OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す

いつか試してみようと思いつつ全然触ってなかったOpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを使ってみた。



OpenCV 3.1だとサンプルコードが同梱されているのですぐに試せる。↓

opencv/samples/gpu/super_resolution.cpp

Visual Studio 2015環境だとCUDAが使えないけど。Doxygenによるドキュメントはこちら


スポンサーリンク


とりあえず、以前撮ったプラモデルの動画を使って試してみた。
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー
スター・ウォーズ旧三部作に登場するスター・デストロイヤーを再現したバンダイの手のひらサイズのプラモデル。 iPhone6Sで4K画質の動画を撮ってみた。 高解像度で鮮明な分、ホコリ(墨入れ拭き取り時に付着した綿棒の繊維)もハッキリ映ってるけ...


こちらが元の4K解像度(3840×2160)の動画↓



こちらがOpenCVのSuperResolutionで8K解像度(7666×4306)になった動画↓



部分拡大した比較動画も作ってみた↓



うーん、効果がわかりづらい動画を選んでしまったかもな。CPUオンリーでやったら処理時間2日ぐらいかかったんだけど。。。


スポンサーリンク

関連記事

ポリゴン用各種イテレータと関数セット
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
統計的な顔モデル
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
Managing Software Requirements: A Unified Approach
Quartus II
Active Appearance Models(AAM)
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
Adobe MAX 2015
Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
Open Shading Language (OSL)
trimesh:PythonでポリゴンMeshを扱うライブラリ
Blendify:コンピュータービジョン向けBlenderラッパー
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Mayaのレンダリング アトリビュート
WinSCP
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
ZScript
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
タマムシっぽい質感
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
WordPress on Windows Azure
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
OpenCVで動画の手ぶれ補正
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
オーバーロードとオーバーライド
まだ続くブログの不調

コメント