OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す

いつか試してみようと思いつつ全然触ってなかったOpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを使ってみた。



OpenCV 3.1だとサンプルコードが同梱されているのですぐに試せる。↓

opencv/samples/gpu/super_resolution.cpp

Visual Studio 2015環境だとCUDAが使えないけど。Doxygenによるドキュメントはこちら


スポンサーリンク


とりあえず、以前撮ったプラモデルの動画を使って試してみた。
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー
スター・ウォーズ旧三部作に登場するスター・デストロイヤーを再現したバンダイの手のひらサイズのプラモデル。iPhone6Sで4K画質の動画を撮ってみた。高解像度で鮮明な分、ホコリ(墨入れ拭き取り時に付着した綿棒の繊維)もハッキ...


こちらが元の4K解像度(3840×2160)の動画↓

バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー

こちらがOpenCVのSuperResolutionで8K解像度(7666×4306)になった動画↓


スポンサーリンク
OpenCVで超解像

部分拡大した比較動画も作ってみた↓

OpenCVで超解像 (比較)

うーん、効果がわかりづらい動画を選んでしまったかもな。CPUオンリーでやったら処理時間2日ぐらいかかったんだけど。。。


スポンサーリンク

関連記事

複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
オーバーロードとオーバーライド
ブログが1日ダウンしてました
UnityでPoint Cloudを表示する方法
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
MFnMeshクラスのsplit関数
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
UnityでLight Shaftを表現する
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
Google Chromecast
なんかすごいサイト
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
Amazon Web ServicesでWordPress
サンプルコードにも間違いはある?
まだ続くブログの不調
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
MFnDataとMFnAttribute
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
Open Shading Language (OSL)
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
HerokuでMEAN stack
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行

コメント