OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す

いつか試してみようと思いつつ全然触ってなかったOpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを使ってみた。



OpenCV 3.1だとサンプルコードが同梱されているのですぐに試せる。↓

opencv/samples/gpu/super_resolution.cpp

Visual Studio 2015環境だとCUDAが使えないけど。Doxygenによるドキュメントはこちら


スポンサーリンク


とりあえず、以前撮ったプラモデルの動画を使って試してみた。
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー
スター・ウォーズ旧三部作に登場するスター・デストロイヤーを再現したバンダイの手のひらサイズのプラモデル。iPhone6Sで4K画質の動画を撮ってみた。高解像度で鮮明な分、ホコリ(墨入れ拭き取り時に付着した綿棒の繊維)もハッキ...


こちらが元の4K解像度(3840×2160)の動画↓

バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー

こちらがOpenCVのSuperResolutionで8K解像度(7666×4306)になった動画↓


スポンサーリンク
OpenCVで超解像

部分拡大した比較動画も作ってみた↓

OpenCVで超解像 (比較)

うーん、効果がわかりづらい動画を選んでしまったかもな。CPUオンリーでやったら処理時間2日ぐらいかかったんだけど。。。


スポンサーリンク

関連記事

WinSCP
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
スクレイピング
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
Managing Software Requirements: A Unified Approach
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
Raspberry Pi
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
クラスの基本
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
HerokuでMEAN stack
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
ブログの復旧が難航してた話
ニューラルネットワークで画像分類
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
UnityでPoint Cloudを表示する方法
海外ドラマのChromaKey
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
HD画質の無駄遣い
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
UnityでARKit2.0
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
clearcoat Shader
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
統計的な顔モデル
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
機械学習手法『Random Forest』
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~

コメント