ
Regard3D:オープンソースのStructure from Motionツール
ポイントクラウドコンソーシアム
UnityでOpenCVを使うには?
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
Python.NET:Pythonと.NETを連携させるパッケージ
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
3Dグラフィックスの入門書
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
書籍『ROSプログラミング』
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
WinSCP
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
定数
Raspberry Pi 2を買いました
UnityのAR FoundationでARKit 3
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
WordPressのテーマを自作する
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
HD画質の無駄遣い
マルコフ連鎖モンテカルロ法
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
UnityからROSを利用できる『ROS#』
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
Raspberry Pi
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Verilog HDL
Blendify:コンピュータービジョン向けBlenderラッパー
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
Mayaのプラグイン開発
Dlib:C++の機械学習ライブラリ

コメント