C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』

ここ最近、ディープラーニングというか、ニューラルネットワークのお勉強をしてみて、その処理コストが高いため、実装では行列演算として扱われていることを知った。


畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
例の書籍「ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装」を一通り読み終わりました。「あえてPythonを使わずにUnity C#で実装しながら勉強する」とか言っておきながら、結局途中で...


行列演算に最適化されたライブラリを使うことで処理の高速化を図っているらしい。(GPUも行列演算得意だしね)

そういうわけで、巷のオープンソースコードからアルゴリズムを勉強するのは、数学(というか行列)に疎いとちょっとしんどかったりする。


スポンサーリンク


そんな数学の苦手な人でもコードを読んで勉強できるよう、春条氏が行列演算を使わずにディープラーニングを実装したライブラリKelpNetを公開している。

KelpNet

KelpNetはC#で実装された深層学習のライブラリです。

特徴

  • 行列演算をライブラリに頼らないため全ソースが可読になっており、どこで何をしているかを全て観測できます
  • KerasやChainerが採用している、関数を積み重ねるように記述するコーディングスタイルを採用しています
  • 並列演算にOpenCLを採用しているため、GPUだけでなくCPUやFPGA等の様々な演算装置で処理を並列化できます

C#で作られているメリット

  • 開発環境の構築が容易で、プログラミング初学者にも学びやすい言語です
  • WindowsFormやUnity等、処理結果を視覚的に表示するための選択肢が豊富です
  • PCや携帯、組み込み機器等、様々なプラットフォームに向けたアプリケーションの開発ができます

このライブラリについて

このライブラリの基幹部分はChainerを参考に実装されています。 その為ほとんどの関数パラメータがChainerと同じになっており、Chainer向けのサンプルを参考に開発することが可能になっています。


スポンサーリンク

License



Unityでの利用も想定されているようなので、ちょっと試してみたいな。

2018年8月 追記:じんべえざめさんがKelpNetを使った学習記事を公開している↓
https://jinbeizame.hateblo.jp/entry/kelpnet_intro
https://jinbeizame.hateblo.jp/entry/kelpnet_xor
https://jinbeizame.hateblo.jp/entry/kelpnet_opencl_gpu
https://jinbeizame.hateblo.jp/entry/kelpnet_cnn
https://jinbeizame.hateblo.jp/entry/kelpnet_vgg
https://jinbeizame.hateblo.jp/entry/kelpnet_transfer

2019年3月 追記:KelpNetをUnityで使うQiita記事↓
https://qiita.com/yanosen_jp/items/4ca7d16908f0956ef7d8


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
続・ディープラーニングの資料
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Google App Engineのデプロイ失敗
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
UnityでLight Shaftを表現する
手を動かしながら学ぶデータマイニング
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
WordPressのテーマを自作する
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Boost オープンソースライブラリ
ディープラーニング
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
Mayaのプラグイン開発
UnityのAR FoundationでARKit 3
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
Quartus II
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
まだ続くブログの不調
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
オープンソースの取引プラットフォーム
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
Google Chromecast
機械学習について最近知った情報
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
Unite 2014の動画
Raspberry PiでIoTごっこ

コメント