海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その4

前回までで透明なインナーパーツを作成し、胸にLEDを仕込んで点灯させるまでやってみたんだけど。



せっかく透明インナーパーツを作った割に、LEDの固定が結局グルーガン頼りだったのと、光がかなり暗かったこともあり、やっぱり透明インナーパーツから作り直すことにしました(笑)

透明粘土で作ったインナーパーツの問題は、軟質素材だったこと。
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
前回は、胴体内部に透明なインナーパーツを作ろうとしてあえなく失敗したのでした。前回の反省ちょっと反省する。前回使った透明素材「すけるくん」は、溶剤が揮発することで硬化するタイプの材料だった。(すけるくんの場合は水が溶剤みたいな...


軟質素材なのでソフビから取り外すのは楽なんだけど、柔らか過ぎてLEDを仕込むための穴開けや切削ができなかったのです。
なのでグルーガンで間接的にLEDを固定する羽目になり、LEDをソフビ表面近くに配置できなくなって輝度が下がってしまった。

ということで、さんざん遠回りしたけど、結局いつも使っている透明エポキシ樹脂を使うことにしました。

タミヤ メイクアップ材シリーズ No.136 透明 エポキシ樹脂 (150g) 87136

透明エポキシ樹脂は何度も使っているので、硬さや透明度の高さも知っている。


スポンサーリンク


作り方は割と乱暴で、ソフビパーツに透明エポキシ樹脂を流し込んで固めるだけ。
シリコーンゴムで型取りするような要領で、油粘土でソフビパーツを固定し、そこに透明エポキシ樹脂を流し込んだ。念のため、ソフビパーツ側には離型剤を吹いておいた。



硬化したら取り出して様子を見る。さすがの透明度だ。



透明粘土で作ったものと透明エポキシ樹脂を並べてみると、透明度の違いが歴然。(サイズが違うのは、透明エポキシ樹脂の方はまだ側面を作っていないから)



とりあえず胸と下半身を切断して分割。



これを再びソフビパーツにはめ込み、側面も作る。



今度は側面が下になるように粘土で固定し、透明エポキシ樹脂を流し込む。



写真撮り忘れたけど、片側が硬化したら反対の側面も同様に透明エポキシ樹脂を流し込みました。



そして左右側面も出来上がったのがこちら。良い感じじゃないでしょうか。



くっ付いちゃったので再び上下に分割。これで胴体のインナーパーツは完成。



同じ要領で上腕や太もものインナーパーツも作っていこう。

このキットの制作記事まとめページを作りました↓
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer.
まだ組み立て途中…酒井ゆうじ氏原型で1995年に海洋堂から発売された20cmサイズの「デスゴジ」ソフビキットの再販版 Sci-Fi MONSTER soft vinyl model kit collection ゴジラ1995 の、さら...


追記:同じキット(発売当時のオリジナル)で電飾工作している方のブログ記事を見つけた↓
https://blog.goo.ne.jp/godz2017/e/1adac19583b90a8cdbc97d25a073fee1

また、レジン版の方で電飾工作されている方のツイート↓



追記:オイラが組んでいるのと全く同じキットで電飾されてる方もいる↓




スポンサーリンク

関連記事

PS3用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-』を買った
ゴジラ 2000ミレニアム 完成
ハリウッド版ゴジラ 最新クリップ
映画『GODZILLA 星を喰う者』を観た (ややネタバレ)
映画『GODZILLA 怪獣惑星』を観た (ネタバレ無し)
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 続・耳パーツの加工
ムービーモンスターシリーズ ゴジラ 2016 発売
メカコレクション ウルトラホーク1号 墨入れ・コクピット塗装 そしてデカール貼り
ウルトラ×ライダー
機動武闘伝Gガンダム
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 背びれの接着
PS4用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-VS』をプレイした
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口の塗装と接着
S.H.MonsterArts 輝響曲 ゴジラ(1989)
一番くじのシン・ゴジラ ソフビフィギュアが新たなカラーリングで登場
DeAGOSTINI『週刊 ゴジラをつくる』創刊
2500件以上の応募があれば『シン・ゴジラ』フィギュア付きMOOKが発刊!
光学式マウスのセンサーを応用すると…
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 完成
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
『機動戦士ガンダム展』に行ってきた
『特撮のDNA』を見てきた
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 筆でレタッチ
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その3
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 表面処理
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
Photon Light Module System:スマホで制御できる照明・撮影ブースセット
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』下地処理
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
書籍『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』の発売日が2016年12月30日(金)に決定
シリコーンゴムによる型取りとレジン複製
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 洗浄・煮沸
酒井ゆうじ 造形コレクション『ゴジラ1999』を購入
ゴジラの日
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 全身の黒塗装 その2・その他レタッチ
ホビージャパンのムック『怪獣大進撃』が復活
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
バンダイ LMHG エヴァンゲリオン初号機 キャンディ塗装
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
ワンダーフェスティバル2019[夏]に行ってきた

コメント