OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す

いつか試してみようと思いつつ全然触ってなかったOpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを使ってみた。



OpenCV 3.1だとサンプルコードが同梱されているのですぐに試せる。↓

opencv/samples/gpu/super_resolution.cpp

Visual Studio 2015環境だとCUDAが使えないけど。Doxygenによるドキュメントはこちら


スポンサーリンク


とりあえず、以前撮ったプラモデルの動画を使って試してみた。
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー
スター・ウォーズ旧三部作に登場するスター・デストロイヤーを再現したバンダイの手のひらサイズのプラモデル。iPhone6Sで4K画質の動画を撮ってみた。高解像度で鮮明な分、ホコリ(墨入れ拭き取り時に付着した綿棒の繊維)もハッキ...


こちらが元の4K解像度(3840×2160)の動画↓

バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー

こちらがOpenCVのSuperResolutionで8K解像度(7666×4306)になった動画↓


スポンサーリンク
OpenCVで超解像

部分拡大した比較動画も作ってみた↓

OpenCVで超解像 (比較)

うーん、効果がわかりづらい動画を選んでしまったかもな。CPUオンリーでやったら処理時間2日ぐらいかかったんだけど。。。


スポンサーリンク

関連記事

写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
コンピュータビジョンの技術マップ
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
Konashiを買った
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
Iterator
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
html5のcanvasの可能性
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
Maya API Reference
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
ベイズ推定とグラフィカルモデル
AfterEffectsプラグイン開発
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
MLDemos:機械学習について理解するための可視化ツール
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Mean Stack開発の最初の一歩
Unityで学ぶC#
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
Verilog HDL
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
OpenMayaRender
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
タマムシっぽい質感
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
HD画質の無駄遣い

コメント