OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す

いつか試してみようと思いつつ全然触ってなかったOpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを使ってみた。



OpenCV 3.1だとサンプルコードが同梱されているのですぐに試せる。↓

opencv/samples/gpu/super_resolution.cpp

Visual Studio 2015環境だとCUDAが使えないけど。Doxygenによるドキュメントはこちら


スポンサーリンク


とりあえず、以前撮ったプラモデルの動画を使って試してみた。
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー
スター・ウォーズ旧三部作に登場するスター・デストロイヤーを再現したバンダイの手のひらサイズのプラモデル。iPhone6Sで4K画質の動画を撮ってみた。高解像度で鮮明な分、ホコリ(墨入れ拭き取り時に付着した綿棒の繊維)もハッキ...


こちらが元の4K解像度(3840×2160)の動画↓

バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー

こちらがOpenCVのSuperResolutionで8K解像度(7666×4306)になった動画↓


スポンサーリンク
OpenCVで超解像

部分拡大した比較動画も作ってみた↓

OpenCVで超解像 (比較)

うーん、効果がわかりづらい動画を選んでしまったかもな。CPUオンリーでやったら処理時間2日ぐらいかかったんだけど。。。


スポンサーリンク

関連記事

UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
Raspberry PiでIoTごっこ
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
Mayaのプラグイン開発
スクレイピング
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
Boost オープンソースライブラリ
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
Adobe MAX 2015
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
顔画像処理技術の過去の研究
AfterEffectsプラグイン開発
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
プログラムによる景観の自動生成
このブログのデザインに飽きてきた
参考書
続・ディープラーニングの資料
コンピュータビジョンの技術マップ
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
書籍『ROSプログラミング』
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
ドットインストールのWordPress入門レッスン
C++の抽象クラス
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
Maya API Reference

コメント