OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す

いつか試してみようと思いつつ全然触ってなかったOpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを使ってみた。



OpenCV 3.1だとサンプルコードが同梱されているのですぐに試せる。↓

opencv/samples/gpu/super_resolution.cpp

Visual Studio 2015環境だとCUDAが使えないけど。Doxygenによるドキュメントはこちら


スポンサーリンク


とりあえず、以前撮ったプラモデルの動画を使って試してみた。
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー
スター・ウォーズ旧三部作に登場するスター・デストロイヤーを再現したバンダイの手のひらサイズのプラモデル。iPhone6Sで4K画質の動画を撮ってみた。高解像度で鮮明な分、ホコリ(墨入れ拭き取り時に付着した綿棒の繊維)もハッキ...


こちらが元の4K解像度(3840×2160)の動画↓

バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー

こちらがOpenCVのSuperResolutionで8K解像度(7666×4306)になった動画↓


スポンサーリンク
OpenCVで超解像

部分拡大した比較動画も作ってみた↓

OpenCVで超解像 (比較)

うーん、効果がわかりづらい動画を選んでしまったかもな。CPUオンリーでやったら処理時間2日ぐらいかかったんだけど。。。


スポンサーリンク

関連記事

ROSの薄い本
Mayaのプラグイン開発
WordPressのテーマを自作する
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
ベイズ推定とグラフィカルモデル
続・ディープラーニングの資料
ブログの復旧が難航してた話
ニューラルネットワークで画像分類
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
Open Shading Language (OSL)
UnityでPoint Cloudを表示する方法
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
スクレイピング
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
Raspberry Pi
Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』
UnityからROSを利用できる『ROS#』
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
立体視を試してみた
手を動かしながら学ぶデータマイニング
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
Konashiを買った
今年もSSII
顔画像処理技術の過去の研究
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
GoogleのDeep Learning論文
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
Google App EngineでWordPress
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
海外ドラマのChromaKey
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する

コメント