OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す

いつか試してみようと思いつつ全然触ってなかったOpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを使ってみた。



OpenCV 3.1だとサンプルコードが同梱されているのですぐに試せる。↓

opencv/samples/gpu/super_resolution.cpp

Visual Studio 2015環境だとCUDAが使えないけど。Doxygenによるドキュメントはこちら


スポンサーリンク


とりあえず、以前撮ったプラモデルの動画を使って試してみた。
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー
スター・ウォーズ旧三部作に登場するスター・デストロイヤーを再現したバンダイの手のひらサイズのプラモデル。iPhone6Sで4K画質の動画を撮ってみた。高解像度で鮮明な分、ホコリ(墨入れ拭き取り時に付着した綿棒の繊維)もハッキ...


こちらが元の4K解像度(3840×2160)の動画↓

バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー

こちらがOpenCVのSuperResolutionで8K解像度(7666×4306)になった動画↓


スポンサーリンク
OpenCVで超解像

部分拡大した比較動画も作ってみた↓

OpenCVで超解像 (比較)

うーん、効果がわかりづらい動画を選んでしまったかもな。CPUオンリーでやったら処理時間2日ぐらいかかったんだけど。。。


スポンサーリンク

関連記事

BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
UnityのTransformクラスについて調べてみた
統計的な顔モデル
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
ポイントクラウドコンソーシアム
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
ブログの復旧が難航してた話
ROSの薄い本
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
C++の抽象クラス
なんかすごいサイト
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
オープンソースの汎用レンダラ『Mitsuba 2』
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
Unityからkonashiをコントロールする
OpenCV バージョン4がリリースされた!
MFnDataとMFnAttribute
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
ディープラーニング
konashiのサンプルコードを動かしてみた
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
UnityでOpenCVを使うには?
Model View Controller
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
機械学習で遊ぶ
pythonもかじってみようかと
Google App EngineでWordPress
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
PCA (主成分分析)
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』

コメント