OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す

いつか試してみようと思いつつ全然触ってなかったOpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを使ってみた。



OpenCV 3.1だとサンプルコードが同梱されているのですぐに試せる。↓

opencv/samples/gpu/super_resolution.cpp

Visual Studio 2015環境だとCUDAが使えないけど。Doxygenによるドキュメントはこちら


スポンサーリンク


とりあえず、以前撮ったプラモデルの動画を使って試してみた。
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー
スター・ウォーズ旧三部作に登場するスター・デストロイヤーを再現したバンダイの手のひらサイズのプラモデル。iPhone6Sで4K画質の動画を撮ってみた。高解像度で鮮明な分、ホコリ(墨入れ拭き取り時に付着した綿棒の繊維)もハッキ...


こちらが元の4K解像度(3840×2160)の動画↓



こちらがOpenCVのSuperResolutionで8K解像度(7666×4306)になった動画↓



部分拡大した比較動画も作ってみた↓



うーん、効果がわかりづらい動画を選んでしまったかもな。CPUオンリーでやったら処理時間2日ぐらいかかったんだけど。。。


スポンサーリンク

関連記事

libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
Kinect for Windows v2の日本価格決定
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
MeshroomでPhotogrammetry
サンプルコードにも間違いはある?
Unityからkonashiをコントロールする
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
GoogleのDeep Learning論文
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
畳み込みニューラルネットワーク (CNN: Convolutional Neural Network...
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
HerokuでMEAN stack
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
Manim:Pythonで使える数学アニメーションライブラリ
UnityでLight Shaftを表現する
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
このブログのデザインに飽きてきた
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
MFnDataとMFnAttribute
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
タマムシっぽい質感

コメント