OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す

いつか試してみようと思いつつ全然触ってなかったOpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを使ってみた。



OpenCV 3.1だとサンプルコードが同梱されているのですぐに試せる。↓

opencv/samples/gpu/super_resolution.cpp

Visual Studio 2015環境だとCUDAが使えないけど。Doxygenによるドキュメントはこちら


スポンサーリンク


とりあえず、以前撮ったプラモデルの動画を使って試してみた。
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー
スター・ウォーズ旧三部作に登場するスター・デストロイヤーを再現したバンダイの手のひらサイズのプラモデル。iPhone6Sで4K画質の動画を撮ってみた。高解像度で鮮明な分、ホコリ(墨入れ拭き取り時に付着した綿棒の繊維)もハッキ...


こちらが元の4K解像度(3840×2160)の動画↓

バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー

こちらがOpenCVのSuperResolutionで8K解像度(7666×4306)になった動画↓


スポンサーリンク
OpenCVで超解像

部分拡大した比較動画も作ってみた↓

OpenCVで超解像 (比較)

うーん、効果がわかりづらい動画を選んでしまったかもな。CPUオンリーでやったら処理時間2日ぐらいかかったんだけど。。。


スポンサーリンク

関連記事

Model View Controller
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
Unityの薄い本
Mean Stack開発の最初の一歩
なんかすごいサイト
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
コンピュータビジョンの技術マップ
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
AfterEffectsプラグイン開発
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
WinSCP
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
Boost オープンソースライブラリ
Blender 2.8がついに正式リリース!
顔画像処理技術の過去の研究
clearcoat Shader
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』

コメント